【新型ハスラー12月発売決定】見た目変わらず中身大幅進化!!!

 ワゴンとSUVを組み合わせたクロスオーバー軽自動車、ハスラーが2019年12月にフルモデルチェンジすることが決定したようだ。現行モデルの登場が2013年12月24日だから、6年ぶりの世代交代である。

 2019年10月24日から開催される「第46回東京モーターショー」に、ハスラーコンセプトが参考出品されるが、市販型はほぼこのままの姿でデビューする。

 すでに発表されたハスラーコンセプトの概要と、スズキディーラーであるスズキ店、アリーナ店に流通ジャーナリストの遠藤徹氏が取材した情報を合わせて、新型ハスラーの「今わかっていることすべて」をお伝えしよう。

文/遠藤徹
写真/スズキ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型ハスラーと現行ハスラーの違いがわかる詳細写真


変わっていないようでけっこう変わっているエクステリア

東京モーターショーで公開される新型ハスラーコンセプト。ヘッドライトは下の現行ハスラーと同じだと思ったがよく見ると、現行ハスラーのヘッドライトよりも立っていて、右の四角い部分もより大きくなっており、角度も下向きから横向きになっている。グリルやバンパー、アンダーガード、サイドミラーの取り付け位置、ボディサイドのドア、ピラーのデザインなど、ほぼすべて変わっているが、見た目のイメージは変わっていない
現行ハスラーのGターボ

 新型ハスラーは現行モデルを色濃く踏襲しながら、中身を大幅にレベルアップしている。

 プラットフォーム&エンジンなど基本コンポーネントは最新モデルであるスペーシアのようにオール新開発となるのがポイントだ。

 新型ハスラーで、スズキが強調したいのはクオリティアップ、走行性、使い勝手の向上、安全対策強化などだろう。

 まずエクステリアを見てほしい。明らかにキープコンセプトで、どこが変わったの? と思えるレベル。

 しかし、現行ハスラーと比べてみると、その違いがよくわかる。フロントの丸目のヘッドライトも同じに見えるが、新型は現行よりも立っていて、ライト右側の四角い部分の形状も微妙に違う。

 そのほか、ボンネット、グリルやバンパーのデザインを一新。最も違うのはボディサイドだろう。

 前後のサイドウインドウは四角くなり、現行ハスラーにはなかった、リアクオーターウインドウが追加されている。リア回りもバンパーや灯火類のデザインが異なっている。

新型ハスラーのリアスタイル。現行ハスラーよりも四角くなり、リアクオーターウインドウが追加された。カクカクしており、ジムニーの5ドア版のようにも見える
現行ハスラーのリアスタイル。こうして並べてみると、デザインの違いがよくわかる

 発表されたボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1680mm。ホイールベースは2460mm。現行ハスラーと比べると、全長と全幅は同じ、全高が30mm高く、ホイールベースは35mm伸ばされている。

 全長と全幅、ホイールベースはベースとなったワゴンRやスペーシア、スペーシアギアと同じである。ボディサイドのスクエアな窓枠やリアクオーターウインドウのデザインはスペーシアギアとよく似ている。

写真のスペーシアギアと、新型ハスラーのボディサイドのデザインがよく似ている。パワートレインもNAとターボのマイルドハイブリッドとまったく同じ。全長、全幅、ホイールベースはスペーシアギアとまったく同じ

全車マイルドハイブリッド!

 パワーユニットは現行型ではガソリンのNAとターボの2種類だったが、新型は直3、658ccのNAとモーターアシスト方式のマイルドハイブリッド、658㏄ターボとモーターアシスト方式のマイルドハイブリッドの2種類。

 スペックは明らかにされていないが、新型ハスラーと同じ、NAとターボの2つにマイルドハイブリッドを組み合わせるスペーシアギアを見ると、658㏄NA+モーターが52ps/6.1kgm+3.1ps/5.1kgm、658㏄ターボ+モーターが64ps/10.0kgm+5.1kgm。このスペックから大きな変更はないだろう。

 トランスミッションはNAのマイルドハイブリッドは5速MT&CVT、ターボのマイルドハイブリッドはCVTのみ。いずれもFF&4WDの組み合わせとなる。

インテリアはエクステリア以上に大幅進化

3つの赤いフレームが配置された新型ハスラーのコクピット。フレームの中身は一番左がコンソールボックス、中央がエネルギーフローやコネクティビティ関連、エアコンの状態などを表示する大型ディスプレイ、右がスピードメーターを含むマルチインフォメーションディスプレイ 。下の現行ハスラーのインパネと比べると明らかに豪華になり質感も高まっている
ボディ同色のパネルでポップな現行ハスラーのインパネ

 エクステリア以上に進化した、といえるのがインテリアだ。現行ハスラーのダッシュボードはボディ同色でポップな印象だったが、新型ハスラーのインパネには、Gショックの時計を思わせるオレンジ色のフレームを3つ配置。タフで力強いインテリアデザインだ。

 この3つのフレームは、左からコンソールボックス、大型モニター、そして一番右はスピードメーターを含むマルチインフォメーションディスプレイだ。

 フロントシートはこれまでのベンチシートからセパレートシートに変更され、後席のスライド機構も足元からの操作に加え、ラゲッジルームからも前後にスライド操作ができるようになった。

新型ハスラーのラゲッジルーム。ラゲッジルームからリアシートのスライド機構の調整が行えるようになった

 グレード展開は現行モデルに設定している特別仕様車のタフワイルド、ワンダラーを廃止するが、東京モーターショーに展示されるバーミリオンオレンジ車体色のカスタマイズ仕様、 日常でアウトドアスタイルを楽しむ「アーバンアウトドアスタイル」もラインアップされる見込み。

 現行ハスラーのボディカラーの単色、2トーンの2本立ては踏襲するが、現行モデルでは2トーンが90%の販売構成比だから、次期型でも2トーンカラーは用意されるだろう。

 装備面は安全対策を含め大幅な充実強化を図る。ヘッドランプは現行モデルではLEDの装備がなくオプションでも選べなかったが、次期型では標準装備グレードの設定やオプションの両方を選べるようになる。

東京モーターショーに出展される新型ハスラーコンセプト・アーバンアウトドアスタイル。 バーミリオンオレンジをベースに、カモフラージュ調サイドデカール、モノグラム調ルーフラッピング、マットガンメタのアクセントカラー、マッドフラップ、オレンジ/ガンメタのホイールなど、気軽にアウトドアを楽しんでいる、都会に住むアウトドア志向のユーザー層をターゲットにしている

スズキの軽初のACC搭載

 先進安全運転支援システムは現行モデルと同じ「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されるが、3つの新たな機能が加わる。

 一つ目は夜間の歩行者機能検知機能、2つ目は後退時ブレーキサポートの搭載、3つ目はターボ車限定となるが、アダプティブクルーズコントロール(ACC)がスズキの軽自動車として初めて搭載される。

 このACCは全車速タイプではあるものの、パーキングブレーキは既存のフット式を採用。ACCに、車線逸脱抑制機能も備わる。

価格は140万円前後がスタートか?!

 現行ハスラーはNAのAが112万900~124万円。NAのGが121万9900~152万200円。Gターボが143万5500~160万8200円。NAのJが151万2500~168万5200円。Jターボが160万8200~178万900円となっている。

 価格はマイルドハイブリッドが全車設定となるので、現行モデルと単純に比較はできないが5万円程度のアップとなり、約130万~180万円(2WD/4WD)の価格帯になりそうだ。

●NA→NAのマイルドハイブリッド=5万円程度のアップ
●ターボ→ターボのマイルドハイブリッド=5万円程度のアップ

現行ハスラーのピーク時の納期は1年待ちだった!

 ここで、現行ハスラーを振り返ってみよう。発売から絶好調のスタートを切った。当初、月販3000台程度の計画であったのが、2014年1月の販売台数は6237台でスタートして、2月は5368台といったん後退したが、3月7150台、4月7144台、5月6482台、6月7909台、そして7月には歴代最高の1万406台とついに1万台の大台を突破した。

 その後2015年3月には1万2377台、2017年3月には1万240台と1万台の大台を3回も上回っている。

 2019年8月までの累計新車販売台数は46万444台で月平均6771台となっている。ピーク時には納期が1年待ちにも達していた。

 SUVジャンルでこれほどヒットしたモデルはほかに見当たらない。この46万台強が2代目の代替え母体になるわけだから、新型も大ヒット間違いなしだろう。

スズキ営業マンの生の声

■証言1:首都圏スズキ店営業担当者
 「現時点(9月末)でメーカーから新型ハスラーに発売スケジュールや商品内容についての連絡はありません。ただ非公式な情報は流れています。
 年末で現行モデル発売後6年が経過する現時点でフルモデルチェンジしてもおかしくはない時期です。現行ハスラーはまだ普通に生産、販売を続けており、グレード、ボディカラー、装備するオプションパーツの制限はまだありません。現行ハスラーは、見積書を作成し、オーダーすると1カ月半くらいでの納車されます」。

■証言:2 首都圏アリーナ店営業担当者
 「これまでの例だと新規やフルモデルチェンジ車は発売1カ月くらい前にならないと、正確な情報が流れてこないので、まだ明確に答えられない状況にあります。2ヵ月くらい前になると、グレード、ボディカラー、オプションが限定されたりするのでおおよそわかります。
 これまでのケースをみると、東京モーターショーでプロトタイプ車を参考出品すると、直後に発売されるので、12月に発売するのは間違いないと思います。プラットフォームが新しくなり、インパネの質感が上がり、室内の使い勝手がよくなり、安全装備も充実するので、現行ハスラー以上に大ヒットするかもしれません」。

■新型ハスラー予想諸元
全長×全幅×全高:3395×1475×1680mm
ホイールベース:2460mm(※ボディサイズは公表済み)
パワートレイン:
●658㏄直3NA+モーター(マイルドハイブリッド)
52ps/6500rpm+3.1ps/1000rpm
6.1kgm/4000rpm+5.1kgm/100rpm
●658㏄直3ターボ+モーター(マイルドハイブリッド)
64ps/6000rpm+3.1ps/1000rpm
10.0kgm/3000rpm+5.1kgm/100rpm

【画像ギャラリー】新型ハスラーと現行ハスラーの違いがわかる詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ