強豪エクストレイルの強さとライバル出現で激戦ライトSUV界


 フォレスターやCR-Vなどの新型車が続々登場し国産SUV豊作の年と言われた2018年。

 これらの競合を抑え、2018年4WD SUVで販売台数ナンバーワンとなったのは、日産エクストレイルだった。 

 そして2019年、新型RAV4の登場で、さらにこのジャンルの販売競争が熾烈化している。

 文:吉川賢一
写真:日産、トヨタ、スバル、マツダ、ホンダ、ベストカー編集部

 【写真ギャラリー】歴代エクストレイルとライバルSUV


2018年4WD SUV NO.1をとったエクストレイルの強さとは? 

日産エクストレイル

 日産によると、エクストレイルの売りは、インテリジェント4x4が実現する圧倒的な走破性、プロパイロットをはじめとする未体験の先進技術、先進のシャシー制御が実現する意のままの走りだそうだ。

 確かにそうした性能は素晴らしいものではあるのだが、これらの技術は、新型車としては当たり前品質であり、昨今発売されるクルマには、同カテゴリーであれば似たような技術が織り込まれている。

 これだけでエクストレイルが選ばれているとは言い切れないと筆者は考える。筆者が考えるエクストレイルの強さは下記の2つだ。

長くて、幅が狭くて、全高が高く、安いエクストレイル

 フォレスターや、CR-V、CX-5などと比較して、エクストレイルは比較的車幅が狭いのに、全長全高が高い。

 つまり、運転しやすいサイズなのに、SUVとしては大事な性能である積載性能に優れている。

 しかも、この3台の比較では比較的安い。SUVとして大切な積載性を、リーズナブルに提供しているのが、エクストレイルなのだ。

SUV比較表
比較表としてみてみると、
エクストレイルが全長、全高で一番大きいことがわかる。

次ページは : クセの少ないボディスタイル

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ