旧車バブルの真相〜PART1 輸入車編〜

欧米のオークションで’73年式カレラRSライトウエイトが1億1500万円で落札!(※1ドル=120円換算)

 このところの呆れるばかりの旧車の高騰ぶり。なかでも空冷ポルシェが凄まじいと聞く。

はたしてどの車種が高騰しているのか? 高騰している理由は何か?

今回は空冷ポルシェだけではなくフェラーリの状況を徹底調査!


空冷ポルシェはいつ頃から

高騰したのか? その原因は?

まず高騰ぶりが目立つ空冷ポルシェ。いったいどうなっているのか、ポルシェ専門店「テクニカルメイトインターナショナル」(神奈川県厚木市 046-297-0911)の田所店長に聞いた。

「価格が上がり始めたのは2年前くらいからですね。世界的にスポーツカー相場が高騰していて、日本での価格が世界相場に比べて安かったんですね。アメリカ、中国、ドイツ、ドバイといった海外からの業者さんが日本に来てディーラー車のいいものばかり買い漁っています。海外でのオークションを見ると驚くほどの値段をつけています。ドイツのオークションでは昔、正規ディーラーだったミツワものだと明記してあって、完全にブランド化しています。今、どこのお店もそうだと思いますが、高いものを買うのは外国人です。多走行車や改造、修復歴ありなど、日本人が買えるのはおこぼればかりです。

今、空冷ポルシェをお持ちのオーナーさんは、海外サイトをよく見ていて相場も知っています。販売価格と買い取り価格は違うのに、販売価格で買い取ってくださいと言われるお客さんが多くて、困ってます。オーナーさんの目の色が変わっているのがわかります。今は正直、オーナーさんが儲かってお店は儲かりません」

スクリーンショット(2015-12-11 11.26.19)
96年式993GT2は1億1680万円で落札!

暴騰しているのは台数が少ないモデルが中心で、カレラGTが4000万円→8000万円、993RSが1000万円→2500万円以上、964RSが900万円→2000万円。これら稀少車はまあ、しかたないかなと思うのだが、964のMTも500万円→700万〜800万円、993のMT車も前期型で500万円以下→800万円前後と、レギュラーモデルも高騰。それに便乗したのか、964のティプトロニックATも300万円台→500万〜600万円。しかも通称ナローポルシェといわれる’64〜’73年までの911も911Tが350万円→1500万円、911Sが1000万円→2500万円。しかも356やビッグバンパーの930も軒並み、高騰。

空冷ポルシェの価格表記で目立つのはASK(応相談)。売る側とすれば1日ごとにこれだけ価格が変動していると値段がつけにくいのでASKにしているそうだ。でも買う側にとっては時価の高級寿司屋になかなか入らないのと同じだ。

いったい、いつまで続くのか?

前出の田所店長は「いいものは海外に出ていってしまっています。当然、日本の流通台数は減りますよね。根本的に多いものより少ないものの値段が上がるので下がる理由はないでしょう。海外の需要が少なくなってきて日本にとどまるようになってきたとしても昔のような値段に戻ることはもうないでしょう」

いっぽう、ポルシェ販売35年の歴史を持つSHOP9プロダクション(静岡県浜松市 053-449-3251)の佐野代表は「世界的に通貨が不安定なことから投機目的で4年8カ月前から値段が上がってきましたが、この空冷ポルシェバブルはこの先1年はもたないと思っています。ポルシェを持っているオーナーさんは売りたがりません。でも株と同じで安くなり始めたら、一気に売りに転じるのではないでしょうか」

投機目的とは……。ほんとにやめてほしい! そのいっぽうで水冷の996前期型、後期型が300万円以下、997型でも500万円以下で買えるようになってきてお手頃感があるということを付け加えておきたい。

フェラーリも同じ状況か?

空冷ポルシェだけでなく、フェラーリも高騰しているのか、フェラーリ専門店、コーナーストーンズ(神奈川県横浜市 045-489-3245)の榎本代表に聞いた。

スクリーンショット(2015-12-11 11.25.52)
コーナーストーンズのF40は1億円で売約!

「フェラーリもここ1年半くらいでモロにきましたね。特に目立つ車種ですが、F40は3500万円が1億円、F50は6000万円が1億8000万円ですよ。数が少ないF512Mは1000万円が3000万円に跳ね上がりました。高騰した理由は、海外のスポーツカーバブルとアベノミクス円安。値段が上がったクルマは国際相場で、外国人が買うから値が上がっているんです」

フェラーリは今後も高騰を

続けるのか?

「今は自分で自分の首を絞めている感じです。売り物の数が減って将来的には先食いした感じです。ついこの前中国経済が危ないということで世界同時株安になりましたよね。あれで外国人の購入意欲が衰えてきた感じはあります。ボクとしては早くこのバブルが崩壊してほしいです。安倍政権が終わってダメダメ政権が出てきて円高になったら海外に行って買い戻しますよ」

フェラーリはポルシェほどではないと思うのは気のせいか。いずれにしてもこの高騰ぶり、誰かなんとかして!

スクリーンショット(2015-12-11 11.04.16)

スクリーンショット(2015-12-11 11.25.02)
コーナーストーンズの榎本代表。ミウラは1億4000万円で外国人が購入したそうだ

 

 

 

※価格などについての情報は2015年10月時点のもの

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ