【新型ハスラー12月発売決定】見た目変わらず中身大幅進化!!!


 ワゴンとSUVを組み合わせたクロスオーバー軽自動車、ハスラーが2019年12月にフルモデルチェンジすることが決定したようだ。現行モデルの登場が2013年12月24日だから、6年ぶりの世代交代である。

 2019年10月24日から開催される「第46回東京モーターショー」に、ハスラーコンセプトが参考出品されるが、市販型はほぼこのままの姿でデビューする。

 すでに発表されたハスラーコンセプトの概要と、スズキディーラーであるスズキ店、アリーナ店に流通ジャーナリストの遠藤徹氏が取材した情報を合わせて、新型ハスラーの「今わかっていることすべて」をお伝えしよう。

文/遠藤徹
写真/スズキ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型ハスラーと現行ハスラーの違いがわかる詳細写真


変わっていないようでけっこう変わっているエクステリア

東京モーターショーで公開される新型ハスラーコンセプト。ヘッドライトは下の現行ハスラーと同じだと思ったがよく見ると、現行ハスラーのヘッドライトよりも立っていて、右の四角い部分もより大きくなっており、角度も下向きから横向きになっている。グリルやバンパー、アンダーガード、サイドミラーの取り付け位置、ボディサイドのドア、ピラーのデザインなど、ほぼすべて変わっているが、見た目のイメージは変わっていない
現行ハスラーのGターボ

 新型ハスラーは現行モデルを色濃く踏襲しながら、中身を大幅にレベルアップしている。

 プラットフォーム&エンジンなど基本コンポーネントは最新モデルであるスペーシアのようにオール新開発となるのがポイントだ。

 新型ハスラーで、スズキが強調したいのはクオリティアップ、走行性、使い勝手の向上、安全対策強化などだろう。

 まずエクステリアを見てほしい。明らかにキープコンセプトで、どこが変わったの? と思えるレベル。

 しかし、現行ハスラーと比べてみると、その違いがよくわかる。フロントの丸目のヘッドライトも同じに見えるが、新型は現行よりも立っていて、ライト右側の四角い部分の形状も微妙に違う。

 そのほか、ボンネット、グリルやバンパーのデザインを一新。最も違うのはボディサイドだろう。

 前後のサイドウインドウは四角くなり、現行ハスラーにはなかった、リアクオーターウインドウが追加されている。リア回りもバンパーや灯火類のデザインが異なっている。

新型ハスラーのリアスタイル。現行ハスラーよりも四角くなり、リアクオーターウインドウが追加された。カクカクしており、ジムニーの5ドア版のようにも見える
現行ハスラーのリアスタイル。こうして並べてみると、デザインの違いがよくわかる

 発表されたボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1680mm。ホイールベースは2460mm。現行ハスラーと比べると、全長と全幅は同じ、全高が30mm高く、ホイールベースは35mm伸ばされている。

 全長と全幅、ホイールベースはベースとなったワゴンRやスペーシア、スペーシアギアと同じである。ボディサイドのスクエアな窓枠やリアクオーターウインドウのデザインはスペーシアギアとよく似ている。

写真のスペーシアギアと、新型ハスラーのボディサイドのデザインがよく似ている。パワートレインもNAとターボのマイルドハイブリッドとまったく同じ。全長、全幅、ホイールベースはスペーシアギアとまったく同じ

全車マイルドハイブリッド!

 パワーユニットは現行型ではガソリンのNAとターボの2種類だったが、新型は直3、658ccのNAとモーターアシスト方式のマイルドハイブリッド、658㏄ターボとモーターアシスト方式のマイルドハイブリッドの2種類。

 スペックは明らかにされていないが、新型ハスラーと同じ、NAとターボの2つにマイルドハイブリッドを組み合わせるスペーシアギアを見ると、658㏄NA+モーターが52ps/6.1kgm+3.1ps/5.1kgm、658㏄ターボ+モーターが64ps/10.0kgm+5.1kgm。このスペックから大きな変更はないだろう。

 トランスミッションはNAのマイルドハイブリッドは5速MT&CVT、ターボのマイルドハイブリッドはCVTのみ。いずれもFF&4WDの組み合わせとなる。

次ページは : インテリアはエクステリア以上に大幅進化

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ