日産とホンダがINFINITI、ACURAを日本導入しない理由と事情


■もしも日本へ導入されたならどうなる?

 正直なところ、INFINITIやACULAが日本導入されたとして、そのことについて騒ぐのは自動車メディアと一部のマニアだけではないだろうか。

 また、騒いだところで、せっかく導入したこれらのブランドのクルマがそれほど売れることはないだろう。なぜなら「INFINITI」も「ACULA」も”北米で売るために立てたブランド”なのだから。

 過去にINFINITI Q45がそれなりに売れたというのも、バブル経済が強烈な追い風となったためだ。「柳の下にいつも泥鰌はいない」のだ。

■まとめ

 高級車チャンネルを出すのならば、国内専用ブランドを立ち上げる方がよっぽどいい、と筆者は考える。

 それはNISMOやMUGENのようなチューニングカーとも違い、ジャパンクオリティを突き詰めた『新ブランド』の提案である。海外の方から見て羨ましがられる程に作りこまれた、ジャパンプレミアムなブランドがあってもよいのではないだろうか。例えるならば、トヨタのセンチュリーGRMNのように。

トヨタ自動車の豊田章男社長が社用車として使用しているセンチュリーGRMN。現時点で市販する予定はないそうで(残念!)、東京と名古屋に1台ずつ、計2台がこの世に存在する