【ノートe-POWER、ハスラー…】一発逆転&起死回生をはたしたクルマたち


 群雄割拠の日本自動車市場。各メーカーが生き馬の目を抜くべく研鑽を積んでいるなか、同じカテゴリー内に君臨する大ヒットモデルに一泡吹かせ、主役にのしあがったモデルがある。

 それまで「小さな存在」だったものが、いきなり主役に躍り出る。そんな痛快な起死回生&一発逆転劇を見せてくれたクルマたちを紹介し、なったワケを説いてもらった。

文:片岡英明、渡辺陽一郎
ベストカー2017年10月26日号


■日産 ノートe-POWER 片岡英明

 グローバルで売れる乗用車だけに開発を絞った結果、日産のクルマは肥大化し、バリエーションも大幅に減った。ティーダはモデルチェンジを機に海外専用モデルとなって消滅。コンパクトカーの運命はマーチとノートに託された。

 2代目ノートが登場したのは2012年夏のことだ。パワーユニットをダウンサイジングしたことがウケ、発売直後はガソリン乗用車(除くハイブリッド車)トップの販売台数を8カ月も続けた。が、フィットがモデルチェンジすると販売はあえなくジリ貧に。

 そこで、一発逆転を狙って大勝負に出る。2016年のモデル追加で注目を集めたのは、従来とは一線を画す新しいパワートレーンの採用。

 これが「e-POWER」である。EVのリーフで培ってきたモーター走行の魅力をノートにまで広げる、という狙いだ。

 e-POWERはエンジンによって発電を行い、その電力を利用してモーターの力で走行する。航続距離の短いEVよりとっつきやすいし、既存のパワーユニットを用いて手軽にEVの楽しさを味わうことができるのが魅力。

 この斬新な発想が見事奏功し、e-POWERを搭載したノートは、我々ジャーナリストの予想を大きく超える大ヒットを飛ばす。

 発売直後の11月、30年ぶりに販売台数トップの座を日産にプレゼントした、感涙ものの孝行息子である。それ以降も好調な販売台数を記録し、下半期のトップも奪取。

 また、スポーティ度を高めたNISMOバージョンも、走りにこだわるユーザーに愛され、販売好調だ。

 ワンペダルという新しい運転感覚で、街中を中心とした走りでは燃費もいい。日本のユーザーが食いつく要素が多く、まさに一発逆転。

 そして、e-POWERは今後の自動車用パワートレーンの有力候補のひとつに躍り出た。その第2弾のセレナは、間もなくベールを脱ぐ。

■ホンダ N-BOX 渡辺陽一郎

 初代N-BOXは2011年末に発売され、2013年/15年/16年/17年1~6月は軽自動車の販売首位に輝いた。

 日本でクルマを好調に売る鉄則は、ボディサイズと価格が手頃で、なおかつ「実用的なサプライズ」を備えること。車内が驚くほど広い、安全装備が先進的、燃費が超絶的に優れるなど多くのユーザーが強い魅力を感じる機能が必要だ。

 先代N-BOXはまさにこの典型で、当時の大ヒットモデル王者、タントに挑んだ。新開発のエンジンは前後方向の寸法を詰めて上下方向に長く、有効室内長を拡大した。ホイールベースはミドシップの三菱iを除くと軽自動車で最長の2520mm。車内は抜群に広く、N-BOXを初めて見た人は必ず驚いた。

 スライドドアの開口幅も640mmで、燃料タンクは前席下に搭載するから荷室の床が低く、リアゲート開口部の荷室床面地上高は480mmに収まる。だから自転車を積む時も前輪を大きく持ち上げる必要がない。

 さらに、この特徴を外観でも表現。全高は1780mm高く、ドアパネルの上下幅を厚く見せることで、外観にミニバンのような強い存在感を持たせた。大きな魅力だ。

 ライバルのタントも車内が広く、2代目は中央のピラーがない構造にして開口幅を1490mmに広げた。乗降性は抜群だ。

 パレットはボディが軽く走りと燃費が優れていた。……と、当時の各車に特徴はあったが、「売れる鉄則満載」のN-BOXは表現もストレートで顧客の購買意欲をグッとつかむことに成功。

 また当時はダウンサイジングの傾向が顕著になり始めた時期で、ステップワゴンやフィットからN-BOXに乗り替えるユーザーも急増。ホンダでは上級車種の保有台数が多く、これも初代N-BOXが好調に売れた理由だ。

次ページは : ■スズキ ハスラー 片岡英明

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ