愛車との生活をさらに充実させる! 2022年注目のカー用品4選!!


 2022年、注目のカー用品はどれなのか? そこで、ナニワのカー用品評論家である松平智敬氏に話を聞いたところ、「車内空気のクリーン化」「車内オフィス化」「安全サポート」「ワングレードアップ」という4つのキーワードが挙げられるという。

 というわけで、この4つのキーワードから選んだ、2022年お薦めのカー用品を紹介していきましょう!

※本稿は2022年1月のものです
文/松平智敬
写真/sharaku1216@AdobeStock、シャープ、ユピテル、パイオニア、データシステム、パナソニック
初出:『ベストカー』2022年2月10日号

【画像ギャラリー】まだまだある! 注目の最新カー用品をチェック!!(8枚)画像ギャラリー

■注目のカーアイテム/その1『車内空気クリーン化グッズ』

 2020年に引き続き、コロナ禍に明け暮れた2021年。ウィズ・コロナが当たり前の生活になってきたが、それはクルマの中でも同じことだろう。「車内は密室だから安心」とは言えなくなり、除菌・消毒をサポートするグッズが注目を集めているのだ。

「プラズマクラスター」のシャープと、「ナノイー」のパナソニックは、家庭用空気清浄機としても人気が高い。

 IG-NX15(シャープ)は同社独自の空気浄化技術である「プラズマクラスターNEXT」を搭載。車内で発生しやすいカビ臭・汗臭・体臭・食べ物臭・たばこ臭・ペット臭などを消すのはもちろんのこと、付着ウイルスの作用抑制にも貢献する。さらに、運転や仕事をする時に欠かせない、集中力の維持にも効果を発揮するのだ。

 F-GMK01 (パナソニック)は「ナノイー」による除菌・消臭機能を持つ。これは、空気中の水に高電圧を加えることで、生成されるナノサイズの微粒子イオンのこと。臭いの粒子やウイルスに吸着して、除去してくれる。この粒子は肌になじむから、潤い効果も期待できるとされる。

 また、再始動の際に当初の設定を記憶するメモリー機能を持つなど、便利機能も満載だ。

 どちらも、ドリンクホルダーに設置でき、シガーソケットから電源がとれる。同時に、USBケーブルで家庭用電源から使うことができるのは、オフィスのデスクやテレワークなどでの使用を、想定しているのだろう。このように、2022年はますますカー用品と家庭用品の垣根が、低くなっていくと思われる。


シャープ「プラズマクラスターイオン発生機 IG-NX15」(オープン価格)

■注目のカーアイテム・その2『社内オフィス化グッズ』

 戸惑いつつも、必要に駆られて進んだテレワーク。オフィスに行く機会が減り、外出先で仕事をすることも増えてきた。

 当然、クルマは走るオフィスとしての機能が求められるようになり、車載用Wi-FiルーターのDCT-WR100D(パイオニア)は必需品に格上げされている。ちょっとした通信ならスマホのテザリングでもOKだが、動画の閲覧やweb会議などを行うのであれば、このWi-Fiルーターがあると便利。

 ドコモから複数の料金プランが、用途に合わせて提供されている。カーナビや動画配信サイトと組み合わせることで、さらに楽しみ方の幅を広げることができる。


パイオニア「車載用Wi-Fiルーター DCT-WR100D」(希望小売価格 2万7500円/インターネット接続のLTEデータ通信料金は別途かかります)

■注目のカーアイテム/その3『安全サポートグッズ』

 クルマの機能が向上し、安全性は年々高まっているものの、トラブルや事故を完全になくすことは難しい。そこで、少しでもリスクを小さくするために、安全サポートグッズが話題になっている。

 全方面3カメラドライブレコーダーのmarumie「Y-3000」(ユピテル)は、新しい発想のドライブレコーダーだ。これまで全方面監視をする場合、360度カメラ1台で行われていたが、フロント1台・リア2台(後方向けと車内向け)と、合計3台のカメラでカバーをしている。

 これにより、画像の歪みが少ない状態で、前方・左右側方・後方のすべてを記録することが可能になった。また、前方車発進・車線逸脱・前方車接近・後方車異常接近などが発生した場合、ドライバーに警告をする安全サポート機能を持つなど、多機能化も図られているのだ。

 社会問題化しているアクセルとブレーキの踏み間違いは、発生すると大きな事故につながりかねない。新しいクルマには対策装置がついているものもあるが、多くはドライバーの技量に頼っているのが現実だ。そこで、後付けの安全装置が注目されるようになった。

 アクセル見守り隊 SAG297(データシステム)は、アクセルをベタ踏みした時に、急発進をしないようにアクセル信号を制御するというシステム。坂道・雪道などでシステムをキャンセルするオン/オフスイッチや、踏み間違いを起こしやすい速度を作動範囲に設定できるなど、機能性も非常に高い。

ユピテル 全方面3カメラドライブレコーダー marumie「Y-3000」(オープン価格)

次ページは : ■注目のカーアイテム/その4『ワングレードアップグッズ』

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ