高速道路のインターを降り損ねた! その時の対処法は?

 ゴールデンウィークということでゴールデンなお出かけの皆さまも多いことでしょう。そんな遠出の際、「しまった! インターで降り損ねた!」なんて経験を持つドライバーも多いのではないでしょうか。本企画担当も一度や二度ではありません。速度を落としながら「しまったなあ……」と力なく呟き、同乗している家族にどう説明すべきか迷った経験もあるではないでしょうか? 私はあります。そんな時の対処法を紹介します。

文:Web編集部 写真:Shutterstock.com


有人レーンに並んで通行券かカードを見せればOK

 高速道路上のバックやUターンを試みて事故が起こるケースが増えています。

「あ! 今のインターで降りるんだった!」と通過直後に気づくパターンはよくあって、「通行量も少なめだし、ちょっとだけなら」と考えてしまう人もいるのでしょう。しかし高速道路上のバックやUターンは大変危険であるだけでなく厳格に禁止されています。

「じゃあどうすればいいのよ……」と落胆する皆さまに朗報。

 目的のインターチェンジで降り損ねてしまった場合は、次のインターチェンジまで進み、そこで降りて有人レーンに入り、通行券を出して「前のインターで降りたかったんですけど……」と告げましょう。「特別転回」というスタンプを押してくれ、その出口で降りて、また再びそのインターの入口に戻って降りるべきインターへ向かう道を指示してくれます。

 ETCの場合は車載器からETCカードを抜いて、上述と同じように有人レーンで申告しましょう。必要な処理をしてくれます(※構造上、一部のインターで再入場できない場合もあるので注意)。

 上り線を走っていたなら下り線を、下り線を走っていたら上り線をインターひとつ戻るかたちになりますが、旅程の思い出がひとつ増えたと思って、機嫌よくドライブを続けることをお薦めします。

 この「間違えて行き過ぎてしまったパターン」では、通行料金は「本来降りるべきだったインターまでの料金」なので、その点はご安心を。

参照:「行き先を間違えてしまった! 行き過ぎてしまった!」(NEXCO中日本公式サイト)

 こういった細やかな対処や対応策を見るにつけ、高速道路の保守運営って大変だなあ……と実感します。

 なお本論とはあまり関係ありませんが、以前本企画担当が高速道路の落とし物処理担当者に聞いた、最近一番増えている落とし物は「携帯電話」だそうです。気をつけましょう。そして一番困った落とし物は「サバ800㎏」だそうです。「夏場だったんですよ……」とボソッと語るその笑顔に、インフラ保守職人の矜持を見ました。

 皆さん、よいドライブで、よい思い出を。

(本サイトはインフラ保守職人を敬愛しております)

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ