【絶滅危惧種か、新時代の必需品か】カー用品灰皿の凄い進化


 灰皿は愛煙家にとって必要不可欠なアイテム。最近はタバコに火をつけたり、シガーライターや灰皿を備えるクルマも少なくなった。

 その一方で、カー用品店で主に販売されている灰皿は、車載の灰皿よりも機能性が高く、使い勝手もビックリするほどいいのだ。

 そこで、カー用品の灰皿はどんなものがあるのか? どれだけ進化しているのか、とことん取材してきたゾ!

文/野里卓也
写真/野里卓也 
取材協力/カーメイト


灰皿商品を扱うカーメイトはカーアクセサリー分野の老舗メーカー

本社は東京都の豊島区にあり国内には5カ所の営業所を設けている。また海外では中国やアメリカに関連会社を展開している

 カー用品の灰皿の最新情報を取材するべく、カー用品メーカーの最大手、東京都豊島区に本社を置くカーメイトに伺った。

 創業は1965年で、当時は後付け装着のヘッドレストでヒットを生み出し、現在まで灰皿やドライブレコーダー、それにルーフキャリアといったカー用品全般のほか、最近では自社開発のスマホのアプリケーションまで手がけている老舗のメーカーだ。

 ちなみに扱っている商品点数も2800点近くあるのだが、車内まわりのカーアクセサリーでは800点以上ものラインアップがあるというから驚きだ!

 同社にて灰皿商品の開発を担っている辰巳剛太郎さんと名塚拓哉さんに話を伺った。

灰皿だけで60点以上もの商品をラインアップ

 数多くのカーアクセサリーを製造しているカーメイトだが、同社で初の灰皿は今から47年前、1972年に最初の商品をリリース。

 それよりも前に吸盤で取り付けるタイプの商品があったが金属製で熱くなりやすかったこともあり、より安全に使用できる製品を発売したという。

 それから現在まで灰皿商品をリリースしているのだが、現在のラインアップは灰皿だけでなんと60点以上! 単色ではなくカラーが異なるモデルを用意するなど、バリエーションも豊富なのだ。

 「カーボン調のタイプが高い人気を誇っています」と辰巳さん。カーボン調ではあるが、以前のようなプリント感があるタイプではなくリアルカーボンに近い模様を再現しており、質感を高めているという。

アクセサリーグループエアコンフィルターグループプロダクトマネージャー、辰巳剛太郎さん。1998年入社。これまでカーアクセサリーのほかケミカル、それにエアコンフィルターやベビーカーなどを手がけており、現在はマネージャーとして部署をまとめている
アクセサリーグループ プランナー、名塚拓哉さん 。2011年入社。灰皿のほか、ドリンクホルダーや後付けミラーなど車内まわりのカーアクセサリーなどを担当。趣味はもちろんクルマで愛車のシビックとCR-Vを「USDMスタイル」でカスタム中

 現在のカー用品の灰皿は年間10億円もの市場があるそうで、同社ではカーアクセサリー市場の中でも、売れゆきのトップであるスマホホルダーに次いで、2番目に重要な市場と考えているという。

 それでは、現在の売れ筋モデルとロングセラー商品から紹介していこう。

1972年頃の同社のカタログ。写真中央が当時発売していた灰皿。この頃からクルマの中も外も含め、アクセサリーを数多くリリースしていたのがわかる
カーメイトのHPでは灰皿商品を紹介しているが、その数は62点!(2019年7月時点。生産を終了した市中在庫商品含む)

●灰皿の売れ筋商品は?

 フタを開けると内部のLEDランプが点灯、夜間でも使いやすい灰皿。電源はフタ上部にあるソーラーパネルから確保。上部分割で内部の水洗いも可能。

●ベストセラーモデルはこちら

 愛煙缶と名が付くとおり、愛煙家にとっては使い勝手の良い機能を満載した灰皿。ソーラーパネルのよるLEDランプのほか、片手で操作できるワンプッシュオープンを採用。

 ちなみに愛煙缶シリーズは定期的にバージョンアップしており、初代の発売から14年を経てもロングセラーモデルとして愛されている。

同商品の内部だが、火消し用に右側に穴が設けられており、灰詰まりを防止するためにフタを開けると連動して灰を下に落とす仕組みになっている。この機構は特許を取得しているとのこと

次ページは : 灰皿の形状がカップホルダーに収まるタイプなのはなぜ?