「ロッキー3兄弟」生産再開へ!! 国交省お墨付きもダイハツには厳しい道のりが待ち受ける

「ロッキー3兄弟」生産再開へ!! 国交省お墨付きもダイハツには厳しい道のりが待ち受ける

 2024年2月16日ダイハツが自社が生産するロッキー、そしてOEM車のトヨタ・ライズ、スバル・レックスの生産再開をアナウンスした。今後の動向も気になるクルマだが、生産と出荷再開がダイハツにとってのゴールとはならないようだ。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ダイハツ、編集部

■生産再開も待ち受ける茨の道

ロッキー3兄弟の生産/出荷が再開された
ロッキー3兄弟の生産/出荷が再開された

 一連のダイハツの不祥事で生産が止まっていた登録車のロッキー、そしてOEM車のトヨタ・ライズ、スバル・レックスの生産と出荷再開がアナウンスされた。

 国土交通省の立ち合い試験の結果、道路運送車両法に適合することが確認されたとして3車の生産が認可された形だ。

 しかしながら現状としてダイハツのブランドイメージはがた落ちとなっており、魅力的なラインナップの確保と同時に信頼回復への道を模索していくしかないのが現状だ。

トヨタライズも人気車種だけに販売現場の期待も大きい
トヨタライズも人気車種だけに販売現場の期待も大きい

 トヨタにとっても人気車種のライズが戻ってくることは歓迎だが、今回の騒動でライズがダイハツ生産ということを知ったユーザーも多く、販売店にとってもやや扱いにくい車種になる可能性もある。

 ダイハツ新体制が発表になりいろいろと生産/開発現場にテコ入れが入ることになると思うが、やはり販売店スタッフが矢面に立たされることはメーカーは肝に銘じてほしい。今後のダイハツ車はいかにしてまた日本市場で生き残りをかけるのか注目したい。

【画像ギャラリー】それでも大ヒット車を待つ人はいる!! 名車になれるかロッキー3兄弟(2枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!