【梅雨の必須知識 視界を確保せよ!!!】頑固な油膜の撃退方法

 クルマに乗っている時に、弱い雨にみまわれてワイパーを作動させた瞬間。目の前に広がる油膜に視界をさえぎられ、ヒヤッとするとともにこの世の終わりが訪れたのではないか? と思うほどの絶望感に襲われたことはないでしょうか?

 そのタイミングが夕方で太陽に向かって走っている時だったりすると最悪な状況に陥ります。

 今回取り上げるのは油膜です。視界の確保の敵である頑固な油膜について諸星陽一氏が解説。これを読めば油膜にお手上げ状態の人も視界スッキリ快適&安全ドライブができる!

文:諸星陽一/写真:ベストカー編集部


憎き油膜は何者?

 ところで、この油膜はどこからやってくるのでしょう?

 そもそもクルマにはさまざまな部分に油分が含まれています。可動部にはグリスやオイルを使っていますし、ピュアEVや水素FCVでなければ燃料も石油系ですし、エンジンのなかにはオイルが入っています。 

油膜は新しいクルマ、古いクルマに関係なく付着し、視界を遮る元凶となる。ボディ、ウィンドウもピカピカなのに頑固な油膜が取れないという悩みは尽きない

 そうした油分が何らかの原因でウィンドウに付着し広がれば、油膜になっていきます。しかし、油膜と思われているうちの多くは油膜ではなくシリコン被膜であることが多いのです。

 シリコンはワックスなどに含まれていますので、ルーフにワックスにかければそれが徐々に落ちてウィンドウに付着しますし、ボンネットのワックス成分も雨水と一緒にフロントウィンドウに付着します。

油膜が落とし切れていないフロントウィンドウ越しの視界。夜間だと信号や対向車のヘッドライトなどが乱反射して非常に見づらく危険

 また、環境も油分にあふれています。道路はアスファルトで作られていますし、前を走るクルマの排ガスにもオイルが含まれています。また、鳥の糞や樹液なども油分があり、それらが原因で油膜が発生します。

 油膜を防ぐことはまず不可能です。できることいえば、ワックスの使用をやめて、ガラスコーティング材にするとか、フロントウィンドウにはっ水加工を施し油分の付着を防止したりということがメインとなります。ですので、大切なのはウィンドウに付着した油分をいかに効率よく除去するかということになります。

洗剤を使い分ける

 まずは洗車の時にウィンドウの油膜をしっかりと除去することが大切です。油分を落とすのに便利なのがキッチンで使う中性洗剤です。

 油や脂でギトギトのフライパンの汚れだってキレイに落とせるのですから、中性洗剤を使えばかなりの油分は落とすことができます。

 究極的ならばしつこい油分を除去するためにはアルカリ系の洗浄剤のほうが効果的ですが、ボディの塗装に対するダメージも考えられるのであまりおすすめできません。

視界確保のためには外側の油膜の除去と同時に室内側のケアもおすすめ。ドライバーやパッセンジャーの手油などにより思いのほか汚れている

 どうしても落ちないような油汚れがあるときは、アルカリ系の洗浄剤を薄めてクロスに浸して固く絞って拭きすぐに大量の水で洗い流します。

 しかし、それでも落ちない頑固な汚れがあります。実はこれらは油膜などではなく、カルシウム分などがおもな成分です。

 またはっ水コートなどがはがれてムラとなっているときなども一度しっかりとはがしたほうが、再コートなどもキレイに行えます。

 こびりついた汚れを取り除くには削り取ることが前提となります。削り取るといっても、カンナやヤスリを使うわけではなく、ガラス用の超細目のコンパウンドやコンパウンド入りのガラス用クリーナーを使うのが基本となります。

 この作業はそれなりの力仕事になりますので、涼しいタイミングを見計らって行うのがいいでしょう。

フロント、リアのウィンドウをきれいに洗うのが先決だが、洗いムラがあると写真のように視界確保の妨げになる。ただしウィンドウを洗うのはかなり重労働

見落としやすいワイパーの汚れ

 ウィンドウガラスから油分や汚れを除去してもワイパーブレードが汚れていたら、ふたたび汚れを塗りつけているようなものになります。ワイパーブレードもしっかりとキレイにしたいところなのですが、これがちょっとやっかいです。

 最近のワイパーブレードはグラファイトワイバーというもので、ワイパーブレードに表面加工が施されています。ワイパーブレードをクロスでゴシゴシと拭いてしまうと、この表面加工が取れてしまうからです。

 ワイパーブレードが汚れている場合は、軽く拭き取る程度にしましょう。それで落ちない汚れならブレードを交換してしまいましょう。ブレードのみならかなり安価で買うことができます。

汚れたワイパーでウィンドウを拭き取ることは汚れを拡散させているのと同じ。ワイパーのゴム部分はきれいな状態を保ちたい。汚れがひどい場合は交換がおすすめ

ウォッシャー液でダメな時はどうする?

 さて、クルマに乗っている時にワイパーを動かしたら油膜が広がったという時はどうすればいいか? 普通にできるのはウォシャー液でウィンドウを洗うことです。

 多くのウォッシャー液にはアルコールが含まれていて、ウィンドウの油分を除去することができます。ウォッシャー液は濃度が重要です。薄すぎると油分除去効果が弱くなり、濃すぎるとウィンドウに液染みができたりします。

 基本は製品の説明通りの濃度で使えばいいでしょう。ウォッシャー液は大きく分けて2種類があります。1つはメタノールを使ったもの、1つはエタノールを使ったものです。

 どちらも使ったことがありますが、効果に大きな違いを感じることはありませんでした。ただ、メーカー(ブランド)によっては、エタノール系(純正品の使用)を指定している場合もあります。

スプレー式の油膜除去剤を噴射する場合、写真のようにワイパーのアームが垂直状態の時にすれば液体が外側に流れるのを防ぎ効果的に使うことができる

 ウォッシャー液だけで油膜が取れない時は、スプレー式の油膜除去剤などを使うとかなりの油膜を除去することができます。ウィンドウに直接吹きかけてワイパーを動かし、ウィンドウウォッシャー液で洗い流すような使い方です。

 この時にちょっとしたコツがあります。ワイパーが下にある時にスプレーすると成分が全部外側に掃かれてしまうので、垂直になった瞬間にスプレーします、そうすると成分が下側に集まるので効率よくウィンドウに広げることができます。

ウーロン茶が効果的というのは本当か?

 ウィンドウウォッシャー液の代わりに“ウーロン茶”を使うというワザがあります。このワザは某チューニング誌の読者のアイディアから広がったものです。

 私も一時期使っていたことがあります。油膜除去効果はしっかりとあるのですが、ちょっと困ったことに茶渋が残ってしまうのです。

 ウィンドウウォッシャー液を手に入れることができず、コンビニや自動販売機でウーロン茶が買えるという緊急避難的に使うことは構わないでしょうが、それをデフォルトとするのは避けたほうがいいでしょいう。

 ウォッシャー液が出ない時は、ノズルが詰まっていることがあります。こうした時はワイヤーブラシのワイヤー1本をプライヤーで引き抜いて、そのワイヤーをノズルの穴に突っ込んでやればだいたい解決します。

 ノズルのつまりはワックスがけの時にワックスが詰まったりしたものがほとんどです。また噴射位置が正しくないときは、プラスチック頭の画鋲をノズルに入れて調整すればいいでしょう。

 ただし、スプレー式のウォッシャーなどはこの方式が使えませんので、ディーラーなどに相談してみて下さい。

油膜の大きな原因のひとつであるワックスを塗布、拭き取る場合にウィンドウウォッシャーのノズルの穴を詰まらせることがあるので洗車が終わった後に要チェック

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ