ブリヂストン×ベストカー ポテンザ体感走行会 イベントレポート

ワクワクPOTENZA試乗会

20150726_event_xx2

 すっかり恒例となった『ベストカー×ブリヂストン ポテンザ試乗会』。今回からは『ワクワクPOTENZA試乗会』と名称を新たにして、昨年12月にデビューしたポテンザRE-71Rを体感してもらおうという体感型イベント。

 ブリヂストンの全面的な協力により、富士スピードウェイショートサーキットを使い、参加者の愛車に、実際にポテンザRE71-Rを装着して、思う存分コースを走ってその進化を体感していただこうというわけである。

20150726_event_xx4

 今回もベストカーWEBでイベントの告知をしたところ、あっという間に100名を超える応募が殺到し、厳正なる抽選のうえ10名の参加者を決定したのだが、残念ながら落選してしまった人たちには本当に申し訳なく思っております。今後も引き続き同様のイベントを開催していく予定なので、ぜひとも応募して下さい。

20150726_event_xx0b

 ブリヂストンのハイグリップスポーツタイヤの頂点を極めるのがポテンザRE-71R。徹底的にサーキットでのラップタイム短縮を目指して開発されたタイヤで、コンパウンドレベルでの接地面積拡大を目指した専用開発ハイグリップコンパウンドを採用。

 また、方向性パターンを採用することで、高い排水性によるウエット性能も魅力的。ブリヂストン 公式サイト: http://tire.bridgestone.co.jp/potenza/

badge
20150726_event_xx5

 体感試乗日は、関東甲信地方の梅雨入り直後ということで天気が心配されたものの、やっぱり朝は雨……。しかし雨は小降りで午前中にはほとんど上がり、走行ラインはドライコンディションとなった。

 完全に雨が上がることはなく、降ったり止んだりの不安定な空模様だったが、結果的にはドライコンディションとウエットコンディションを体感してもらうことができたので、タイヤの体感イベントとしてはある意味ベストコンディションだったと言えるだろう。ポテンザRE-71Rのウエット性能の高さもしっかりと確認してもらうことが出来た。

20150726_event_xx3

 参加した10名の読者は、サーキット経験の浅い人が多く、中には19歳という若いドライバーも2人いて、思い思いのペースで積極的にスポーツドライビングを楽しんでいたのが印象的だった。

 とはいえ、サーキット走行の経験が豊富な参加者からは「新しいポテンザのグリップ性能には驚いた。前に履いていた他社のハイグリップタイヤよりも圧倒的にタイムが出るし、コントロール性もいい」などの声を聞くことができた。

ポテンザRE-71Rを体感!! 参加者の”本音”の声

20150726_event_m01

 普段は通勤に使うことがほとんどなので低燃費タイヤを使っていました。ハイグリップタイヤを初めて履いて、しかも初のサーキット走行でしたが、ステアリングの反応がともて素早くて驚きました。挙動が素直な感じがして、このクルマの性能が数段上がったかのような気がします。

20150726_event_m02

 ダートを走っていることもあっていつも前後で違う銘柄のタイヤを履いていました。さらに今回が初サーキット走行だったので少し不安でした。でもポテンザRE-71Rは加速において強いトラクションを感じることができ、ブレーキ時には挙動が感じやすく安心感がバツグンですね!!

20150726_event_m03

 タイプRに乗っていますがサーキットは初めてなんです。純正タイヤも性能が高いのですが、硬くて乗り心地が辛いものがありました。RE-71Rは「粘り」があってトラションを強く感じました。乗り心地もよくてこのRE-71Rならばサーキットも街乗りも両立できそうです!!

20150726_event_m04

  以前からブリヂストンのタイヤを使っていて、その性能の高さにはいつも感動しています。ブレーキングなどでの縦のグリップがかなり強くて、その時の安心感はとても大きかったです。アマチュアの私でもクルマがどうやって動くのか予想しやすく、運転がより楽しくなりそうです。

20150726_event_m05

 スイフトに乗っていてハイグリップラジアルをぜひ履きたくて今回応募しました。ところがサイズを誤って応募してしまい、残念ながら当日はサーキットで性能を試すことができませんでした。後日ホイールを新調して、走行会などでRE-71Rの性能をしっかりと確認したいと思います!!

20150726_event_m06

 以前は他社のハイグリップラジアルタイヤを履いていましたが、その時には唐突にリアグリップがなくなりヒヤッとしたことがありました。今回はウエット路面でしたが、熱の入りがとてもよくウエットでも安心して踏んでいくことができました。フルブレーキ時の安定感はさすがですね!!

20150726_event_m07

 普段は大学の自動車部に所属していますが、RE-71Rを使ったのは初めてでした。ミッドシップでウエット路面という本来ならば怖い場面ですが、なんの怖さもなく「普通に」コーナーをクリアすることができました。普段は感じないリアが滑る感覚がハッキリと感じられて感動しました。

20150726_event_m08

 今まで中古のタイヤばかりでしたが、初の新品タイヤでRE- 71Rを履けるなんて嬉しいです。印象は限界が自分の技量のはるか遠くにあるということです。特に「止まる」ことに関してはかなり強くブレーキングしても挙動が乱れることなく、しっかり止まれることには驚きました。

20150726_event_m09

 たまにサーキットを走っておりますが、タイヤ交換だけでここまでハンドリングが激変するとは驚きました。「モッサリ感」が消えて、ひっかかりのないスムースなハンドリングを感じました。私は4WDのクルマですが、RE-71Rはどんな駆動方式でもマッチしそうなタイヤですね!!

20150726_event_m10

  このRE-71Rはクルマの持つ運動性能をしっかりと引き出してくれるタイヤだと思います。今回は電子制御をオフにして走りましたが、RE-71Rはシャシー性能を引き出してくれるタイヤだと感じました。今後もどんどんサーキットを走ってこの究極の性能を実感したいです!!


20150726_event_xx9
20150726_event_xx8
20150726_event_xx6

 また、今回は86レースに参戦する武井寛史選手と古田聡選手が同乗走行を担当してくれて、RE-71Rを履いたナンバー付き86レース仕様での走りを助手席で味わってもらった、ポテンザRE-71Rはレース仕様車にも高いマッチングをみせることを理解していただけた。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ