気合いだけでは続かないけど気合いがなければ始められない…「RX-8で筑波サーキット1分切りタイムアタック」のすさまじくも楽しい世界

気合いだけでは続かないけど気合いがなければ始められない…「RX-8で筑波サーキット1分切りタイムアタック」のすさまじくも楽しい世界

「改造範囲が狭く、それほどパワーの出ないRX-8で筑波サーキットの本コース(コース2000)のラップタイム1分を切ることに挑む」という、非常に熱いチューニング領域がある。お金も時間も労力もかかるため、「ガチ」で挑んでいるのは日本で十数名(推測)と思われる。チャレンジャーの大半はアマチュアドライバーということもあり、タイムアタックの機会は冬場の走行会、1年のうち数えるほど(絶好の日は数日程度)しかチャンスがないという。

 その…数日、数周に……余暇のほとんどすべてを賭けている人たちがいる………。そんなめくるめく挑戦の世界に挑む、「ベストカー」本誌の読者でありベストカーClub員でもある小川智広さん(通称:ぱららさん)を取材しました。

文/小川智広(ぱらら)、写真/中里慎一郎、取材協力/YOKOHAMA

■「なんだか感動してしまった」で自ら沼に…

 2022年2月、たまたま訪れた「Attack筑波」というイベントで、「RX-8の歴史が書き換えられるかもしれない」という場面に立ち会った。2台のRX-8がそれぞれのベストタイムを更新し、筑波サーキットの本コース(コース2000)1分切り目前まで迫ったのだった。

 最終的には寸止め(0.068秒届かず)だったけども(※)、全力を出し切ったあとにお互いを称え合う姿は、ライバルというより同じタイムアタックに挑戦する同志のようだった。

 1周のために膨大な時間とお金と労力をつぎ込み、それを助ける仲間達との絆。そんな姿を間近でみて、なんだか感動してしまった。
(※2023年1月末時点で2名がRX-8で分切り達成しています)

小川さんと愛車RX-8。YOKOHAMAのSタイヤ(A050)を装着して挑む
小川さんと愛車RX-8。YOKOHAMAのSタイヤ(A050)を装着して挑む

 そんな熱い冬のタイムアタックシーズンが終わり(※編集部注/RX-8タイムアタック勢は、わずかでもタイムが有利な気温と湿度の低い冬にしか本気でアタックしない)、時が過ぎて秋にさしかかるとき、自分の愛車であるRX-8のエンジンのオーバーホールが完了する見込みとなっていた。

 もちろん我が愛車はサイドポート仕様。ノーマルよりエンジンパワーが見込めるタイプだ。冬の感動の余韻なのか、前述の「Attack筑波」での感動が忘れられなくて、つい自分も「分切り目指すわ!」と、RX-8仲間に言ってしまった、しまった…わけです。

次ページは : ■そして迎えた「挑戦」×2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します