【ダイハツが快進撃!】ロッキー兄弟、ルーミー4姉妹車 売れまくりの理由は??


 最近、ダイハツ車に勢いを感じる。車種別販売ではN-BOXが軽販売5年連続NO.1と突出しているものの、メーカー別の軽販売では2019年の年間販売台数は61万5240台(前年比100.6%)でダイハツが5年連続NO.1を死守している。ちなみに2位はスズキで57万3986台(前年比97.8%)、3位のホンダは36万4833台(前年比98.7%)と続く。

 なかでもダイハツが開発&生産しているOEM車が絶好調だ。ダイハツロッキーの姉妹車、トヨタライズは発売した月となる2019年11月が登録車4位、12月が2位、2020年1月にはNO.1を達成している(自販連データ)。

 また2016年に発売したコンパクトミニバンのダイハツトールおよびトヨタ&ルーミー&タンク、スバルジャスティの4姉妹も好調だ。

 ここ半年以内のデータを見ると、タンクとルーミーが登録車トップ10のなかにランクインしており、ルーミーが最高3位、タンクが最高5位となっている。

 そこで、なぜ、今、ダイハツ車およびダイハツのOEM車が売れているのか? ライバルに対して何が勝っているのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】ライズ&ロッキー、ルーミー4姉妹車の見分け方詳細写真


ダイハツがOEM供給しているトヨタ車が軒なみヒット

自販連の新車販売台数データで、トヨタライズは2019年11月が4位(7484台)、12月が2位(9117台)、2020年1月が1位(1万220台)
こちらはライズの姉妹車、ダイハツロッキー。新車販売台数は2019年11月が4294台で16位、12月が3514台で16位、2020年1月が3153台で21位

 最近、ダイハツ車、あるいはダイハツが開発を受け持つトヨタのOEM車が好調に売れている。まず2019年11月に発売されたコンパクトSUVのダイハツロッキー&トヨタライズが挙げられる。

 ライズは発売された2019年11月に、プリウス(PHVとプリウスαを含む)と同等の7484台を登録して、登録車販売4位に入った。ロッキーも4294台で16位に入り、インプレッサ(XV含む)を超える売れ行きとなった。

 2019年12月の自販連データでは、ライズが9117台を登録してプリウスを上回り、小型/普通車販売ランキングではカローラシリーズに次いで2位に入った。

 ロッキーは3514台(16位)だから2019年11月を下まわるが、C-HRと同等で販売ランキングでは上位に入る。

 自販連データでは2019年12月に1位となったカローラシリーズだが、シリーズの合計値となっているため、個別に台数を問い合わせてみると、カローラアクシオが750台、フィールダーが1110台、カローラスポーツが970台、カローラセダンが1690台、カローラツーリングが4530台という内訳だった。

 カローラセダンとツーリングを合わせた台数でも6220台となるから、実質、ライズは登録車販売台数1位となる。

 直近のデータとなる2020年1月の自販連データでは、8480台の2位のカローラシリーズに1740台の差をつけてライズが1万220台で1位となった。カローラはアクシオやフィールダー、カローラセダン&ツーリングを含んだシリーズ全体の販売台数だからも圧勝といってもいいだろう。

一番右は対前年同月比

トヨタルーミー&タンク、ダイハツトール、スバルジャスティの4姉妹車

 背の高いコンパクトカーのトヨタルーミー&タンク/ダイハツトール/スバルジャスティの4姉妹車にも注目したい。

 ダイハツが開発したトールをトヨタにOEM供給したのがルーミー&タンク。そもそも、この2車種は取り扱う販売店が異なり、ルーミーはトヨタ店とカローラ店扱い、タンクはトヨペット店とネッツ店扱いとなっている。

左上からトヨタルーミー、右上トヨタタンク、左下ダイハツトール、右下スバルジャスティの4姉妹車

 東京地区では2019年4月から全車種全店扱いになり、2020年5月からは全国のトヨタで全店扱いになる。さらにスバルにもOEM供給され、ジャスティとして販売されている。

 発売は2016年11月だから今では3年を経過するが、好調な売れ行きを保つ。2019年の登録台数は、1ヵ月平均でルーミーが7638台、タンクは6210台、トールは2228台で、ジャスティは240台と低いものの、4姉妹車合計では1ヵ月平均で1万6316台に達した。

 2019年の小型/普通車における車名別販売ランキングでは、1位はプリウスで1ヵ月平均1万466台であった。

 ルーミー4姉妹車を合計すると1万6000台を超える。ヴォクシー/ノア/エスクァイアの3姉妹車を合計しても、1ヵ月平均で1万5265台だから、軽自動車を除いたボディタイプ別登録台数ではルーミー4姉妹車を合わせると1位になる。

■2019年10~12月のトヨタルーミー&タンク、ダイハツトール、スバルジャスティの販売台数
●2019年10月:ルーミー/3位6962台、タンク/5位5420台、トール/26位2071台、ジャスティ/191台
●2019年11月:ルーミー/5位7132台、タンク/8位6114台、トール/39位1253台、ジャスティ211台
●2019年12月:ルーミー/7位6015台、タンク/12位4695台、トール/39位1229台、ジャスティ180台

次ページは : ダイハツ製の小型車が売れる理由

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ