【さらば稀代の名車!!】 今なら「ラスト ビートル」に手が届く!!!

 新世代となって2代目の「Theビートル」だが、今年末をもって販売が終了する。実際、すでに7月末で生産自体は終了しており、日本国内で言えば、現在の在庫車とこれから上陸するぶんで終了ということになる。

 現在、VWジャパンでは「See You The Beetle」キャンペーンを実施しており、いよいよ販売終了に向けてのカウントダウンといった雰囲気だ。

■現在販売中の「Theビートル」のラインナップと価格
・The Beetle Base…239万9000円
・The Beetle Design…278万円
・The Beetle Design Meister…303万円
・The Beetle R-Line…303万円
・The Beetle R-Line Meister…348万円
・The Beetle 2.0 R-Line 354万円
・The Beetle 2.0 R-Line Meister…397万円

【画像ギャラリー】惜別…!!! Theビートルの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■今年末で販売終了のVW ザ・ビートル

 ちなみに現在のラインナップは『ベース』、『デザイン』、『R-Line』、『2.0 R-Line』の4タイプで、ベース以外には純正カーナビやリアビューカメラなどを標準装着した特別仕様の「Meister」が加わる。

今年末で販売を終了するThe Beetle。今なら全グレード購入可 ※取材時

「今の時点(取材時)ならば全グレード購入可能です」とVWジャパンでは言うものの、当然、今後在庫は減っていき、ボディカラーなど希望のモデルは買えなくなってくる可能性が高い。

 買うなら今だし、今しか買えない、とも言える。

 今年1月から7月の販売台数は約2700台程度ということで、昨年同期と比べて10%程度増えているという。やはり販売終了を受けて販売台数は増えている。

 販売店では「一気に駆け込み需要というほどではないものの、ビートルに対する問い合わせは確実に増えています」とのこと。

 この先、いよいよカウントダウンとなれば「欲しかった」人の駆け込み需要も急速に増えてくるだろう。

基本となる4つのグレードに加え、Base以外にはMeisterという装備を充実させた特別仕様モデルが設定されている。写真はDesignのMeister。価格は303万円だ

 ニュービートルの名で新世代ビートルが国内に登場したのが1999年のこと。2003年3月にはカブリオレが加わり、2010年に生産を終了。

 その後「Theビートル」と名を変えて現行型が2012年4月に国内での受注を開始して7年。次期型の計画が明らかにされないまま、生産を終了した。

 さて、「Good-bye」ではなく「See You」と別れを告げたビートル。三度目の復活に期待したい。

各グレードの主要諸元

【画像ギャラリー】惜別…!!! Theビートルの画像をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ