【5人乗りプリウスPHV シャトルMCほか】 夏も間近だ! 特別仕様車&限定車&追加モデル情報!!


 トヨタ プリウスPHVが、改良を踏まえて5人乗りモデルへ変更。ホンダシャトルからはマイナーチェンジの情報が届いた。今回は両モデル・各グレードの価格も併せて掲載。

 またスバルのWRX S4/STIが一部改良。BMW 8シリーズ・3シリーズのモデル追加、ブルーノートトーキョーエディションのミニ・クラブマン登場なんていう変わり種情報もご紹介。

※本稿は2019年5月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■トヨタ プリウスPHV(一部改良および5人乗りへ変更・5月9日発売)

●5人乗りになって使いやすさ向上!

 プリウスPHVが一部改良を実施。

今回の一部改良でエクステリアに変更はない。これまで4名乗車だった定員を5名としたのがポイント。また、外部機器を使うことで自宅への給電を可能とした

 エクステリアの変更はなく、最大の変更点は、従来は乗車定員4名だったものが、一般的な「定員5名」に変更されたこと。

 やはり4人乗りだといざという時に困るという声が多かったようだ。

 さらに別売オプションとなるのだが、いわゆるV2H、プリウスPHVに蓄電したバッテリーから自宅への給電が可能となった。

 これを使えば逆に自宅の太陽光発電から余剰電力での充電も可能となる。

ナビレス仕様で販売店装着ナビを選択すると一般的な横型モニターとなる。
「ナビパッケージ」モデルでは縦型モニター画面を引き続き採用

●プリウスPHVラインナップと価格
・S…317万8440円
・Sセーフティパッケージ…328万5360円
・Sナビパッケージ…366万1200円
・A…350万2440円
・Aナビパッケージ…392万6880円
・Aプレミアム…381万4560円
・Aプレミアムナビパッケージ…426万6000円
※価格は装備の見直しや、グレード体系の変更により、10万~20万円引き下げられている

■ホンダ シャトル(マイナーチェンジ・5月10日)

●全モデルに最新版ホンダセンシング搭載

 ホンダ シャトルがマイナーチェンジを果たした。

 フィットクラスのボディサイズのリアセクションを延長したスポーティワゴンがホンダシャトル。

 搭載されるパワーユニットはフィットと同じ1.5L i-DCDハイブリッドと1.5L NAの2タイプでパワートレーンに変更なし。

下2つがのマイナーチェンジ前のエクステリア画像。テールゲートにシルバーのガーニッシュなどが入っていた。今回のマイナーチェンジでリアコンビランプの赤い部分がテールゲートに延びるデザインとなり、ワイド感を強調している

 今回のマイチェンではフロントバンパー下部の形状がスッとワイドに広がるようなデザインに変更され、よりワイド感と低重心感が強調されたのがポイント。

 リアスタイルはコンビランプデザインがワイド感を強調するデザインに変更されている。

 インテリアでは加飾部にピアノブラックを採用するとともにシート表皮デザインを変更。従来は設定のなかった本革シートも選べる。 

ベースはフィットなので低床フラットフロアを活かした室内空間が魅力。後席は前倒させてフラットで広い荷室空間を作ることが可能だ

●ホンダシャトル ラインナップと価格
・ハイブリッドホンダセンシング……FF 211万8960円/4WD 231万3360円
・ハイブリッドXホンダセンシング……FF 237万4920円/4WD 256万9320円
・ハイブリッドZホンダセンシング……FF 255万9600円/4WD 272万1600円
・Gホンダセンシング……FF 177万5520円/4WD 196万9920円

次ページは : ■スバル WRX S4/STI(一部改良・6月27日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ