【新型ラッシュ復活 セレナ カローラ CX-30】今年夏秋の熱い注目新車全情報!!

CX-3はCX-30に切り替わるのか?

デミオベースの現行CX-3とは違い、CX-30はマツダ3(旧アクセラ)ベース
デミオベースの現行CX-3とは違い、CX-30はマツダ3(旧アクセラ)ベース

 マツダが今秋にも投入する新型SUV「マツダCX-30」は、2019年7月30日から事前予約の受付を開始し、メーカーの発表は2019年9月20日頃、発売は2019年10月頃になる見込みです。

 CX-3はデミオベースのコンパクトSUVなのに対して、CX-30はひと回り大きいミディアムクラスで、マツダ3のプラットフォームを使っています。

 パワートレーンは1.8Lクリーンディーゼル、2Lガソリン、SKYACTIV-X(2Lガソリン)を搭載する見込みです。

 これに対してCX-3は1.8Lクリーンディーゼルと2Lのガソリンですから、SKYACTIV-Xを除けば同一ユニットになります。

 こうしたことからCX-30はCX-3の後継車になるとみられていますが、マツダの販売店筋では両方のモデルを存在させるケースがあると考えているようです。

次期型レガシィの国内投入は2020年春に先送りか?

2019年2月、シカゴショーで披露された新型レガシィ
2019年2月、シカゴショーで披露された新型レガシィ

 2019年10月にも国内投入を検討していた次期型レガシィですが、最新の情報では2020年春に先送りする公算が強くなっています。

 完成検査不正で国土交通省から改善を要請されていることから、こちらの改善への取り組みと態勢固めを優先させるべきとの判断があるようです。

 こうしたことから、スバルの2019年における新型車の投入はダイハツからのタントのOEM供給車、シフォン以外はゼロとなります。

 2020年春に次期型レガシィを投入すれば、2021年はレヴォーグのフルモデルチェンジと続くため、反転攻勢できる状況になりそうです。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!