待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!

待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!

 欧州マツダが、新型CX-80のCピラー部分のティザー写真を公開するとともに、4月18日20時に正式発表することをアナウンスした。CX-80は昨年末に販売終了したCX-8の後継車。日本発売はいつになるだろうか?

文/ベストカーWeb編集部、写真/マツダ

■期待の3列シート、CX-60のサイズアップ版

欧州マツダが公開した新型CX-80のティザー写真
欧州マツダが公開した新型CX-80のティザー写真

 4月11日、欧州マツダが公開したティーザー写真(動画)。CX-80のCピラー部分のメッキ加飾のウインドウモールやリアクォーターウインドウ、ルーフスポイラーがそれだ。

 注目はCX-90ではウインドウ下部にメッキモールはなかったが、CX-80はウインドウ全体にメッキ加飾が施され、太いCピラーが目立つ。

このCX-80は直6エンジン+FRプラットフォームの新開発ラージ商品群第2弾。2列シートSUVのCX-60のサイズアップ版で、CX-80は3列シートとなる。

2023年1月31日に初公開されたCX-90。3.3L、直6ターボが目玉。新型CX-80とCピラーのメッキ加飾モールの形状が違う
2023年1月31日に初公開されたCX-90。3.3L、直6ターボが目玉。新型CX-80とCピラーのメッキ加飾モールの形状が違う

■CX-80の日本発売はいつ?

日本の特許庁に意匠登録されている新型CX-60と思われるもの
日本の特許庁に意匠登録されている新型CX-60と思われるもの

 日本仕様の搭載エンジンは明らかにされていないが、CX-60に搭載されている2.5L、直4NAを除く、2.5L、直4のPHEV、直6、3.3Lディーゼルターボと、そのマイルドハイブリッドになるだろう。

 CX-60をはじめとするラージ商品群は海外市場で好評で、マツダの好決算にも貢献している。一方で、日本では乗り心地が硬いという意見が多く、CX-80もその改善に時間をかけているもよう。

 CX-60と、新型CX-80の違いはボディサイズとシートレイアウト。CX-60のボディサイズは全長4740×全幅1890×全高1685mm。対する新型CX-80は、2023年4月に発売された3列シートのCX-90と、全長と全高はほぼ同じで、全幅がCX-60に近いサイズとなるだろう。

2022年12月に日本導入されているCX-60
2022年12月に日本導入されているCX-60

 CX-80のボディサイズは欧州市場に投入されるマツダSUV最大のサイズとアナウンスされている通り、全長は5100mm、全幅はCX-90の全幅1910mmより狭い1890mm、ホイールベースはCX-60の2870mmより長い3000mmとなるだろう。

 CX-60は2列5人乗り、CX-80はグレードに応じて6人乗り、7人乗りを選択可能。またオプションで2つの独立したキャプテンシートや2列目のセンターコンソールをオプションで選ぶことができる。

 ここでマツダのSUVラインナップを整理してみよう。スモール商品群は北米市場に投入されているCX-50.ラージ商品群では2列シートのCX-60、ワイドボディ2列シートのCX-70、3列シートのCX-80、CX-90(ワイドボディ3列シート)があるが、そのうち、北米市場にはCX-50、CX-70、CX-90、日本市場と欧州市場にはCX-60、CX-80の発売を予定している。

 ズバリ、CX-80の日本発売は2024年秋頃。価格はCX-60の価格を考慮すると、600万円台がスタート価格で、最も高いのは800万円台になると予想。

 2024年4月18日20時の正式発表が待ちどおしい!

【画像ギャラリー】3列シートのCX-80はCX-8よりいいのか? 妖艶なCX-80のデザインを写真でチェック!(4枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!