忘れがちだけど大事な燃費を伸ばすカーメンテ 4選

サボると寿命も燃費も縮むので要注意 忘れがちだけど大事な燃費を伸ばすカーメンテ 4選

 クルマには定期的なメンテナンスが必要。メンテナンスによってクルマをいい状態で保っておくことで、故障を防ぎクルマを長持ちさせるということはもちろん、燃費性能も維持することができます。クルマはそもそも劣化するもの、適正なメンテナンスを行ってこそ、本来の燃費性能を発揮するのです。

 ここでは、燃費に影響を与える4つのメンテナンス項目を取り上げ、燃費が悪化する要因と燃費を良くするメンテナンスについて紹介します。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:AdobeStock_ ponta1414
写真:写真AC、AdobeStock、HONDA、エムスリープロダクション

【画像ギャラリー】ついやってしまいがち!! クルマの寿命を縮めてしまうNG行為


タイヤ空気圧は月1チェックで適正値に

 クルマは、タイヤが回転するときに発生する、路面との摩擦力によって、動きます。摩擦力(転がり抵抗)が大きければ、グリップ力が強くなり加速性能や操縦安定性が向上しますが、燃費は悪化します。逆に摩擦力が小さいとグリップ力は低下しますが、燃費は良くなります。

 ゴムでできているタイヤは、微少ながら自然に空気が漏れだしており、走行していなくても徐々に空気圧は下がっていきます。空気圧が低下すると、タイヤが撓んで地面との接触面積が増えるため、摩擦力が増えて燃費は悪化します。空気圧が20%低下すると、燃費は2~5%程度悪化するといわれており、空気圧低下は燃費にとって軽視できないものです。

 またタイヤの表面は、走行距離とともに摩耗してトレッドの溝が浅くなります。溝が浅くなるに従い、徐々にタイヤの接触面積が増えるので、わずかながら燃費は悪化していきます。トレッド面の溝深さが1.6mmまで摩耗すると、タイヤ交換を促すスリップサインが露出しますが、このスリップサインが出たら新品タイヤに交換しなければならない、というのはみなさんもご存じのとおりです。

 また、燃費をさらに向上させる方法として、「タイヤの空気圧を規定値以上に上げる」ことや、「タイヤ交換の際に低燃費(エコ)タイヤや、タイヤをワンサイズ小さいものに履き替える」というものもありますが、確実に燃費を向上させることができる一方で、いずれも雨天時などでグリップ力が低下するリスクを伴うので、必ずプロに相談しましょう。

タイヤの空気圧は数ヶ月に1回はスタンドで確認しましょう。そのときに、トレッド面に石などを食い込んでいないかも、目視しておきましょう(PHOTO:写真AC_ JohnnyNayuta)

エンジンオイルは定期交換を

 エンジンオイルは、摺動部のせん断や熱、ピストンとシリンダー間からわずかに漏れ出す燃焼ガス(ブローバイガス)の侵入、水分や酸素による酸化などによって劣化することで、徐々に本来の性能が発揮できなくなっていきます。

 特に、劣化による影響が大きいのはオイル粘度の低下です。エンジンオイルの主要な役割は潤滑ですが、ネバネバのオイルからサラサラの黒ずんだオイルに変化すると、摺動部に適正な油膜が形成できなくなることで、摺動部品間で金属接触を起こし、摺動部のフリクションが増えて燃費が悪化します。さらに、摺動部が傷つき、最悪の場合はオイル切れで焼き付いてしまうことも。

 オイル交換時期は、クルマやエンジンの仕様によって異なりますが、メーカー指定値を守るのが基本です。一般的には、交換時期は10,000kmまたは1年程度。ただし、ターボ搭載車やシビアコンディションと呼ばれる厳しい条件で日常的に使用する場合は、交換時期は通常の半分程度にしなければいけません。

 純正オイルよりサラサラの低粘度規格オイルに交換すれば、燃費は僅かですが向上します。特に低温時に効果的ですが、一方で高温時の潤滑性能が低下するので、エンジンを高回転でブンブン回すユーザーにはお薦めできません。

月に1回は、レベルゲージでオイル量と汚れをチェック。黒ずんでサラサラになったら要注意。(PHOTO:写真AC_ Hic)

次ページは : バッテリーも定期交換が大事