期待に届かぬアクアと好調ノートオーラ!! 買うならどっち?

夏のコンパクト戦線に異状アリ!? 期待に届かぬアクア vs 好調ノートオーラの戦況を分析

 この夏話題のコンパクトモデルといえば、満を持して7月にフルモデルチェンジを果たしたトヨタ アクアだろう。8月の月間販売台数は9442台と登録車3位につけており、まずは順調のスタートを切ったといえる。

 そんなアクアだが、この数字をもってしても期待されていた売り上げには届いていないという。その一方で8月に発売された日産ノートオーラが3週間で1万台以上を受注して好調な滑り出しを見せている。

 話題のハイブリットカーアクア対オーラの販売状況を分析する。

文/小林敦志、写真/ベストカー編集部、NISSAN、SUZUKI

【画像ギャラリー】コンパクトカー夏の陣を制するのはどっちだ!? トヨタ アクア&日産 ノート オーラ


■スタート順調の新型アクア! でも思ったより販売が鈍い!?

2021年7月、満を持してフルモデルチェンジを果たしたトヨタ アクア。8月の登録者販売台数は3位につけており、順調かと思いきや、想定した売り上げには届いていないようだ

 2021年7月19日に、2代目となる新型アクアが発売となった。初代アクアはデビューから10年間ラインナップを続け、モデル末期にはレンタカーやカーシェアリングへのフリート販売が目立っていたが、おおむね人気モデルとしてエンドユーザーがメインで購入し、ヒットモデルとなっていた。

 ただ初代ユーザーから、「改良される直前になると、『新車へ入れ換えませんか』とセールスマンから連絡がくる」として、「またセールスマンから新車への乗り換え案内が来たのだけど、何か改良が近くあるのか」と相談されたこともある。

 改良のたびに当該車ユーザーへ乗り換えを勧めるのは、セールスマンの大切な仕事。モデルレンジが長かっただけに、初代アクアを乗り継いできたユーザーの存在も初代アクアを長い間ヒット車の座にとどめたようである。

 10年間販売してきたので初代の既納ユーザーも多く、今回の新型が正式発売される前から乗り換えを進めて行くだけでも、発売前のバックオーダーを大量に抱えることになり、2代目もヒットモデル間違いなしと思っていた。

 だが、発売前に販売現場で話を聞くと「お客様の反応がいまひとつ鈍い」とセールスマンは頭を抱えていた。そして、発売後に再び販売現場をまわると、「ヤリスより納期は早いですよ」といった話を聞き驚いてしまった。

 デビュー直後のタイミングでトヨタのウエブサイトに載っている、“工場出荷目処”を見ると、“1から2カ月”となっている。ただ、9月下旬のタイミングで再び見ると、“2から3カ月“となっていた。

 現状では、半導体の供給不足や、ASEAN諸国での新型コロナウイルスの感染拡大が続いているなかで、ASEAN諸国の部品工場の操業停止などの悪影響が顕在化し、ASEANからの部品供給の停滞などもあり、国内の各完成車メーカーの工場も操業停止などが相次ぎ生産遅延が相次いでいる。

 発売直後から工場出荷目処が延びているのは、生産遅延の影響もあるだろうが、発売からしばらく経ち、新規受注もそれなりに積み上がってきていることが影響しているようである。

 自販連(日本自動車販売協会連合会)統計による、2021年8月単月の登録車通称名(車名)別販売ランキングが発表されている。7月にデビューした新型アクアでは初の1カ月フルカウントでの販売台数発表となる。

 新型アクアは9442台で、登録車のみでは、ヤリスシリーズ(ヤリスクロス含む)、ルーミーに次いで3位につけているが、月販目標台数の1万台には届かない結果となっている。

 しかし8月はディーラーがお盆休みを取るので稼働日数が少なく販売台数が年間でもかなり少なくなる月とされているほか、半導体など部品供給のトラブルなどもあるので、この数字だけをもって販売動向を語ることはなかなかできない。

■新型アクアには“華”がない!? セールスマンが語るホンネ

ハイブリッド性能ではヤリスを上回る新型アクア。しかし売れ行きには結びつかない。人を惹きつける『華』のようなものが足りないとセールスマンは分析する

 だが、それでもいまひとつ元気のない様子が伝わってくる。「統計数字ほど活発に売れている印象はありません。すでにレンタカーとしてフリート販売されるケースが目立つのですかねえ」という声も販売現場で聞くことができる。

 「新型アクアには“華”がありません。販売主力車種は新型ニッケル水素電池を採用し、EV走行(電気のみで走る)距離ではヤリスを凌いでいます。しかしそれだけなのです。ハイブリッド車に乗られるお客様のなかで、スペックを重視して新車購入を検討されるお客様はそれほど多くありません。

 “気に入ったスタイルなどのクルマにハイブリッドがあったから選んだ”といったノリのお客様も少なくありません」とセールスマンは語ってくれた。ヤリスにハイブリッドがあることも話を微妙なものにしているようだ。

 「プリウスからダウンサイズを検討しているお客様にはEV走行がヤリスハイブリッドより長いのは魅力のようですが、どちらを選ばれるかはお客様にお任せするようにしております。ただ若干ではありますが、アクアのほうが納車は早めになることはご案内しております」(前出セールスマン)。

 ヤリスクロスの大ヒットも影響しているようだ。初代アクアのころは、コンパクトサイズでハイブリッド車となるとアクアぐらいしかなかったが、トヨタ内でも人気のコンパクトクロスオーバースタイルのヤリスクロスがあるし、C-HRやカローラスポーツなども選べる。

 日産ではノート系やキックス、ホンダはフィット ハイブリッドやヴェゼル、スズキでもスイフトやソリオがある。つまり選択肢が多くなっているのである。

 そのなかで、オーソドックスなハッチバックスタイルを採用するアクアは、それだけでもやや不利となっているのである。販売環境が明らかに異なるのである。

 実際新型アクアのステアリングを握ると、“エンジンがよくとまる”ことに驚かされる。つまり活発にEV走行になるのである。とにかく粘るという印象が強く、従来モデルに比べエンジンがかかりにくくなっており、当然燃費性能も向上している。

 TNGA思想に基づくプラットフォームの採用もあり、走行性能も格段に質感がアップしている。しかし、“ただそれだけ”という印象を受けるのも確かであった。

次ページは : ■好調の日産 ノート オーラは『全部のせ』が人気