【絶滅危惧種か、新時代の必需品か】カー用品灰皿の凄い進化

 灰皿は愛煙家にとって必要不可欠なアイテム。最近はタバコに火をつけたり、シガーライターや灰皿を備えるクルマも少なくなった。

 その一方で、カー用品店で主に販売されている灰皿は、車載の灰皿よりも機能性が高く、使い勝手もビックリするほどいいのだ。

 そこで、カー用品の灰皿はどんなものがあるのか? どれだけ進化しているのか、とことん取材してきたゾ!

文/野里卓也
写真/野里卓也 
取材協力/カーメイト


灰皿商品を扱うカーメイトはカーアクセサリー分野の老舗メーカー

本社は東京都の豊島区にあり国内には5カ所の営業所を設けている。また海外では中国やアメリカに関連会社を展開している

 カー用品の灰皿の最新情報を取材するべく、カー用品メーカーの最大手、東京都豊島区に本社を置くカーメイトに伺った。

 創業は1965年で、当時は後付け装着のヘッドレストでヒットを生み出し、現在まで灰皿やドライブレコーダー、それにルーフキャリアといったカー用品全般のほか、最近では自社開発のスマホのアプリケーションまで手がけている老舗のメーカーだ。

 ちなみに扱っている商品点数も2800点近くあるのだが、車内まわりのカーアクセサリーでは800点以上ものラインアップがあるというから驚きだ!

 同社にて灰皿商品の開発を担っている辰巳剛太郎さんと名塚拓哉さんに話を伺った。

灰皿だけで60点以上もの商品をラインアップ

 数多くのカーアクセサリーを製造しているカーメイトだが、同社で初の灰皿は今から47年前、1972年に最初の商品をリリース。

 それよりも前に吸盤で取り付けるタイプの商品があったが金属製で熱くなりやすかったこともあり、より安全に使用できる製品を発売したという。

 それから現在まで灰皿商品をリリースしているのだが、現在のラインアップは灰皿だけでなんと60点以上! 単色ではなくカラーが異なるモデルを用意するなど、バリエーションも豊富なのだ。

 「カーボン調のタイプが高い人気を誇っています」と辰巳さん。カーボン調ではあるが、以前のようなプリント感があるタイプではなくリアルカーボンに近い模様を再現しており、質感を高めているという。

アクセサリーグループエアコンフィルターグループプロダクトマネージャー、辰巳剛太郎さん。1998年入社。これまでカーアクセサリーのほかケミカル、それにエアコンフィルターやベビーカーなどを手がけており、現在はマネージャーとして部署をまとめている
アクセサリーグループ プランナー、名塚拓哉さん 。2011年入社。灰皿のほか、ドリンクホルダーや後付けミラーなど車内まわりのカーアクセサリーなどを担当。趣味はもちろんクルマで愛車のシビックとCR-Vを「USDMスタイル」でカスタム中

 現在のカー用品の灰皿は年間10億円もの市場があるそうで、同社ではカーアクセサリー市場の中でも、売れゆきのトップであるスマホホルダーに次いで、2番目に重要な市場と考えているという。

 それでは、現在の売れ筋モデルとロングセラー商品から紹介していこう。

1972年頃の同社のカタログ。写真中央が当時発売していた灰皿。この頃からクルマの中も外も含め、アクセサリーを数多くリリースしていたのがわかる
カーメイトのHPでは灰皿商品を紹介しているが、その数は62点!(2019年7月時点。生産を終了した市中在庫商品含む)

●灰皿の売れ筋商品は?

 フタを開けると内部のLEDランプが点灯、夜間でも使いやすい灰皿。電源はフタ上部にあるソーラーパネルから確保。上部分割で内部の水洗いも可能。

●ベストセラーモデルはこちら

 愛煙缶と名が付くとおり、愛煙家にとっては使い勝手の良い機能を満載した灰皿。ソーラーパネルのよるLEDランプのほか、片手で操作できるワンプッシュオープンを採用。

 ちなみに愛煙缶シリーズは定期的にバージョンアップしており、初代の発売から14年を経てもロングセラーモデルとして愛されている。

同商品の内部だが、火消し用に右側に穴が設けられており、灰詰まりを防止するためにフタを開けると連動して灰を下に落とす仕組みになっている。この機構は特許を取得しているとのこと

灰皿の形状がカップホルダーに収まるタイプなのはなぜ?

吸い殻の匂いをカットする防臭設計で、ロックレバーが付くことで誤動作を防止 。 ロック機構が付いて、中の素材が防臭なのは【DZ418 ロックアッシュトレイ レッド】のみ
外観にはフェノール樹脂を使用しており高い耐火性能を誇っている。持ち出しやすいように開閉機構の部分は指が掛かりやすい形状になっているのも特徴

 ところで、現在の灰皿の形状はクルマのカップホルダーに収まる丸いタイプがほとんど。

 いつ頃からそうしたタイプが出始めたのか、辰巳さんに伺うと「1995年からクルマに標準でカップホルダーが付き始めた頃からだと思います。

 その以前から、カーメイトではエアコンの吹き出し口に装着するタイプのカップホルダーを発売しており、それに収まる灰皿を発売していました。

 そうした商品をリリースしていたこともあり、カップホルダーに収まるタイプの灰皿は自然と主流となりました」という。ちなみに同社の灰皿は一部商品を除き国産、輸入車問わず車載に標準のカップホルダーには全て収まるそう。

 というワケで、現在の主流であるカップホルダーに収まるタイプが出てきたのだが、もうひとつ大きな理由があるという。

 「外へ持ち出す用途も想定しています」というのは名塚さん。「市場調査ももちろん行なっていますが、開発陣も街中を歩いて常に観察しており、それで分かったのが車外で喫煙している人が意外と多いことです。

 そうしたユーザーに向けて車外にも持ち出せるように、しっかりとフタが閉まるように設計。パッキンも装着して中身がこぼれないようにしています。

 あと、持ちやすいようにフタに指がかかりやすいカタチにしています」と、続ける。家では喫煙できない“ホタル族”にとっても重宝されているとか。

 たしかにカップホルダーに収まるタイプは丸形で持ち運ぶにはちょうど良いサイズ!! 

 余談だが、同社商品を始めとしたカー用品の灰皿は建設・建築現場で働く職人さんの間でも、持ち運びする道具の中へ一緒にしまえるアイテムとして重宝されていることも付け加えておきたい。

タバコの消火の好みに合わせて豊富なバリエーションを用意

 先にカーメイトでは灰皿の種類が豊富と伝えたが、タバコを吸う人はそれぞれ好きな味があるように、消し方だって好みがある。

 例を挙げると、もみ消す方が良い人と、灰皿の中に入れておくだけで自然消火が良い人など、消し方だっていろいろあるのだ。

 そんな消火方法に答えるべくさまざまなタイプを用意していることもあり、種類を豊富に用意している。

 なお、カーメイトの灰皿の中でもフラッグシップモデルとも言うべき、水で消火するタイプもラインアップ! 

 他社にはないオリジナルの灰皿で、電池やソーラーパネルを使った電力は使わないアイデアに驚くこと間違いなし!

●水で消火するタイプ

 内部に水タンクを内蔵。蓋を開けると同時に受け皿に水が出てタバコを消化できるカー用品の灰皿では唯一のアイテム。

 裏側から水を注水するタンクには1回の給水で約60回分の消火ができる。なお、水の量が多すぎるとニオイが出るため、火種のみを消す量に設計されている。

水を噴出するポンプはフタの下部に設けられてフタと連動しており、開ける度にタンクから水を、受け皿に圧送するような仕組みになっている

●もみ消して消火するタイプ

 もみ消し部分に高価なパンチングプレートのステンレス素材を使用したタイプ。表面には加工が施されており、タバコが消しやすく灰も詰まりにくいように最適化しているそう。

 開発した名塚さんによれば「もみ消し部分は某量販店で販売している穴あきスプーンを使ってテスト&トライをしています。ちょうど良い形状だったのですよね」と笑う。

もみ消しのステンレス部分も微妙な曲面を形成しており、内部のLEDライトの反射を抑えている

●自然消火タイプ

 吸い殻を中へ落とすと、窒息消火(火の元である酸素が絶たれる)によって自然と消火するタイプ。パッキンを装着して密閉感を向上させており、本体も水洗いができる。

社内では厳しい耐久試験があり、悪路を走らせた走行試験もある

 商品の数や機能性などを取り上げてきたが、それらは市販化されるまでに自社でかなり高いハードルを設けているという。

「私たちメーカーにとっては年間数万個生産するウチのひとつですが、お客さんにとっては唯一であり大事な商品。なので、試験は厳しい自社基準を設けています」と辰巳さんは言う。

 灰皿の耐火性や車内で使用時の状況を考えた性能チェックでは火の付いたタバコを大量に(実際に数を聞いたらビックリする!)灰皿へ入れて、それをしばらくそのまま放置させて灰皿の中身はもちろん、外側にまで影響が出ていないかシビアにチェックしているという。

 「もしも、灰皿が燃えてしまうと車内へ火が伝わってしまうのでそこは厳しく見ている」と辰巳さんは続ける。

 もちろん試験はこればかりではない。灰皿のフタを何回も開閉して耐久性の確認を行なうのだがそれも社内でおこなっているという。繰り返し開閉させているそうだが、その数は数万回におよぶものだというから驚きだ。

 一方では、車内に灰皿を設置し実際にクルマを走らせて『悪路試験』なるものも行なっている。

 名塚さんによると「場所は明かせませんが社内で指定した砂利道です。そこで、凹凸のある道を走らせて灰皿の動きや音などを確認しています。

 しっかりとしたデータが取れるのでそこの道路は社内でもテストコースとして認知されています」と説明する。

業界に先駆けて加熱式タバコ向けの灰皿もリリース!

左の2モデルがIQOS専用で、右がglo専用。いずれも電源はmicroUSBケーブルの差し込み口があり、充電中はLEDのインジケーターで知らせるようになっている。左から【DZ429  IQOS専用スタンド ネイビー】価格2,700円(市場価格)。
【DZ510  IQOS専用スタンド カーボン調 ブラックメッキ】価格3,024円(市場価格)。【DZ497  glo専用ホルダー シルバー】価格2,700円(市場価格) 。

 話は変わって、最近のタバコ関連での話題は加熱式タバコが増えてきたことだろう。

 カーメイトの資料によれば、2018年で紙巻きタバコを含めた全体のシェアでは加熱式タバコは2割超に、2020年には3割を超えるという。

 そんな加熱式タバコに特化した灰皿もラインアップ。本体の置き場所を確保して、しっかり充電。ヒートスティックも一緒に置けて、もちろん吸い殻も内部へ捨てることができてさらに、夜間でも使いやすいように照明用のLEDまで装備するというマルチな専用灰皿なのだ。

 ちなみに同商品は2017年に業界に先駆けて発売されたのだが、それ以来同タイプの灰皿はオールインワンモデルと呼ばれ、業界をけん引する商品になったとか。

加熱式タバコの灰皿商品はまだまだ伸びていく!

 最後にもうひとつ。近年ではHVやEVが新車販売の中心になってきた。そうしたクルマが出始めてきたことで灰皿商品で思いがけない要望が出てきたという。

 「車内の静粛性への要求が一段と高くなっています。加熱式タバコ関連の商品でもカップホルダーに設置したときに『カタカタ』という音が気になるというユーザーからの声もあり、外観にエラストマーという衝撃を吸収する軟質素材を使うことで、音が出ないようにしています」と、名塚さん。

 加熱式タバコ関連の商品は名塚さんが手がけているそうで、力の入れ具合は相当なもの! 

 今後の灰皿商品ついて辰巳さんは「加熱式タバコのシェアが拡大していることで、これらの商品をどんどん市場に新製品を投入していきます。

 まもなく新しい商品が出ると思いますが、そちらも業界をアッと言わせるような商品です。ご期待ください」とのこと。どうやら今度の新商品はさらに凄いことになっていそう。どんな商品か楽しみだ!

「今夏に加熱式タバコ向けの新商品を出します! 手に持っているオールインワンのマルチタイプが現在の人気商品ですが、それに勝る商品だと思います!」(名塚さん)
まもなく発売される新商品をベストカーWEBだけ特別公開! 期待して待つべし!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ