笹原右京がユーロカップ フォーミュラ・ルノー2.0初優勝!

 ベストカー本誌のモータースポーツコーナーで連載中の笹原右京選手。
世界に誇る日本の若武者で、今年はユーロカップ フォーミュラ・ルノー2.0と
フォーミュラ・ルノー2.0NECの両シリーズに参戦中。
そしてフォーミュラ・ルノー2.0の最高峰、ユーロカップで初優勝!


 ■スパフランコルシャン・レビュー

  • 5 月29 日(天気:曇り時々雨/路⾯:ドライ)
  • 練習⾛⾏1 回目 19 番手/練習⾛⾏2 回目 3 番手
  • 5 月30 日(天気:曇り/路⾯:ドライ) レース1 予選 2 番手
  • 5 月30 日(天気:曇り/路⾯:ドライ) レース1 決勝 優勝
  • 5 月31 日(天気:曇り/路⾯:ドライ) レース2 予選 ポールポジション
  • 5 月31 日(天気:曇り/路⾯:ドライ) レース2 決勝 2 位

 2015 シーズンのユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0(EURO CUP FR2.0)第2 大会は、5 月29〜31 日にベルギー・スパフランコルシャンで34 台が参加。ART ジュニアチーム所属の笹原右京(ささはら うきょう/19 歳)は、レース1の予選で2位を獲得。

スクリーンショット 2015-06-04 18.35.48
:copyright:Paolo Pellegrini/:copyright:Dutch Photo Agency

 決勝レース1、笹原は鋭い加速で第1 コーナーのオールージュへ進入、上り坂のラディヨン手前でトップに⽴ちレースを開始。しかし、3 周目に発生した事故でセーフティカー(SC)が導入、4 周終了時点でSC が退去してレース再開となった。笹原はコントロールライン上で0.048 秒差まで迫ってきた2 番手のプレッシャーに耐えてトップを維持し、徐々その差を開き始めました。

 ところが、7 周終了時点で約1.7 秒まで開いた2 番手との差は、レース終盤にかけてジリジリと縮まり始めました。それでも笹原は得意のセクター2 で毎周毎周2 番手を突き離して、0.715 秒差でトップチェッカー。

 ユーロカップ フォーミュラ・ルノー2.0 での日本人ドライバーの優勝は、2005 年の⼩林可夢偉選手(6 勝を挙げて同年のシリーズチャンピオンを獲得)以来の快挙。

 予選2 回目にも笹原はグループA から出場。残り時間7 分でグループA のトップタイムを叩き出すと、その翌周には2 分17 秒321 でグループB のトップタイムを早くも上回った。さらに、残り時間3 分で2 分17 秒117 を記録してほぼポールポジションを手中にしたあと、いったんクールダウンラップを挟んで最後のタイムアタック。

 攻めすぎてコースアウトして自己ベスト更新には⾄らなかったものの、笹原はフォーミュラカーレースに転向してから初めてのポールポジションを獲得!

 決勝レース2、ポールシッターの笹原は再びスタートを決めて、1 周目をトップで戻ってきた。自分のスリップストリームを使われないよう、序盤から攻めて後続を引き離していった。その後、3 番手から2 番手へ浮上してきたライバルに6 周終了時点で約2.4 秒の差をつけて、このまま逃げ切るかと思われました。

 ところが2 番手のライバルが快調なペースで笹原を徐々に追い上げ、11 周終了時点でその差は約0.4 秒にまで接近。迎えた最終周、笹原のスリップストリームを使った2 番手のライバルがトップに躍り出ました。笹原も最後まで粘って逆転を狙いましたが、惜しくも約0.5 秒差の2 位。

 もっとも、優勝と2 位の獲得でドライバーズランキングは6 位へ急浮上。笹原の次のユーロカップ フォーミュラ・ルノー2.0 出場は、6月12〜14 日にハンガリー・ブダペストで開催される第3 大会となる。

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ