雪道を愛車で長距離移動!! そんな時スタッドレスがレンタルできるって知ってた?


 2022年1月に入り、降雪が全国で猛威を振るっている。そのため連日どこかの道路が雪のために規制され、スタッドレスが必須となっている。

 しかし雪国以外のクルマユーザーは、必ずしもスタッドレスなどを持っているわけではないだろう。それでも急な仕事やレジャーで降雪地帯に出かける場合に便利なサービスがある。それがスタッドレスタイヤのレンタルサービスだ。

 今回はそんなサービスを実施している、アップガレージの練馬店を取材した。

文・写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】降雪地帯に出かける際に便利なスタッドレスタイヤのレンタルサービスを画像でチェック(20枚)画像ギャラリー

■中古パーツ店はクルマ好きの強い味方!

首都圏でもこうなることはあるので準備は必要です

 筆者はクルマいじりが大好き。タイヤにホイールにケミカル用品などなど、たくさんのモノを試してきた。仕事柄年間3万kmほどは走行し、愛車自体も2年ほどで乗り換える。

 そんなカーマニアの強い味方が、中古カー用品店のアップガレージだ。安めの中古車を購入後に中古部品で治したり、インチアップしたりして楽しみながらいじる。全国で241店舗もあるうえにネット通販も可能。各店舗で部品の「程度」がチェックされているので購入しやすい。

 つまり、届いてみて悪いほうに驚くこともある某オークション等よりも信頼できるのだ。そんなわけでアップガレージ「LINE登録会員」にもなっている筆者に年末、あるお知らせが届いた。

 「スタッドレスレンタルの予約はお早めに……」と記されていたのだ。思わず二度見。消耗品であるタイヤのレンタルがあるとは! けど確かに年に1~2回だけ使えばOKという人はたくさんいるはずだ。これは革新的なサービスなのでは?

 しかもアップガレージならホイールのラインナップは超絶豊富。各店舗にピットガレージもあるので素早く作業もしてくれるはず! いいことづくめじゃないか!

 ということで東京都練馬区の環八と笹目通りの分岐点のすぐ近くにある「アップガレージ練馬店」に取材に伺った。おお~! この店の前の道路はバブル時代に「関越道前スキースノボ渋滞」が頻繁に起きていた場所そのものじゃないですか! と、取材対応してくださった、アップガレージ本社の山下隼さん(アラサーイケメン)に話すとポカーンとされた。そうですね、そんな35年も昔のこと、知りませんよね、とほほ。

■スタッドレスタイヤのレンタルサービスとは?

アップガレージのピットでの安心作業

 まずはレンタルシステムが始まった経緯を聞いた。

 山下さん「ホイール付きスタッドレスのレンタルを始めたのは7年ほど前なんです。その時は中古品店頭販売価格をもとに、期間に応じた価格設定での貸し出しでした。その2~3年後にサイズのラインナップを増やして本格的に始めました。

 現在は販売する予定のモノを貸し出すのではなく、レンタル専用のホイールにKENDAのスタッドレスタイヤを装着して貸し出しています。タイヤはお客様から買い取ったものではなく、うちで新品タイヤとしても扱っているブランドです。

 2年前後でニュータイヤに交換していますので、運が良ければ新品を借りることもできますね。タイヤサイズだけでなく、ホイールはPCD(ボルト間の距離や穴の数など)やオフセットなどいろんな種類がありますが、主要な車種、6プランを基本にそろえてありますので、多くの方にご利用いただけると思います。

 その年の雪の多さにもよるのですが、ここ数年、倍増、3倍増の勢いでご利用者数が増えてきてまして、大好評なんです。ダントツで多いのは、ノア・ボクシ―、ステップワゴン、プリウス等々に使用する15インチのサイズですね。

 出張や帰省、レジャー等のお客さまが多く、7泊8日のプランの方が人気です。うちの特徴としては、別料金にはなるのですが、貸し出し期間中もともと履いていた夏タイヤをお預かりできることです。よってこの練馬店なら、関越道に乗る前にピットインして最短15~20分ほどでタイヤ交換してスキーに行く!ということも可能です!」

スタッドレスレンタルの価格表。タイヤホイール脱着工賃4,400円(税込)が別途かかる。一度愛車と適合するか問い合わせてみよう

 おお~、もちろん予約や支払い等の前準備は必要とはなるが、オジサン(筆者)のイメージどうりですね。

 山下さん「ここ練馬店だけでなく、関東圏を中心に23店舗でやっていますので……(苦笑)。今シーズンのデータですと……千葉中央店や横浜戸塚店の貸し出し数が多いようですね。各店舗で各種ラインナップしていますが、セット数にも限りがありますので、お早めに電話予約されることをお勧めします」

次ページは : ■実際にレンタルして試してみた!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ