【N-WGN タント登場!】 CX-30、トヨタ車…夏からの新型車&販売情報が続々!!


 毎日新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回も、発売間近に迫ったホンダ N-WGN、ダイハツ タントの情報や、クルマ好きの期待度が高そうなCX-30、エクリプスクロス ディーゼルの情報、トヨタ車、三菱eKクロスの納車情報…などなど、盛りだくさんでお届け!

※本稿は2019年6月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月10日号


■新型eKクロス、好調!

 三菱自動車が3月28日に発表、発売した新型軽自動車のeKクロスが好調な滑り出しを見せています。多数のバックオーダーを抱えており、5月中旬現在の納期は2カ月待ちの7月中旬以降になっています。

 なかでもメーカーオプションで設定している運転支援装置の「マイパイロット」付きだと、納期は10月以降と消費税引き上げ以降にずれ込んでいます。半分以上が同装置の装着希望となっています。

好調続くeKクロス。購入はお早めに!?

■7月中旬にタントをフルモデルチェンジ 伸び悩みの可能性も??

 ダイハツは今夏の7月中旬にもタントをフルモデルチェンジして発売します。現行モデルは特別仕様車の「VS」を中心に次期型発売の直前まで継続生産されます。

新型タントX

 次期型タントはプラットフォーム、エンジン、駆動系、足回りなど、基本コンポーネンツを全面刷新して、先進安全装備「スマートアシスト」も最新のデバイスを採用します。

新型タント カスタム RS。なおティザーサイトは6月6日にオープン

 一方で、現行モデルは月販1万5000台規模と好調な販売推移を見せていまます。値引き幅も15万~20万円と拡大、ナビオプションのサービスなどでの買い得感も後押ししています。

 なお、次期型は現行型よりも5万円以上価格アップするのに加えて、車両本体値引きが5万円前後に引き締められるため、実質15万円程度の値上げになることから、フルモデルチェンジしても販売は伸び悩む可能性があります。

次ページは : ■新型N-WGNを7月末発売