CM好感度ランキング発表、自動車メーカー1位はあのメーカー


 2017年4月18日、CM総合研究所が2016年度(2016年4月度〜2017年3月度)の企業別CM好感度ランキングを発表した。

 そちらの順位を紹介するとともに、クルマ好きなら「自動車メーカーで上位だったのは……?」というのも気になるところ。

 「あのシリーズ」を擁するメーカーがトップでした。

 文:編集部 写真:Shutterstock.com


総合1位は昨年と同じく、auの「三太郎」シリーズ

 CM総合研究所は、2016年度に在京キー5局にCMを流した全2208社のなかから、どの会社のCMの好感度が高かったかを、関東一都六県在住の一般も板−男女3000人に調査・集計。その結果を発表した。

 総合順位は以下のとおり。

2016年度(2016年4月度〜2017年3月度)
企業別CM好感度ランキング

 なんといっても注目は、前年171位だったアマゾンジャパンの6位躍進。

 赤ちゃんに泣かれてしまい部屋を出て行き、遠くから眺めるゴールデンレトリバーのあのなんとも寂しそうな顔にグッと来た視聴者も多いのでは。

自動車No.1のメーカーCMの中から特選5本紹介

 CM総合研究所は、総合ランキングのほかに「業類」別の各分野No.1企業も発表(CM総合研究所が20の産業分野ごとに選出)。

 「電子・精密」部門ではアップルジャパン、「食品」では日清食品、「アルコール」ではキリンビール、「住宅・建設」では大和ハウス工業と、

 名前を聞くとなんとなく「ああ、あのCMか」と思い浮かぶ作品が並ぶなか、気になる「自動車」部門は……というと、8年連続でトヨタ自動車が獲得しました。

 トヨタといえば車種別CMのほかに企業CMやGAZOO、トヨタレンタカー、各キャンペーンと多くのシリーズCMを放映している。

 今回のCM総合研究所の発表では個別のCMの好感度は発表されていないが、以下、本企画担当編集が、独断と偏見で特に刺さったトヨタのCM5本を、公式チャンネルよりまとめて紹介したい。

次ページは : 公式チャンネルより厳選!!