新型トヨタプリウスのデザインが世界初公開された!


 97年12月に世界初の量産ハイブリッドカーとしてデビューして以来、ハイブリッドカーの代名詞として爆発的ヒットモデルになったプリウスは日本、北米を中心に世界約80カ国の国、地域で累計350万台を販売(15年7月末時点)。

 そのプリウスの新型モデルには世界中が注目しているなか、アメリカ・ラスベガスで新型プリウスのデザインが世界初公開された!


 ベストカーのスクープでも新型プリウスに関しては再三にわたり掲載してきているが、ついにそのデザインが明らかになった。

初代からデザインを引き継いだ

 新型プリウスのデザインは、象徴となっているトライアングルシルエットのデザインを初代から継承しつつ、低重心パッケージを融合。ルーフの頂点を20㎜低くすると同時にボンネットフードも低く抑えたスポーティなシルエットを実現している。トヨタが現行ヴィッツ以来推進しているキーンルックの最終進化型ともいえるだろう。

 燃費と走行性能の向上を目指してエアロダイナミクスを徹底し、各部に印象的なエッジを配するなど、新しいハイブリッドのデザインを提案している。♯なヘッドライトに目が奪われがちだが、リアの造形は斬新のひとこと。

ボディ構造はトヨタが推進するTNGA

 ボディ構造では、トヨタが推進する『Toyota New Global Architecture』(TNGA)を初採用したことで、ボディ剛性強化、パワートレーンユニットの低重心化、低配置化が実現でき走行安定性、乗り心地が向上しているという。

次ページは : 安全に運転できる最新装備を搭載

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ