ハイエース、ヤリスら登場!! 令和最初のクルマ最新情報をお届け!

 5月から令和元年がスタートした。スープラが先陣を切って令和最初のニューモデルとなったが、「その次」は? 各カテゴリーの「令話最初のモデル」はどれだろう?

 今後登場する新車事情について、詳しい流通ジャーナリストの遠藤徹氏の情報とともに、ベストカースクープの最新情報を集約してみた。

 カテゴリー別の“令和”初グルマはコレだ!

※本稿は2019年4月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年5月26日号


■令和最初のSUV

●スバル NEWアウトバック(2019年10月)

アウトバックはセダンのB4と同時に登場予定。ボディサイズは現行型から若干アップして質感も向上する

 SUVカテゴリーの令和初グルマは2車種のどちらかになりそう。その一台は、ニューヨークショーで公開されたスバルの新型レガシィアウトバックだ。日本では10月発売が予想される。

 さらに、ラッシュ/ビーゴの後継車となるトヨタ&ダイハツのスモールSUVも10月に登場すると遠藤氏は言う。

【こっちが先かも?】トヨタ&ダイハツ スモールSUV(2019年10月)

トヨタとダイハツによるスモールSUV

 この新しいスモールSUVはダイハツが開発してトヨタへはOEM供給されるモデルで、トヨタとダイハツで販売。搭載するパワートレーンは、トールなどに採用される1L直3とそのターボで、CVTとの組み合わせ。ターボはFFと4WDがあるが、NA車はFFのみになるという情報がある。

 価格は190万~230万円程度になるという。

 また今年、SUVはマツダのCX-30の登場も予想され、注目車揃いになりそうだ。

■令和最初のミニバン

●ホンダ フリード改良型(2019年10月)

ホンダ フリード ※写真は現行モデル

 ミニバンカテゴリーでは、フリードのマイナーチェンジ車が令和後初のニューモデルになると遠藤氏は言う。

 ミニバンは、フルモデルチェンジや新規モデルの登場が年内にはなさそうなのだ。

 改良型フリードの登場は今年10月。ビッグマイナーチェンジとなり、内外装のデザインが変更され、先進安全装備も最新版が採用される。

 さらに2列シート車のフリードプラスには、よりアウトドア志向のユーザーに向けた新バージョン「フリードクロス」が設定されるという情報もあり、こちらも注目。

 そして、ベストカーではハイエースの新型車に関する情報をつかんでいて、そのフルモデルチェンジは来年実施される可能性がある。新型はセミボンネット型へ一新する予定だ。

【その次は?】 トヨタ NEW ハイエース(2020年)

新型は従来のキャブオーバー型ボディではなく、セミボンネット型へ変更。登場は来年になると予想(画像はベストカー予想CG)

■令和最初のステーションワゴン

●トヨタ カローラツーリング(2019年9月)

トヨタのカローラツーリング

 ステーションワゴンは、後述のセダンカテゴリーと同じくカローラが令和のニューモデルになる予定。今年9月、セダンと同時にワゴンタイプのカローラツーリングもフルモデルチェンジする。

 その新型はほかのカローラシリーズ同様3ナンバーボディに拡大することで、ワゴンの機能として重要なラゲッジ容量や居住性が先代モデルより格段にアップする。

 パワーユニットはセダンと同じで、1.8Lハイブリッドと1.2Lターボ、1.5L NAの3タイプになる見込み。

 また、このツーリングには、クロスオーバー仕様のカローラツーリングトレックも来年に設定されるはずだ。

■令和最初のコンパクトカー&ハッチバック

●ホンダ NEWフィット(2019年10月)

ホンダ フィット(画像はベストカー予想CG)

 コンパクト&ハッチバック車で令和になって初登場するニューモデルはホンダフィットになりそうだ。遠藤氏は「消費税が10%に増税する今年10月にフルモデルチェンジする可能性が高い」と言う。

 4代目となる新型フィットはスタイリングのイメージが大きく変更。さらに注目はパワートレーンの刷新で、新たに1L直3ターボが搭載される予定。

 ハイブリッドも現在の「1モーター式 i-DCD」から、1.5Lの2モーター式のi-MMDに変更される。

 ただし、ベストカーではトヨタヴィッツの後継車であるヤリスもフィットと同じく秋頃に登場する可能性があるという情報を得ている。

 一方で流通ジャーナリストの遠藤徹氏はヤリスの登場は来年2月とみていて、競合する両新型車のデビュー動向に注目だ。

【こっちが先かも?】トヨタ ヤリス(2019年秋? 2020年?)

ヴィッツがヤリスと名前を変えてフルモデルチェンジ。登場はフィットと近い秋頃という情報がある(画像はベストカー予想CG)

■令和最初の軽自動車

●ホンダ NEW N-WGN(2019年7月)

ホンダ N-WGN(画像はベストカー予想CG)

 軽自動車の令和初ニューモデルは、ホンダの新型N-WGNになりそうだ。今年7月にフルモデルチェンジする方向でスケジュールを立てているという情報があるのだ。

 その新型は現行型N-BOXの基本コンポーネンツを流用することで走行性能も含めた高い品質感を一番のウリにして、さらに燃費性能にも磨きをかけて登場する。

 また今年、軽自動車では目玉車がもう一車ある。ダイハツのタントもフルモデルチェンジする予定で、登場は9月が予想されたが、N-WGNと同じ7月になるという情報もベストカーに入っている。

 最新情報では軽トップレベルの先進安全装備となり、自動駐車機能を装備。発売当初は噂のハイブリッド車はないという。

【こっちが先かも?】 ダイハツ NEW タント(2019年7月?9月?)

新型タントは9月登場が予想されていたが、それより早まって7月登場になる可能性もある(画像はベストカー予想CG)

■令和の最初のセダン

●トヨタ NEWカローラ(2019年9月)

 セダンのカテゴリーでは、トヨタの新型カローラセダンが令和で初のニューモデルとなり、遠藤氏は9月にフルモデルチェンジすることになりそうだという。

 カローラシリーズでは昨年、ひと足先にカローラスポーツが登場したが、日本でカローラの定番といえばセダン。

 搭載するパワーユニットは、カローラスポーツと同様の1.8Lハイブリッドと1.2Lターボで、それにセダンには廉価グレード向けに自然吸気の1.5Lが用意される見通しだ。

 これに続いてセダンでは、今年2月にワールドプレミアしたスバルのレガシィB4が、日本では10月登場するという情報がある。エンジンは新型2.4Lターボの設定もあるのかが注目される。

【カローラの次は?】 スバル NEW レガシィB4(2019年10月)

アウトバックと同時にB4もフルモデルチェンジ。新型プラットフォームを採用して品質感も向上する

■令和最初のスポーツモデル

●トヨタ GRスープラ

GRスープラ

 冒頭でお伝えした通り、全カテゴリーでの令和時代一発目のニューモデルとして5月17日に無事発表&発売となったトヨタ新型スープラ。

 ココでは現在の受注状況について触れておこう。

 新型スープラのグレード体系は、3L直6ターボ搭載の「RZ」、2L直4ターボ搭載の「SZ-R」と「SZ」の3タイプ。価格は「RZ」が690万円、「SZ-R」が590万円、「SZ」が490万円。

 実施している予約注文は好調で、特に「RZ」は多くの販売店で初年度分の注文予約台数に達しているという。

 なおベストカーでは、このスープラの次には8月に、スバルSTIの30周年記念車『STI20B』が登場すると予想する。

【スープラの次は?】 スバル STI20B(今年8月)

STIの30周年を記念したスペシャルモデル。EJ20ターボは350psへアップ。ブリスターフェンダー採用(画像はベストカー予想CG)

■電気自動車の令和初は日産軽ベース?

 電気自動車も今後続々とデビューしそう。年内はないが、遠藤氏が令和初EVとして予想するのは日産&三菱の軽自動車ベースのEV。そのほか来年はホンダe、トヨタのSUV型EVの登場がありそう

日産・三菱の軽自動車をベースとしたEV(画像はベストカー予想CG)

【番外コラム】 流通ジャーナリスト遠藤徹が予測・令和にマイナーチェンジするモデルは?

(TEXT/遠藤 徹)

 今年マイナーチェンジする車種としては、5月にエクリプスクロス、6月にレヴォーグ、10月にフリード、12月にC-HR、11月にハスラーを予定しています。

 来年はアルファード/ヴェルファイアも改良され、内外装のデザイン変更、新グレードや新ボディカラーの設定などを予定しています。

 追加モデルとしては、エクリプスクロス、パジェロ、レヴォーグが特別仕様車、C-HRはGRスポーツ仕様の追加などがありそうです。

今年、レヴォーグはマイナーチェンジし、特別仕様車も設定される予定。※写真は現行モデル

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ