なぜマツダは復活できたのか? カープ快進撃にわく広島にもその秘密があった!


 25年ぶりのリーグ優勝、そして日本シリーズ進出を決めた広島東洋カープ。

 今でこそカープ快進撃にわく広島の街だが、今から約70年前、広島は原爆による焼け野原だった。そのどん底の状況から市民とともに復興の道を歩んだのが、市民球団の広島カープであり、また地元の経済を支えたマツダ(東洋工業)であった。

 スカイアクティブ戦略をきっかけに復活をとげたマツダ、その根底に流れる「広島魂」にも光をあててみる。

 文:鈴木直也
ベストカープラス2015年8月17日号


マツダの危機を救った1本のビデオ!

 マツダにはブランドエッセンスビデオと名付けられた1本のビデオが存在する。

 下に紹介するが、シンプルなキーワードとともに、マツダが目指す方向性を示したものだ。このビデオの原型ができたのは2002年だが、今でも社内イベントなどの冒頭でこのビデオを流し、全社員が意識を共有するという。

 「走る喜び」「人馬一体」など今のマツダが推し進める戦略と商品(クルマ)がこの映像を見ると見事に一致していることがわかる。もう13年も前につくられたビデオなのにだ。

 2000年代のはじめ、マツダは大規模な早期退職を行なった。それと同じタイミングでできたこのビデオ。

 これを見て「マツダに残る」と決意した社員も多かったという。こんなシンプルなビデオが、マツダ復活のきっかけを作ったのかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=PBdrouLr388 →2019年現在は非公開

マツダを支える不屈のチャレンジ精神

 スカイクティブと魂動デザインの商品群で、近年快進撃を続けるマツダ。かつて何度も浮沈を繰り返し、危機のたびにに多くの仲間が会社を去った。

 2001年の早期退職プランでは、1800人規模の希望退職枠に対し、希望者が殺到する事態もあった。マツダは社員からも見放され、まさに瀕死の状態にあったわけだ。そんなマツダが、わずか15年足らずで、劇的な復活をとげる。

次ページは : マツダのどこにそんな底力があったのか。その秘密を振り返ってみよう。

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ