カロッツェリア 新型サイバーナビと最新のスピーカー群を発表! 今後の戦略とは

カロッツェリアの秋冬商戦の新製品が発表! サイバーナビと最新のスピーカー群から戦略を読み解く

 各社から発売されているカーナビの中で、一部に熱狂的なファンを持つのがパイオニアより発売されているカロッツェリア サイバーナビシリーズだ。その人気の秘密は、サイバーナビならではの独創的な機能にあるといえるだろう。

 市販商品として常にトップを走り続けているカロッツェリアブランドより、2021年の秋冬商戦に向けての新製品が発表された。

 一見オーソドックスに見える商品ラインナップではあるが、そこには同社の次世代に向けてのひとつの答えが見え隠れするのだ。

文/高山正寛 写真/パイオニア

【画像ギャラリー】カロッツェリア秋冬期新製品!! サイバーナビ&最新スピーカー登場!!


■サイバーナビの先進性は不滅

カロッツェリア AVIC-CQ912-DC

 まず最初は同社のハイエンドカーナビである「サイバーナビ」の新型である。

 今や当たり前になりつつある「カーナビと通信の融合」に関して、カロッツェリアは2006年に「スマートループ」というサービスを宣言、サイバーナビには翌2007年に搭載し、進化を続けながら現在に至っている。

 スマートループに関してはここでは多くは語らないが、車両からのプローブ(走行)情報を取得し活用、渋滞を避けた効率の良いルートを提案することで高く評価を受けてきた。

 当然今回のサイバーナビにも搭載されているわけだが、目的地に確実かつ早くナビゲートする機能に関しては継続と進化を続けており、その先進性は不滅とも言える。

■ネットワーク時代に即した新サービスへの対応

カロッツェリア AVIC-CL912-DC

 これまでも通信やエンタテインメント領域で新提案を続けてきたサイバーナビだが、新モデルにも注目機能が搭載されている。

 それがNTTドコモの車内向けインターネット接続サービスである「docomo in Car Connect」への対応である。

 このサービスはドコモが持つ高速データ通信網(LTE)を使い、同梱または別売りのネットワークスティックを接続することで車内にWi-Fi環境を構築できるというものだ。

 すでに2020年モデルのサイバーナビには搭載済みだが、3種類の定額料金プラン(1日500円、30日1500円、365日1万2000円(各税別)が用意され、いずれも高速データ通信が使い放題となる。

 昨今はYouTubeなどの動画、またサブスクリプションの音楽配信サービスなどが人気だが、これらを通信料を気にせず思う存分楽しむことができる。まさに「クルマのオンライン化」を実現したサービスとしてユーザーからの評価は圧倒的に高い。

 また、これらの機能を単体で実現できる車載用Wi-Fiルーター「DCT-WR100D」があまりの人気で一時期入手困難であったことからも、このサービスのニーズの高さは証明されている。

 さらにユニークな仕組みとして自宅に設置されたブルーレイレコーダー内の映像コンテンツを遠隔操作できる「レコーダーアクセス」機能を搭載。

 専用アプリ「DiXiM Play for carrozzeria」をスマホ側にインストールすることでコンテンツをわざわざDVDなどにダビングすることなく、サイバーナビ内でストリーミング再生ができる点も継承されている。

次ページは : ■AV機能の充実度はカロッツェリアの十八番