【2019年上半期を総括!!】 覚えておきたいあのニュース この変化 8選


 もう7月も終わり…早いもので今年も半分が終わってもうそろそろ長かった梅雨も明けそうな気配だ。年を取るごとに時間が過ぎるのが早くなるのは誰しも感じるところだが、ひとつひとつ思い出してみると、思ってみたよりたくさんの出来事があることに気づく。今年も例外ではない。

 というわけで、今年前半のクルマまわりのニュースをチェック!

 といっても、今回はあまり暗くなってしまうような話題よりも(もちろんそうした話題に目を向けるのも大事だが)、未来に展望を抱けそうな話題を中心に選んでみた。

 夏から先、どんな出来事が起こるのか。担当的には、意外と今回取り上げた出来事たちと地続きになっているようなことが多く起こるような気がしている。

※本稿は2019年6月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月26日号


■マツダ3への進化 第七世代へ期待膨らむ

 マツダは5月、アクセラ後継としてマツダ3を日本で発売した。

 同モデルはマツダ社内における「第七世代」の先頭バッター。第六世代ではCX-5が皮切りとなり、マツダブランドのイメージを刷新することに成功した。マツダ3では、「SKYACTIV」シャシーの採用で次世代の乗り心地と操縦性を追求。

新SUVのCX-30、その先のFRセダンまで。マツダには期待がかかる。写真はマツダ3

 今年後半には注目の「SKYACTIV-X」搭載車が発売を控えている。さらに、3月ジュネーブショーで世界初公開となった新型SUVのCX-30の仕上がりにも期待が膨らむ。

■トヨタHV技術無償化 FCVに次いでEVも

 トヨタは4月、ハイブリッドなど電動化技術の特許を無償提供すると発表した。初代プリウスが登場してから約20年間にわたり、ハイブリッド技術で世界をリードしてきたトヨタにとって大きな決断だ。

 今回の無償提供の対象は、モーター、インバーター、電池などパワートレーンの電動化に関わる技術全般であるためEVやプラグインハイブリッド車も含む。燃料電池車についてはすでに実施している。

トヨタ、そして日本のハイブリッド・カー、プリウス

 特許を無償化することでトヨタおよびトヨタ関連企業の製品の納入先は増え、また電動化技術のコンサルティング業務を含めた新事業の確立がトヨタの狙いだ。

次ページは : ■ブレーキ踏み間違い防止装置、都が9割を補助