【なぜこれほど進化した!?】スタッドレスタイヤ 驚異の進化と賢い買い方

 雪道で車の安全を左右する「スタッドレスタイヤ」が、近年飛躍的に進化している。

 スタッドレスタイヤの進化の凄さは、ある日突然性能アップしたわけではなく、モデルチェンジするごとに、積み重ねるように着実な進化を続けてきたところにある。しかし、その地道な積み重ねで、ひと昔前とは別物といえるほど進化を遂げた。

 雪国では身近ながら、雪に慣れていない地域のユーザーにとって“近いようで遠い”存在の最新スタッドレスタイヤは、具体的にいったいどこが、どのように凄いのだろうか。

 日欧大手メーカーのタイヤを例に挙げながら、スタッドレスタイヤの歴史と進化、そしてその最新事情と賢くタイヤを選ぶコツも合わせて解説する。

文:斎藤聡/写真:編集部


当初は課題も多かったスタッドレスの性能

かつての冬用タイヤといえば、鋲(びょう)=スタッドが埋め込まれている「スパイクタイヤ」だったが、路面の損傷やそれによる粉じんの発生が問題となり、スタッド“レス”タイヤにシフトしてゆく

 周知のように、事の発端は1980年代に起こった「スパイクタイヤ」による粉塵問題。そのため1991年3月でスパイクタイヤの販売が禁止になる。その少し前からスパイクタイヤに代わるタイヤとして「スタッドレスタイヤ」の開発が始まった。

 各社1985年くらいからスタッドレスタイヤを本格的に作り出した。1980年代は(タイヤの)ゴムを氷雪路面に対応させるため柔らかくする方向で開発が進められていた。そのため当時のスタッドレスに乗ると、100km/hのレーンチェンジで修正舵が必要なくらい“グニャ付き”や、“ヨレ感”が強くあった。

 1991年の年末から本格的にスタッドレスタイヤの時代に突入。するとすぐに問題になったのが、スタッドレスタイヤによって凍結路面が磨かれ出現する「ミラーバーン」。北海道で出現し大きな衝撃とともに話題になった。

 そのため、より氷雪性能を高めたソフトなゴムを搭載して、氷雪性能に特化した北海道、東北限定モデルが発売される。

 この限定タイヤは、絶対的な氷雪性能の不足を感じるユーザーからの強い要望があり全国展開になったりした。ダンロップの「グラスピック PW806」やヨコハマの「ガーデックス・HYBRID」などがそれ。

スタッドレスの成熟と明らかになった新たな問題

こちらはダンロップのスタッドレスタイヤ。タイヤ表面にあるゴムのブロックに細かいギザギザが見えるが、これが「サイプ」と呼ばれる極細の溝で、特に凍った路面での性能に大きく寄与

 1990年代半ば、氷の路面がクローズアップされるようになると、タイヤが氷の路面で滑る要因は、タイヤと氷の路面の間の薄い水膜にあることがわかってくる。その結果、各社“除水性能”に力を入れるようになる。

 1994年にブリヂストンは気泡の入った「ブリザック MZ01」を発表。吸水性能をいち早く打ち出し、ここから発泡ゴム技術をコアに、独自の進化を始めることになる。

 これに対してダンロップは1995年に「グラスピック HS-1」で水を弾いで除水する撥水ゴムを発表。

 ミシュランはタイヤ表面にある極細溝の性能に着目し、1995年にY字サイプ(=極細溝)の「Wエッジ」を発売。磨耗後に極細溝が増え、ブロックの柔軟性が保たれるというのが謳い文句だったが、じつは極細溝のスポイト効果による吸水性能を狙っていたのではないかと思われる。

 また、ミシュランは、早期からギザギザの極細溝を採用し、優れたひっかき性能を備えていたが、実はギザギザの極細溝は製造が難しく、他メーカーが早期には追随できないものだった。

 各社がギザギザの極細溝を採用することになって明らかになるが、吸水・除水性能が上がり、ゴムと氷の路面の密着性が高まってくると極細溝の総延長が、氷をひっかく性能に大きな効果があることが分かってくる。

 ここまでスタッドレスタイヤが成熟してきたことで問題になるのが、ブロックの倒れ込みによる実接地面積の減少(≒グリップダウン)と、ドライ路面でのヨレ。

 1997年にミシュランは、“Zサイプ”という深さ方向に凹凸のある立体極細溝付きの「マキシアイス」を発表。ブリヂストンも3Dサイプを採用した「ブリザック MZ03」を発売する。

 ダンロップとヨコハマは少し遅れて、2002年にダンロップがミウラ折りサイプを採用した「グラスピック HS2」を、ヨコハマは2005年にピラミッドサイプを採用した「アイスガード IG20(愛称=アイスガードブラック)」を発表する。

 このあたりになるとグニャつくような乗り味のスタッドレスタイヤはほぼなくなった。ソフトなゴムを採用しながら3Dサイプによって、加減速コーナリング時のブロックのヨレを最小減に抑え、乗り味がぐっと良くなったのがこの頃。

最新スタッドレスは雪道以外での性能・寿命も劇的に進化

写真は2012年に発売されたブリヂストン「ブリザック」で、雪のない路面をテストした時のもの。近年のスタッドレスは、ドライ路面での性能や寿命など総合性能が大きく向上している

 そして、2008年頃からこれまで培ってきた様々な技術やノウハウを基盤に総合性能の競争期に突入する。

 氷雪性能はもちろん、乾燥路面でのハンドリング、耐摩耗性、耐偏摩耗性、ウエット性能、シャーベット性能、耐性能劣化性能などがまとまりを見せ、現在のスタッドレスタイヤへと進化してきた。

 そういう意味で最後のターニングポイントとなるのは、2008年頃だろう。2009年、ブリヂストンは左右非対称パターンの「ブリザック REVO GZ」を発表。接地面の部位に機能性を持たせさらなる性能向上を図っている。

 ダンロップは「ウインターMAXX」でロングライフ性を大幅に向上。氷雪上性能にドライ性能、耐経年劣化性能も引き上げている。

 ヨコハマは温度変化によるグリップ性能の特性に着目して温度対応のスタッドレスタイヤ≒「アイスガードトリプル」を発表。

 ミシュランは、2008年にHレンジ(210km/h)表示のスタッドレスタイヤ「X-ICE XI2」を発表する。

 もちろん、これが完成形ではなく、さらに代が進むごとに性能に磨きがかかり、静粛性・省燃費性まで性能アップしている。

■スタッドレスを買うなら最新? タイヤ選びの注意点は?

 というわけで、かなり大雑把に約30年を追ってみたが、こんな具合に休むことなく、モデルチェンジごとにかなり大きな性能アップが果たされ、これが今も続いているのだ。

 最高のスタッドレスタイヤを買うなら最新に限る。ただ、一代前のスタッドレスタイヤでも十分に安心が買えると思う。

 もう一つ。私の尊敬する師匠の名言をひとつ。「タイヤはほぼ材料代なので、安いタイヤは何かが足りない」ということです。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ