【N-WGNの自動ブレーキ! リーフの加速力!!】 乗ってわかるあのクルマの「ズバ抜け」部分 6選


 たとえばGT-Rなら「速い」、トヨタのハイブリッドモデルなら「実燃費がいい」……といった点はだいたい予測がつくものだ。しかし、「そのクルマに触れて、乗って初めてわかる」長所や魅力というものもあるハズ。

 自動車評論家 国沢光宏氏が乗ってみて初めてわかったそのクルマの「ズバ抜けた」長所&魅力をレビュー!!!

【画像ギャラリー】能ある鷹は…!? 新たな魅力が明らかになった6台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■ホンダ N-WGNの「自動ブレーキ性能」は全日本車トップクラス!!!

 やっと生産再開になったN-WGN、このクルマの素晴らしさは自動ブレーキ性能の高さにある。

 ダイハツやスズキの新型軽自動車にも歩行者を検知して自動ブレーキで止まる機能を持たせているけれど、残念ながら夜間は稼働しない。

乗ってわかる、N-WGNの自動ブレーキの凄さ。生産&販売再開してますよ!

 対歩行者の事故、70%程度が夜間に発生していることを考えたら大いに不満です。加えてクルマの陰から出てくる歩行者に対する自動ブレーキ性能だって、N-WGNと比べたら圧倒的に低い。

 もう少し詳しく書くと、N-WGNの自動ブレーキ性能って軽自動車というワクを超え、日本車のトップクラスなのだった。

 クルマを運転していて最もイヤな気分を味わうのが、小さいダメージであっても事故。

 N-WGNであれば、自動ブレーキなしから乗り替えると、事故を80%以上避けられると思ってイイ。

■MAX218馬力! 日産リーフe+の圧倒的な「加速力」!

 リーフに追加された『e+』というモデル、多くの人は航続距離を増やしただけだと思っているようだ。

 しかし、ハンドル握ってみるとビックリするだろう。すんごく速いのだった。

国沢氏をも唸らせる218馬力!!

 そらそうだ。標準のリーフが150馬力なのに対し、e+って218馬力もある。このくらい出力違えば、ふつうのエンジン車であれば完全にスポーツグレードという扱いになるだろう。

 実際、サスペンションとタイヤを変えるだけで筑波サーキットを1分10秒台で走る! 本来ならスポーツモデル仕立てにしてもよかったんじゃなかろうか。

 街中を走っていても、圧倒的なパフォーマンスです。今後、燃費規制のためガソリンだけで走るスポーツモデルは絶滅していく。

 そんななか、電気自動車なら遠慮なくスポーツグレードを作れるのだから嬉しい。

次ページは : ■トヨタ RAV4で走りも愉しめ!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ