日本だけ!? 高速道路が危ない!! “暫定2車線”と死亡事故原因トップ

高速道路といえば、片側2車線で計4車線以上、中央分離帯もあるから反対車線とは区切られているイメージが強い。でも、日本では意外なほどに“そうではないケース“も多いことをご存じだろうか? 実は日本の高速道路、他の先進国と比べてもかなりイレギュラーな区間が多く、それが危険でもあるのだ!!

文:清水草一/写真:中日本高速道路、shutterstock.com

ベストカー2017年10月10日号


先進国で数%しかない暫定2車線が日本は約3割も!

日本の高速道路で最も危険を感じるのは、中央分離帯のない暫定2車線区間(対面通行)での正面衝突事故だ。

日本の高速道路の総延長の約3割が、この形で占められているが、こんな国は世界で日本だけ。先進国では対面通行の高速道路は極めて例外的な存在で、総延長の数%から1%未満なのだが、日本では約30%。まさに「日本の高速道路特有のリスク」と言える。

2005年から2014年までの10年間に、対面通行区間での対向車線へのはみ出しによる事故は2208件発生し、死者は119人、負傷者は1281人。高速道路での事故死者数は年間200人強だが、うち平均12人をこれが占めていることになる。対面通行区間は交通量が少ないことを考えると、死亡事故の発生確率は相当高い。

なにせ正面衝突だ。衝撃の大きさは追突や単独事故の比ではない。いったん発生してしまえば、死亡や重傷に至る可能性が非常に高いわけで、なんとかしないといけないが、マトモに走っている側のドライバー側の自衛策は「ない」と言っていい。

国交省は、暫定2車線区間に、取り外しが比較的容易なガードロープを試験的に導入することを決めているが、なるべく速やかに、少しでも長い区間に導入していただきたい。

ただ、トンネル内のように路肩に余裕がない区間では、この設置も難しく、解決策は4車線化しかない。交通量を考えると、暫定2車線区間をあまねく4車線に拡幅するのはコストパフォーマンスが悪すぎる。ここが悩ましいところだ……。

いずれにせよ国交省は、対面通行区間での正面衝突事故リスクを減らすべく、簡易な中央分離帯設置に努力していただきたい。


写真のように中央分離帯のない高速道路では、反対車線との事故リスクも上がってしまう

死亡事故原因トップの『単独事故』と増える『人対車の事故』

ところで、高速道路上での交通事故は追突が約7割を占めるが、死亡事故になると、実は単独事故が最も多い(約3割)。その多くは居眠り運転などでガードレールに衝突したというもの。

対策としては、車線はみ出し警告などの安全デバイスの普及が効果的だろう。

続いて多いのが停止車両への衝突で、約2割を占める。ここ最近、大型トラックが停止車両に激突して死者が出る事故が連続して発生したが、この場合の死者は、たいてい停止車両側の乗員に出る。

つまり、故障などで路肩に車を止めたら真剣に生命の危険を感じて、定石どおり車から降り、ガードレールの外側で待機すべし。「命がかかっている」と真剣に思うことが重要だ。

そして近年増えているのが、高速道路上での人対クルマの事故で死者が出るケース(約15%)。これは前述の「停止車両への衝突」とは別立てで、停止車両から降りた人がはねられて亡くなったケースはこちらに含まれる。死ぬのはもちろん歩行者の側なので、その立場に立った時は危機意識を持ちましょう。結局、車が路肩に止まった時が一番危ないってことですね。


故障などで車が路肩に停まった時は、救援が来るまでにガードレール外に避難するだけでも人対車の事故リスクを大幅に下げられる

頻繁に取り上げられる『逆走事故』は意外に少ない

もうひとつ、高速道路上での逆走事故というのがある。最近盛んに報道されているので、激増しているように感じるが、実はそうでもなく、増えたり減ったりだ。それによる死亡事故も多くはなく、実はリスクとしてはそれほど高くはない。

もちろん、逆走車と正面衝突すれば死亡する確率は高いので、心のどこかで「逆走車が来るかも」と思っておくべき……と言ってもムリですね、ハイ。せめて、追い越しが終わったら走行車線に戻るクセをつけておくと、リスクを減らすことはできます。なにせ逆走車は通常、追い越し車線側を走ってくるので。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ