日本の200倍ってマジか!?? 年間100万台のクルマが盗まれる米国で特に古いホンダ車が狙われまくる理由

日本の200倍ってマジか!?? 年間100万台のクルマが盗まれる米国で特に古いホンダ車が狙われまくる理由

 日本の車両盗難は減少傾向にあり、年間5000台程度まで減っているが(それでも多いが…)アメリカはなんと年間100万台もクルマが盗まれている!! しかも最近は古いホンダ車の盗難が増えているという。アメリカの車両盗難事情とホンダ車が狙われる理由を深掘り調査した。

文/加藤久美子、写真/加藤博人

■アメリカでは日本の200倍、クルマが盗まれている

 日本における自動車盗難の認知件数は、2003年の6万4,223件をピークに年々減っており、2021年は5,182件とピーク時の1割以下にまで減少している。ちなみに「認知件数」とは被害届が受理された段階での台数で、その後発見された場合も含む。今年(2022年)の自動車盗難は2021年に比べて増加傾向にあり、現在発表されている2022年1-10月の『自動車盗認知件数』によると4750件となっていて、前年同期が4344件なので、406件増えている計算になる。約1割の増加だ。

 特に近年は国産旧車スポーツカーの盗難が目立っている。理由は海外でスカイラインやスープラ、FD(RX-7)など1980‐90年代スポーツカーの価値(流通相場価格)が爆上がりしていることが大きく関わっている。

 なぜ価値が上がっているか。それは北米における国産旧車人気はもちろんだが、来たる電動車時代に向かって、この先もう二度と生産されることはないであろう「高性能のガソリンエンジン」に世界中で注目が集まっているからだ。それらの高性能ガソリンエンジンを搭載したクルマの価値が急騰するのも、当然と言えば当然だろう。

 もちろん、サプライチェーンの問題によって新車の納車に相変わらず時間がかかり、中古車全体の価格が上がっていることもある。

 さらに円安の影響も大きい。日本で盗まれたクルマたちは、旧車スポーツカーはもちろん、CANインベーダーなどの最新手口でごっそり盗まれるレクサスやランドクルーザーなど新しめのSUVも、多くが海外に密輸されている。

 対するアメリカはどうか。全米保険犯罪局(NICB)の調べによると、2021年の盗難台数は約100万台! 2020年は81万台だったのでプラス20万台という状況となっている。そして2022年は1-9月で74万5,000 台を超える車両が盗難に遭っている。この勢いで行くと2022年は100万台突破が確実だろう。実に日本の200倍近いという恐ろしい数字になっている。

 では、そのアメリカではどんなクルマが盗まれているのだろうか。NICBが公表している最新データ「2021年米国で最も盗まれた車両トップ10」をご紹介しよう(表1)。

(表1)2021年米国で最も盗まれた車両トップ10(全米保険犯罪局(NICB)調べ)
(表1)2021年米国で最も盗まれた車両トップ10(全米保険犯罪局(NICB)調べ)

 こうしてみると、トラック系(ピックアップ)とジープ以外はすべて日本車となっている。なかでもホンダは3位シビック、4位アコード、8位CR-Vと、3車種もランクインしている。そしてホンダ車に共通するのは最も多く盗まれた年式がいずれも20年以上前のものということだ。いっぽう、トヨタカローラや日産アルティマは最も多い年式が2020年前後と新しい。

 古いホンダ車の盗難が多い、というのはいまに始まったことではない。NICBのデータから2010~2020年に盗まれたクルマのランキングと最も多い年式について紹介しておきたい(表2参照)。

(表2)2010~2020年に盗まれたクルマ(全米保険犯罪局(NICB)調べ)
(表2)2010~2020年に盗まれたクルマ(全米保険犯罪局(NICB)調べ)

なんと、1-2位はアコードとシビックである。2010‐2020の累計盗難台数は思わず二度見してしまうがアコードは51万3025台、シビックは47万1327台。この2車だけでも100万台近くが盗まれていることになる。

次ページは : ■古いホンダ車が数多く盗まれている理由

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します