買い物が悪影響?? クルマの血液 オイルの「シビアコンディション」とは

 ディーラーに行ったときに「近所へのお買い物の使用が多いとエンジンに負担がかかる」などと言われたことはないだろうか?

 これ、だまし文句ではなくメーカーが規定する「シビアコンディション」というものに裏付けられた発言なのだ。

 1000kmも走ればエンジンに負担がかかるのはわかる気がするけれど、近所の買い物を繰り返すのがエンジンに負担がかかるっていったい??

 今回はそんな「シビアコンディション」と呼ばれる条件に付いて、各社の規定といったいどうすればいいのかに迫りました。

文:永田恵一/写真:編集部、AdobeStock


■いったいなにが「シビアコンディション」なの?

 クルマに付属する取扱説明書やメンテナンスノート(整備手帳)を見ると、ノーマルコンディションと呼ばれる一般的な使われ方より厳しい使用とされるシビアコンディションという言葉を目にする。

 今回は日本の自動車メーカー4社に取材し、各社のシビアコンディションを分類してい見た。

なんと雪道での走行が多いとシビアコンディションになるという。融雪剤などでのサビの進行なども影響しているのか??

【トヨタ】

・悪路(凹凸路、砂利道、雪道、未舗装路)での走行が走行距離の30%以上ある
 具体的には運転者が体に突き上げなどの衝撃を感じる荒れた路面、石を跳ね上げたり、わだち等により下廻りが当たる機会が多い路面、ホコリの多い路面

・走行距離が多い
 目安としては年2万km以上

・山道、登坂路の頻繁な走行
 具体的には上り下りが多く、ブレーキの使用回数が多い場合。目安としては走行距離の30%以上。

・短距距離走行の繰り返し
  1回の走行距離が短く、水温などの各部の温度が低い状態での走行が多い走り方をする場合。目安としては1回あたりの走行距離が8km以下

・長時間のアイドリングが多い
 目安としては1日のアイドリングでの累積時間が2時間程度

・1回の運転で低速での走行頻度が多い(ディーゼル車は除く)
 目安としては1日で10~15km/hでの走行距離が30km程度ある

・高地走行が多い(ディーゼル車のみ)
 標高2000m以上の高地での走行頻度が多い場合。目安としては走行距離の30%以上。

【日産】

  走行距離の30%以上が以下の条件に該当する場合

・悪路(凹凸路、砂利道、雪道、未舗装路)での走行

・山道、登降坂路

・走行距離が多い(目安としては年間2万km以上)

・短距離走行の繰り返し(1回あたりの走行が8km以下)

【ホンダ】

  走行距離の30%以上が以下の条件に該当する場合

・悪路(凹凸路、砂利道、未舗装路)での走行が多い

・雪道での走行が多い

・山道、登降坂路での走行が多い(上り下りが多く、ブレーキの使用回数が多い場合)

・短距離の繰り返し走行が多い(目安は1回あたり8km以下)

・外気温が氷点下での繰り返し走行が多い

・低速走行が多い(目安としては30km/h以下)

・アイドリングが多い

ディーゼルモデルだと短距離走行では煤の燃焼が完了しないというトラブルもあるが、もちろん走行距離が伸びればその分のメンテナンスも必要だ

【マツダ】

・悪路(凹凸路、砂利道、未舗装路)での走行が多い

・走行距離が多い(目安としては年間2万km以上)

・山道、登降坂路の頻繁な走行(走行距離の30%以上が、上り下りが多く、ブレーキの使用回数が多い場合)

・短距離走行の繰り返し(走行距離が短く、水温などの各部の温度が低い状態で使う場合が多い。目安としては1回あたり8km)

・低速走行やアイドリング状態が多い(目安としては30km/h以下での走行が走行距離の30%以上、1日2時間以上のアイドリングが運転時間の30%以上ある)

 こうして整理してみると。シビアコンディションに該当する使い方は日本メーカーであれば概ね各社共通である。

■シビアコンディションの場合に必要な整備は異なる?

 シビアコンディションに該当する場合に必要な整備は一般的な整備とは異なり、整備項目が基本的には増える傾向にある。

 またオイル交換の頻度も増えるなど整備にかかるコストも時間も増える傾向にある。

これがマツダのシビアコンディション時と、ノーマルコンディション時のオイル交換が必要な目安距離の比較。約半分となっており出費も二倍になる!!

1.【点検項目が増える】

 12か月点検と呼ばれる毎年の法定点検の際に確認する内容が増えると思っていい。トヨタの場合は以下の通りだ。

・ステアリングギヤボックスの取付けの緩み
・ロッド、アーム類のボールジョイントのダストブーツの亀裂、損傷
・ブレーキドラムの摩耗、損傷
・ブレーキディスクの摩耗、損傷
・サスペンションの取付部、連結部の緩み、がた
・サスペンション各部の損傷
・ドライブシャフトのユニバーサルジョイント部のダストブーツの亀裂、損傷
・燃料もれ

 シビアコンディションに悪路の走行や山道の走行が多いというのが該当するのを見ると、緩みがあってはいけない箇所やブレーキ関係のより入念な確認が必要になるのはよく分かる。

 そのためシビアコンディションに対応した12か月点検を受ける際はマツダの場合クルマのサイズにもよるが、点検料はノーマルコンディションに対し2000円から3000円高となる。

2.【エンジンオイルの交換サイクルが通常の半分になる】

 具体的にはマツダの場合(ノーマルコンディション、シビアコンディションともに交換時期は走行距離、時間の経過の早い方)となる。

 きっと多くの場合気になるのが、クルマに負荷を掛けていないようにも見える1回の走行距離が短い、低速走行&アイドリングが多いという使い方がシビアコンディションに該当する理由だ。

 走行距離が多ければ稼働する部品も増えて整備が多くなるのもわかるが、一般的な人からすると近所のスーパーに行くことがクルマに負荷がかかるとは思えないだろう。

走行距離が少ないのにエンジンオイルの交換が増えるのは、一般的な消費者だと納得できない部分かもしれない。クルマ好きの読者の方はぜひその理由を教えてあげてほしいところ

 この点についてマツダ広報部に聞いてみた。

 「1回の走行距離が短い場合にはエンジンオイルの油温が80℃、90℃といった適温まで上がり切らないケースが多いです。

 エンジンオイルに水分が混じりやすくなり劣化が進みやすくなり、シビアコンディションになります。

 アイドリング時間が長い場合は走行距離が短くてもエンジンの運転時間は長いため、エンジンオイルの劣化が進ます。

 以上の理由でシビアコンディションに該当し、それぞれエンジンオイルの交換サイクルをノーマルコンディションの半分にしています」。

 「スーパーやコンビニといった近所に行くためにクルマを使うことが多い」といった使い方は、特にクルマに負担を掛けるような使い方をしていないように見えても、シビアコンディションに該当するクルマに厳しい使い方なのだ。

 軽自動車など日常の「アシ」として使うことが多いクルマは、このような使い方になっている場合も多い。

 自動車の信頼性が上がり、シビアコンディションで使っていてもすぐに故障になることは少ないかもしれない。

 しかし物理的にはクルマには厳しい環境で、部品の劣化も進んでいるというのは間違いない。

 シビアコンディションに該当する使い方でクルマを使っている場合には、取扱説明書やメンテナンスノートに沿った定期点検やエンジンオイルの交換をディーラーなどと相談して行ってほしい。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ