【GRヤリス納車は夏か!?】現代に甦ったモンスターをついに買いました!!!


 東京オートサロン2020にて今年最大の注目車の1台となるGRヤリスがお披露目された。GRヤリスはトヨタにおけるスポーツ車両部門のGRが手掛けるWRC(世界ラリー選手権)参戦ベース車である。

 お披露目と同時にグレードや装備内容、価格といった詳細も相当公開され、今夏発売の第1弾となるファーストエディションの先行予約も始まっている。

 GRヤリスは1.6Lターボ+4WDで、エンジンスペックは 272ps/37.7kgm だから、今どきのクルマとしては珍しい リッター170馬力 のモンスターマシンだ。スペックだけ見ても強烈だ。

  登場時点のグレードはRZ(396万円)とRZハイパフォーマンス(456万円)のファーストエディションの2つだ。

 筆者は昨年夏からGRヤリスが頭から離れず購入を真剣に考えており、予約開始当日の1月10日(金)に先行予約した(先行予約までに至った経緯は機会があれば書きたい)。

 当記事では当事者となる筆者が下した決断も交えながら、現時点でのGRヤリスのグレード選びのポイントを考察する。

文:永田恵一/写真:永田恵一、TOYOTA

【画像ギャラリー】見れば見るほど魅力的なGRヤリス!!


GRヤリスはコンペティションハッチバック!!

精悍なフロントマスク、大迫力のラジエターグリル、張り出したフェンダーがタダ者じゃない雰囲気を醸し出しているGRヤリス

 GRヤリスは日本で販売されない新型ヤリスの3ドアをベースにしたコンペティションホットハッチで、1.6Lターボを搭載し、WRC直系の4WDシステムが組み合わされている。GRヤリスの車名からもわかるとおり、Gazoo Racingが手掛けたモデルだ。

 ボディサイズは全長3995×全幅1805×全高1460mm(サイズはトヨタ社内測定値)で、搭載されるエンジンは1.6L、直3DOHCターボで272ps/37.7kgmのハイスペックを誇る。

 コンパクトなボディに272psのハイパワーということで、 パワーウェイトレシオは驚異の4.706kg/psをマークする強者だ。

 マスコミ向けには擬装を施したプロトタイプの試乗会がすでに開催されていて、気になる走りのポテンシャルについてはこちらをどうぞ。

 このGRヤリスはハイスペックながら、限定モデルではなくファーストエディション後はカタログモデルとして販売することも大きなポイントだ。

GRヤリスの先行予約方法

GRヤリスは4色のボディカラーを設定。人気間違いなしの白系はスーパーホワイトIIとプラチナホワイトパールマイカ(オプション)の2色、そのほかはエモーショナルレッドII、プレシャスブラックパールはともにオプションカラーだ

 はじめにGRヤリスファーストエディションの先行予約の方法を紹介する。

 GRヤリスファーストエディションの予約はインターネット上のGAZOOショッピングのサイトから行う。流れとしては以下のとおり。

(1)先行予約したいグレードをRZ、RZハイパフォーマンスのいずれかから選ぶ(GAZOOショッピングの利用にはIDの発行が必要)。

(2)先行予約には10万円のデポジットが必要で、デポジットの支払いはクレジットカードからとなる(デポジットは成約した際は全額返金となるが、成約しなかった場合は返金手数料5000円を差し引いた9万5000円がクレジットカード会社から返金される)

(3)先行予約の際に商談する地域、販売会社も選ぶ。

 先行予約は東京オートサロン2020で発表されたとおり、6月30日の23時59分まで行われ、7月から先行予約順の商談と生産も始まる。

 このためGRヤリスを先行予約するならグレードを先に決めておいたほうが、流れはスムースなのだ(商談時にグレードを変えられるかは定かではないが、変えられないと思っておくべきだろう)。

早期納車を目指して公開予約開始初日に予約した永田氏。ファーストエディションを購入するにあたり悩みに悩んでハイパフォーマンスを選択

 また先行予約順に商談が始まることもあり、自動車メディアのフリーランスである筆者は「買うならとにかく早く欲しい」という気持ちが抑えられず、先行予約開始当日にやや焦るようにスマートフォンからIDを作り、先行予約をすませた。

 なお引っ越しなどの事情も考慮され、商談する販売店の変更は可能だ。

次ページは : ファーストエディションの特典