R34スカイラインがキレッキレの走りに!! 旧車オーナー注目の「ネオチューン」


 旧車オーナーの悩みといえば、乗り心地の劣化。外観はピカピカでも、走周りは確実に経年変化が忍び寄っているもの。純正ショックのまま、専用のオイルとガスを交換するだけで、劇的に乗り心地が改善するとウワサのネオチューンを試すべく、自動車ジャーナリストの橋本洋平氏が、母のR34スカイラインをネオチューンの代理店、丸徳商会に持ち込んだ。

TEXT/橋本洋平 PHOTO/編集部

【画像ギャラリー】愛車の乗り心地を蘇らせたい旧車オーナー必見!! 「ネオチューン」の実力を画像でチェック!!(15枚)画像ギャラリー

■名車R34スカイラインをよみがえらせる!!

 純正ショックアブソーバーのオイルを抜き取り、専用のオイルに入れ替えることで、ノーマルとはまったく異なる自分だけの乗り心地が手に入るという「ネオチューン」。今回はそれを、我が家で24年も活躍し続けているR34型の4ドアスカイラインに施工してみることになった。実はこのクルマは私の母の所有物で、40代でまだ直線番長(笑)だった頃、スカイライン党だった亡き父(各世代を乗り継いだがR31時代を最後に他界)を思い、発表当日にオーダーをかけたという一台だ。

橋本洋平氏の母のR34スカイラインは1998年製の4ドアセダン、GTターボ4AT。走行距離は8万8000kmほどだ
ネオチューンは複筒式のダンパーを採用するモデルなら、ほとんどのクルマに施工できる。オイルだけのチューニングなので、ダンパー自体はノーマルのままだ

 ATながらターボで280馬力(本当に出ているのか怪しいが)を達成したスポーツセダンである。だが、オーナーとなる母も70代に突入。いまじゃ近場を、孫を乗せて走るのみの使用に限られており、ヤンチャな乗り味が続くのはどうかと思っていた。そんな矢先、このネオチューンに出会い、ならばぜひそれを試したいとなったわけだ。

■オイルのブレンドによって10種類の乗り心地が選べる!

 ネオチューンには10種類の乗り心地設定があり、専用オイルのブレンドによってそれを達成している。今回はそのなかでも最もソフトなものから数えて2番目に柔らかいスーパーコンフォートというものをチョイス。純正ノーマルの状態からは3段階ソフトに振ったという設定だ。

 作業工程を拝見させていただくと、まず驚いたのがその施工方法だった。ネオチューンが対応するショックアブソーバーは複筒式(ツインチューブ)のみ。その中に含まれるオイルを入れ替えるのはどうするのか興味深かった。なぜなら複筒式のショックは基本的に非分解で作られているからだ。

 ネオチューンは分解するのではなく、ショックの一部に穴を開け、封入されているオイルと窒素ガスを排出。その後、専用オイルと窒素ガスを再びバルブにセットし、封入した穴を塞ぐために特殊なセメントやシール材を塗布するという流れだ。

ネオチューンは特殊なオイルのブレンドによって、エクストラコンフォートからハードⅢまで10種類の乗り味が選べる。いずれもダンパーが圧縮された時に粘りのある乗り心地が出る点が大きな特長だ

 コレ、文字にすると簡単だが、実はその工程がかなり緻密。穴あけ作業は切り粉がショック内部に絶対に入らないように掃除機を当てながらドリルを当てるという丁寧なもの。ショックにタップを切る(ねじ山を切ること)時にも、細心の注意を払って作業を行っていたことが印象的だ。さらに、現状入っているオイル量を把握するために、ショックを何度も伸び縮みさせてシッカリと抜き、それを計測。専用オイルを入れる際のデータ取りをきちんと行い、それと同じ量のオイルを入れる。

 オイルは何種類か存在するものをブレンドして好みの乗り心地を実現する。その際の計量も実に細かく丁寧だったことが印象的。オイルを再びバルブから入れ、その後窒素ガスを3.0kg/cm2の圧力で入れれば作業は完了する。

 ただ、実は今回の作業で一部問題があった。それは我が家のスカイラインのショックが、一本だけ若干のオイル滲みがあったのだ。基本的に作業をするクルマは健全であることが前提なのだが、オイル滲み程度であれば劣化したショックも復活できるというのがネオチューンの凄いところ。オイルシールソフナーを配合したことで、固くなったオイルシールが復活するというのだ。これは仕上がりが楽しみだ。

次ページは : ■これがネオチューンか!? ハイエースに乗って驚いた

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ