【警察庁から初の受注を獲得!!!】 スバルの警察ヘリが東北 岩手の空を翔ける

 最近「自動車メーカー×空の話題」というと、もっぱらホンダジェットの話題ばかりだった印象があるが、その出発点を航空機製造会社におくスバルも負けてはいられない。

 2019年6月、スバルがかねてから米国ベル・ヘリコプター・テキストロン社とともに共同開発を進めてきた民間向けのヘリ、「SUBARU BELL 412EPX」が、日本の警察庁から世界初受注したことが発表されたのだ。

※本稿は2019年7月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


■ベル社の協力のもと 400機以上のヘリコプターを生産

 そもそもスバルはベル社とともにUH-1H/204B-2、UH-1J/205B、AH-1Sなど400機以上の機体を生産し、納入してきた背景がある。

 そんななかで今回の受注は、今年3月にスバルが落札していたもので、最新鋭機である「SUBARU BELL 412EPX」としては初の受注になるということだ。

 今後、2021年3月に警察庁に納入された後、岩手県警察へ配備される予定だという。

SUBARU BELL 412EPXの試作機。ブラックベースのボディカラーにスバルブルーの差し色が入っているのが精悍な雰囲気だ

 上の写真が「SUBARU BELL 412EPX(試作機)」。これが警察庁仕様になると、下にある日の丸の入ったイメージパースのようになる。

今回受注が決まった警察庁仕様のイメージ写真

 で、この412EPX、いったいどんなヘリかというと、スバルが独自開発したレーザーピーニング技術の採用でメインローターギアボックスが強化され、ドライライン能力を向上し、最大全備重量を1万2200Lbs(約5500kg)まで増加。

 さらにマストトルク出力向上11%(飛行速度60ノット=約111km/h以下)を実現した中型双発ヘリコプター。

 スバルが自動車生産で培ってきたノウハウが盛り込まれた「スバルエアロスペースプロダクションシステム」が導入され、生産性が高められている。

■スバルとベル社のパートナー関係は1960年代から続く

 もともと412シリーズは過酷な条件のもとでも高い信頼性を誇るヘリで、キャビンの使い勝手とアレンジ性の高さが人気を呼んでいる。

 日本や米国以外にもオーストラリアやカナダなどで主に政府用・公共用途で活躍する。

今年4月にシンガポールで開催された「ロータークラフトアジア2019」では、この412EPXの模型も出展されていた(※写真はイメージ)

 昨年7月に開催された英国でのファンボローエアショーで、スバルとベル社はBell412シリーズの最新型で、陸上自衛隊新多用途ヘリの開発プラットフォーム、SUBARU BELL 412EPXの販売協力について発表。

 その後、今年2月には新多用途ヘリの試作機が防衛省に納入されていた。

 そもそもスバルとベル社との関係は1960年代にまでさかのぼる。

 当時、HU-1B/204Bヘリのライセンス生産を開始してから現在に至るまでパートナー関係を結んでいる。

2018年7月、BELL 412EPXでの事業協力を発表したスバル航空宇宙カンパニープレジデントの戸塚正一郎氏とベル社CEOのミッチ・スナイダー氏

 これまでにスバルではUH-1H/204B-2、UH-1J/205B、AH-1Sなど400機以上のヘリを生産し、防衛省などに納入してきた。

 スバルといえばどうしても飛行機のイメージが強いのだが、最新ヘリにもその技術が受け継がれているようだ。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ