【ダイハツロッキー復活!!】ホンダと三菱に見る車名復活の成否

 車名は本当に難しい。子どもの名前を付けるのに苦労した経験をお持ちの方もいると思うが、車名でそのクルマの運命が決まってしまうこともある。

 新型車が登場するにあたり、車名の付け方として(1)車名を継承する、(2)車名をまったく新しいものに変更する、(3)車名を統一する、(4)車名を復活させるという大きく分けて4パターンが存在する。

 最近でいえば、車名をまったく新しいものにするのはマツダデミオ→マツダ2、車名を統一するのはトヨタヴィッツ→ヤリス、復活させるのはトヨタスープラがある。

 今回は車名を復活させたケースについて見ていきたい。

 東京モーターショー2019に出展され間もなく発売されるダイハツの小型SUVは、往年の車名であるロッキーの名前が復活する!!

 日本メーカーが車名を復活させたケースは数あるが、得意としているホンダと三菱の車名復活モデルについて見ていく。

写真:HONDA、MITUSUBISHI、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】ダイハツの小型SUVでロッキーの車名が復活!!


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ