新型スイフト 気になる値引き額を潜入調査で明かす


 いよいよ1年で最もクルマが売れる3月決算期に突入。話題の新車の“値引き”を暴くため、特別に結成された覆面調査班が、ディーラーに潜入だ。ターゲットは今年1月に発売されたばかりの新型スイフト。

 発売まもない新型スイフトの値引きは渋いのか? それとも意外に太っ腹!?

文/写真:覆面調査班
ベストカー2017年3月10日号


都内某ディーラーで潜入調査開始

 今回、足を運んだのは都内某所の比較的規模の大きなスズキディーラー。

 軽自動車からスイフトへステップアップを狙っているお客を装い、実家所有のムーヴで直撃を試みた。

 ディーラー内の駐車場にクルマを入れると、すぐに人がよさそうな30代の営業マンが小走りでやってきた。

 新型スイフトを見に来たと伝えるとすかさず、「いまRSハイブリッドの試乗車がありますので、ご試乗いかがですか?」と畳みかけてきたが、まずは話が聞きたいのでとテーブル席に座る。

試乗車の内装。営業マンいわく「デミオより質感は高くないと思いますが、先代よりかなりよくなっていると思います。価格も安いですしね」とのこと

売れ筋はRS。なかでもハイブリッドが人気

 さっそく飲み物は何がいいか聞かれ、すぐにコーヒーを持ってきてくれた。

 「雑誌やホームページなどでスイフトはごらんになりましたか? スイフトは大きくわけてRSと標準グレードの2種類がございまして、RSはヨーロッパの石畳やアウトバーンで鍛えたサスペンションです。

 欧州車のようなしっかりとした味付けとなっております」

 担当:どのグレードを選ぶ方が多いのですか?

 「現在の人気は、RSですね。パワートレーンはガソリンの1.2L、1Lターボ、1.2Lのマイルドハイブリッドがございます。

 いまRSを選ぶ8割以上の方がRSハイブリッドを選ばれています。JC08モード燃費は27.4km/Lですが、そうですね、実燃費は高速道路が20km/Lくらい、都内の街中ですと15~16km/Lくらいですね」

次ページは : 注目の値引きは残価設定ローンか否かでも金額に違いあり

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ