【過去最高販売!! 復権「D」の落とし穴に注意】初ディーゼル車で陥りがちなミス4選

 クリーンディーゼルの登場により日本でもディーゼルが市民権を得ている。

 2019年1~10月のディーゼル乗用車の国内販売台数は14万8318台をマーク。これは過去最高だった2018年の17万7272台を上回って記録更新するペースだ。

 マツダがラインナップを増やしていること、輸入車のディーゼル比率が上がっていることが要因と思われる。次世代自動車として減税、補助金があるのも魅力となっている。

 ディーゼルが特殊な存在ではなくなり普及すると、おのずと初めて乗る人も増えてくる。初めてがゆえに陥りがちなミスもあるので取り上げていく。

 ディーゼルエンジンもガソリンエンジン同様に内燃機関ではあるが、原理の違いから構造も異なる。

 それゆえ、ガソリンエンジンではそれほど深刻にならないトラブルもディーゼルエンジンでは重症化することも少なくない。

 本企画では初めてディーゼル車に乗る際に陥りがちなミスについて考察していく。ミスしたらクルマはどうなるのか? ミスした時にどう対処すべきなのをレクチャーしていく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA、NISSAN、MAZDA、MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】市民権を得て人気の国産クリーンディーゼル車16台の精鋭


ディーゼル車でガス欠してしまった!!

2012年にデビューした初代マツダCX-5は日本でクリーンディーゼルを認知させることに大きく貢献。マツダの登録車はロードスターを除きフルラインディーゼル

 燃料がなくなることを一般的にガス欠と言いますが、基本的にはドライバーのウッカリが原因で、珍しいことではありません。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンにかかわらず、ガス欠するとクルマにダメージを与えるということを覚えておいてください。

 ガス欠したらJAFなどのロードサービスを呼ぶか、ガソリンスタンドで買ってきて燃料を入れてセルモーターを回せばエンジンはかかるでしょ、というほど簡単にいかない場合もあります。ガス欠はエンジンに致命傷を与える可能性があります。

 特にディーゼルエンジンにとってガス欠は非常に深刻な問題となります。

 ディーゼルエンジンはガス欠すると吸い込むべき燃料ではなくエアを吸ってしまい、燃料を送る配管がエアで詰まるとエンジンの再始動が難しくなったり、エンジンが不調になったりします。

運転する前に燃料の残量チェックは常識だが、ディーゼルエンジンの場合はシビアに習慣づけたいもの。ガス欠した時の代償は計り知れないほど大きい

 ディーゼルエンジンの高圧燃料ポンプや燃料を吹く高圧インジェクターは軽油に潤滑性があるために使えるのですが、燃料切れによりその潤滑効果が失われ、空打ちして両方にダメージを与えたりと、ダメージは補機類にも及ぶ可能性があります。

 最悪のケースでは、ガス欠により燃料がいかないことによりエンジンが焼き付くということもあります。ガス欠を甘く見ると大きな出費となります。

 ガス欠の最も多い原因はウッカリをはじめとする人為的なものですから、ガス欠させないのが一番大切ですが、ディーゼル車でガス欠させたらどうすればいいのでしょうか?

 ガス欠してエンジンの再始動ができない場合は、ディーゼルエンジンの大敵であるエアを抜いてやる必要があります。

 外部から圧力をかけて強制的にエア抜きします。メーカーによって名称は異なりますが、プライミングポンプ(ハンドポンプというところもあり)を重くて押せなくなるまでポンピングした後にセルモーターを回します。

 それでもエンジンが再始動しない場合は、その作業を繰り返します。

 しかし、プライミングポンプの場所の特定など専門的な知識も必要ですし、非常に力のいる作業でもあります。

 燃料のふき取り、受け皿を用意するなども面倒なため、JAFなどのロードサービスを呼ぶか、ディーラーに連絡するのが得策です。

 日本で最も販売台数の多いクリーンディーゼルのマツダのSKYACTIV-D搭載車は取扱説明書にも強制的なエア抜きの記述はありません。それはプライミングポンプが装着されていないからです。

 マツダではディーゼルのガス欠は深刻化することを見越し、クルマがガス欠の危険性を察知して、完全に燃料がなくなる前にガス欠状態にしてエンジンをストップ。

 燃料は残っているのでパイプなどにエアが入ることはないため、再給油(10L以上が条件)すればエンジンが問題なく始動することになっています。

 ディーゼル初心者を含め、ユーザーに優しい設計と言えるでしょう。とはいえ、ガス欠はクルマにダメージを与えるので、ガス欠には注意しましょう。

マツダのSKYACTIV-D搭載車は、ガス欠する直前に意図的にガス欠状態にしてエンジンがかからないようにするため、エアが入って再始動困難になることはない

誤給油してしまった!!

 ガソリンエンジンに軽油、ディーゼルエンジンにレギュラーガソリンやハイオクガソリンを入れることを誤給油と言います。

 軽油を軽自動車用の燃料と勘違いしてセルフスタンドで誤給油してしまう人もいるようです。軽油はガソリンではありません。日本の軽自動車は現在ガソリンエンジン車のみですので、お間違いのないように。

軽自動車にはディーゼル車は搭載されていない。間違って軽油を入れた場合は、走れたとしてもエンジンをかけないことがクルマを守る

 ディーゼルエンジンの場合、本来の軽油ではなくガソリンを入れた場合、ガソリンには潤滑性がありませんので、燃料噴射ポンプが破損して重大なトラブルとなります。

 誤給油によって入れた量にもよりますが、走行できたとしてもパワーダウン、排ガスに白煙が混じるなどの症状が出て、最終的には噴射ノズルが故障してしまいます。

 いっぽうガソリンエンジン車に軽油を入れた場合ですが、エンジンオイル、プラグ交換といった比較的ライトな整備ですむケースが多いのはディーゼルとは対照的です。

 走行できたとしても、軽油はガソリンほど気化しないため不完全燃焼となって、点火プラグが汚れて点火できなくなってエンジンが止まります。

 もし誤給油した場合は、間違いに気づいたら、直ちに給油をストップし、エンジンをかけないようにすることをお忘れなく。

エンジンオイルはいざとなればドレーンから抜くことができることもあるが、燃料タンクは一度入れたものを抜くのは素人の手には負えない

 一度入れた燃料を自力で抜くのはほとんど不可能ですので、入れてしまったら救護を要請しましょう。

 誤給油に気づかず走行中に上記のような症状が出た場合は、トラブルを抱えている証拠ですので、安全な場所に速やかにクルマを停車させて救護を要請しましょう。

ハイオクとレギュラーとを入れ間違えたのと違い、誤給油はクルマに悪影響を与える。特にディーゼルにガソリンを入れた場合は補機類にまでダメージが及ぶ。フルサービスのガソリンスタンドではまず怒らないが、セルフスタンドで給油する時は要注意

アクセルを開けないチョイ乗りしかしない

 ガソリン、軽油とも高値安定ということもあり、燃料代を少しでも安くするために普段からエコランを実践している人も多いと思います。こういうドライバーにとっては、アクセルをガバっと開けるなどあり得ないでしょう。

 しかし、アクセル開度の少ないチョイ乗りを繰り返す、という使い方は実はディーゼルエンジン車にとって最悪の走り方と言えます。

ディーゼルエンジンは構造上、1週間に最低1回は30分以上の負荷をかけるのが必須。高速道路を頻繁に使う人のほうがグッドコンディションを保ちやすい

 ディーゼルエンジンはクリーンになっていますが、排ガスにPMと呼ばれる微粒子が含まれています。そのPMをキャッチするDPFと呼ばれるものが詰まったりすることでパワーダウンしたり、燃費が悪化する。これでは何のためにディーゼル車を買ったのかわかりません。

 そうならないためには、1週間に1度の頻度で30分以上エンジンに負荷をかけて走行したり、アクセルを全開にしてエンジンを吹かすような運転をしましょう。

エンジンオイルの交換サイクル

 内燃機関ではエンジンオイルは必須で、人間の血液に例えられるとおり、非常に重要な役割を担っています。

 エンジンオイルはガソリン車(NA)1万5000kmまたは1年、ガソリン車(ターボ)5000kmまたは6カ月、ディーゼル車1万kmまたは1年というのが交換サイクルの目安になっています。

チョイ乗りの連続はクルマに厳しい。これはガソリン、ハイブリッド、ディーゼルのどれにも共通するが、ディーゼルへの影響が最も大きい(写真はゴルフTDI)

 ディーゼル車はノーマルのガソリンエンジン車よりも交換目安の距離が短いことを覚えておきましょう。特にガソリン車からディーゼル車に乗り換えた方は、切り替えが必要です。

 エンジンオイルは走行距離が増えれば量も減りますし劣化も進みますが、ここでも気を付けなければいけないのが前述のチョイ乗りがメインという場合です。

 エンジンオイルに水分が付着してもしっかり走れば蒸発しますが、チョイ乗りや長期間乗らない状態でいると水分が残ったままになり、しっかり走った以上に劣化進行するともいわれていますので注意が必要です。

まとめ

 ディーゼルエンジン車は気を付けなければいけないことがガソリンエンジン車よりも多いのは事実です。

 しかし怖がったり、面倒くさく感じる必要はありません。

 ただ、自分の使い方がディーゼルに合わないというなら、ディーゼルが流行っているから選ぶというのではなく、燃費重視ならハイブリッドカーを選択するなどしたほうが得策といえるでしょう。

チョイ乗りしかしない、クルマを動かさないことも多い、という人は燃費重視ならディーゼルよりもハイブリッドを選んだほうが安心できる

【画像ギャラリー】市民権を得て人気の国産クリーンディーゼル車16台の精鋭

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ