タクシーのマナー 死亡事故増える現状は改善できるか?


2020年の東京五輪開催まで間もなくあと2年を切る。五輪開催で注目を集める“車”といえば、外国人観光客も利用するであろうタクシー。だからこそ考えたいのが、タクシーのマナーだ。

国土交通省がまとめた最新の「事業用自動車の交通事故統計の概要」によれば、平成19年から平成28年の10年間で全体の交通事故死者数は減少した一方、タクシーによる交通事故死者数は増えている。目下、平成24年から28年まで5年連続で増加中だ。

また、乗合バス・貸切バス・タクシー・トラックの各種でみた走行距離1億kmあたりの交通事故死者数でも、昨今安全性が話題となった貸切バスに次いでタクシーの数値は2番目に高い。今、ニッポンのタクシーのマナーが問われている。

文:渡辺陽一郎/Photo:Shutterstock.com


タクシーと乗客、2つの視点で考えたいマナー

事業用
事業用自動車の交通事故統計の概要(平成28年)/出典:国土交通省。トラック等の事故死者数が減少するなかタクシーは増加に転じている

皆さんとタクシーの間には、2つの接点があると思う。

ひとつ目はクルマのドライバーとして、公道をタクシーと一緒に走る時。ふたつ目は、乗客としてタクシーを利用する時になる。この2つの接点が混ざり合って、タクシーのイメージを構成している。

タクシーについては、しばしば「マナーが悪い」という批判が聞かれる。一時停止の標識を守らずに徐行しながら通過するタクシーを時々見かけるが、これは運転マナーの問題というより、「指定場所一時不停止」という交通違反だ。

また2車線の中央を跨ぎながら走るタクシーも見かける。路上駐車の車両を避けて走りながら、手を上げている人がいたらすぐに停車できるが、円滑な交通の流れを妨げてしまう。後続車両のドライバーも苛立たせるから、危険も高まる。

このような交通違反をしてならないのは、一般車両も、タクシーのような旅客運送事業用の車両も同じだ。

その上でいえば、タクシーの場合は、旅客を安全に乗車させて運ぶ義務にも反する。クルマの運転は、職業ドライバーでなくても運転免許の必要な「業務」に分類されるが、社会通念でいえば、旅客運送事業のドライバーには一層の法令遵守が求められる。

タクシーには、プロとしてのスムーズで好感の持てる運転を見せていただきたい。

タクシーとの車間距離は空けるのがベター

法令遵守のためには、法定速度を守るのは当然で、道路状況によってはタクシーが周囲のクルマの流れに付いていけない場合もある。これは仕方ない。

特に空車のタクシーは、乗客を乗せる必要があり、速度を少し下げて走ることが多い。不意に停車することもあるため、クルマを運転している時は、タクシーの後ろ側を車間距離を詰めて走るのは避けたい。

タクシーが前方を走っている時は、いつ左側に停車するか分からないから、その心構えをしておく。そうすれば車間距離は自然に開き、タクシーの後ろで急ブレーキを掛けるような危険も避けられる。

そして、タクシーにはプロとしての運転が求められるが、一般道路上で乗客を乗車させたり降車させる負担も負う。周囲の車両が、ある程度はフォローすることが大切だ。それが欠けると交通事故の危険が高まる。目的は事故防止だから、一般ドライバーも少々のことは我慢したい。

次ページは : 交差点は乗降禁止なのに…問われる乗る側のマナー

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ