実車に迫るレーシングシミュレーター 驚きのリアルさと進化

 モニターに実際のサーキットを映しだし、本物のマシンさながらにサーキットをドライブできるレーシングシミュレーター。

 今やF1チームもこぞって活用するほどそのリアルさは進化している。実際にレーシングシミュレーターを体験してみると、そこには予想以上に“リアルワールド”が広がっていた。

 文:ベストカー編集部
ベストカー2016年4月26日号


ステアリングとブレーキは油圧式、1機約250万円としくみも価格も本格派!

 最新のシミュレーター事情を探るため取材班が訪れたのは、東京・秋葉原に本店を置くドライビングシミュレータープロショップ『D.D.R』。

 今回は、ここで助っ人プロドライバー陣も交え、ベストカーとオートスポーツ誌、ティーポ誌の3誌でレーシングシミュレーターを使った対抗レースを行い、最新シミュレーターの『D.D.R SIM』をじっくり体感した!

 「D.D.R SIM」のステアリングとブレーキは油圧式。ステアリングやペダル類の重さや反力も実際のデータ等をもとにマシンごとにリアルに再現している。

 さらにアクセルやブレーキ、ステアリング操作に応じてシートが前後左右に動き、Gフォースまでも再現するなど、本格的な作りだ。

 ちなみに「シミュレーター1機の値段は約250万円」(D.D.R代表瀧井氏)とのことで、お値段もなかなかの本格派となっている。

 さっそく“走行”を始めると、ステアリングは確かな重みがあり、ブレーキペダルを目一杯踏むためには相当な踏力が求められた。しかも、レースと同等とまで強力ではないものの前後左右にGがかかるので、数分乗っただけで額に汗が滲むほど。

 今回はベストカーチームに、現役スーパーGT GT500ドライバーの千代勝正選手が助っ人として加入。レースは、千代選手が終盤にごぼう抜きを披露して見事優勝を果たした。

ステアリングは実車さながらにレブインジケーターやパドルシフトも装備。シート背面の2本のシリンダーピストンが、ステアリングやペダル操作に応じて、油圧で駆動し、Gフォースを再現するしくみ

現役スーパーGTドライバーから見たシミュレーターのリアル度は?

ペダル類は左からクラッチ、ブレーキ、アクセルの順に装備。こちらも油圧式駆動で、市販車のそれとは比べものにならないほど、ブレーキペダルは重い

 「自分もトレーニングにシミュレーターを使っています」とは、その千代選手の談。

 「ハンドルの切れ角も実際のマシンの感覚と合っているし、油圧式なのでブレーキタッチも実車に近いですよ」

 と、現役GTドライバーもそのリアリティには太鼓判を押す。では、実際のマシンと違う部分はどういった部分なのか?

 「レースでは天候や路面状況等が常に変わるので、そこはシミュレーターでは再現できない、実車との大きな違いですね。

 ただ、逆に言えばシミュレーターはそういった要素が常に一定なので、タイムの変動はすべてドライビングの影響によるもの。なので、自分のドライビングを研究するには最適だと思います」

 ちなみに走行料金は10分ごとに1000円で一般の方も利用可能。スーパーGTマシンを筆頭に、さまざまなカテゴリーのマシンが選択でき、実車の走行データを活用しつつ、それぞれのマシンの特性をリアルに再現しているのだという。

 国内最高峰のスーパーGTでは、まだ全チームでシミュレーターを使っているわけではないが、すでに実車でのテストが厳しく制限された現代のF1では、シミュレーターは必須のツール。それほどまでにレーシングシミュレーターの重要性は増している。

 レーシングシミュレーターは、もはやTVゲームのレベルではなく、極めて高いリアリティを持った“ハイテクマシン”なのだ。

「D.D.R SIM」をドライブする千代勝正選手。実際にD.D.Rのシミュレーターで練習をするほか、講師としてレッスンも行うという
  • レーシングシミュレータープロショップ D.D.R AKIBA本店
  • http://ddr.jp.net/
  • アクセス:〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロックビル5F
  • 秋葉原駅 JR電気街口より徒歩約5分
  • 営業時間:12時〜22時
  • 定休日:年中無休
  • TEL:03-6206-8480

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ