スターレット マーチ シティターボ デミオ… 達人たちが語る「忘れられないコンパクトカーたち」


 クルマに乗られてきた方なら、誰しも「忘れられない1台」があるかも知れない。手前味噌ながら、企画担当にとってそれは2代目マーチになる。とくに手を入れたわけでもないし、パフォーマンスの良い悪いなんてさっぱりわかっていなかったが、生活のよき相棒だったのだ。

 で、ベストカーWebに訪れていただいている方々にはおなじみの、4人の自動車評論家。文字通り浴びるほどの種類のクルマに乗ってきた4氏に、「もう一度乗りたい! 忘れられないコンパクトカー」を聞いてみた。

【画像ギャラリー】KP61型、スーパーターボ…往年の“スーパーコンパクト”たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:渡辺陽一郎、国沢光宏、斎藤 聡、清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月10日号


■“トヨタの人馬一体感” KP61型スターレット

(TEXT/渡辺陽一郎)

 1978年に発売されたKP61型スターレットは、車両重量が700kg前後のボディに、1.3Lエンジンと後輪駆動を組み合わせた。軽くて前後輪の重量配分も優れ、運転感覚は今のマツダ車以上に人馬一体、手足のように操れた。

 危険を避ける時でもコントロールを失いにくく、衝突安全性や安全装備の充実度はゼロでも、常に安心して運転できたコンパクトだ。

 今のクルマが退屈に感じたり、若者が離れる理由もさまざまだが、あの一体感が得にくくなったことも背景にあるだろう。付加価値は皆無でも、運転する実感は濃厚。もう一度乗りたいね。

●渡辺陽一郎はKP61型スターレット

車両重量が700kgほどで走る走る! じゃじゃ馬だが扱いやすい

■日産 マーチスーパーターボ…今あればラリー4クラスでWRCに出たのに!

(TEXT/国沢光宏)

 今乗りたい、というより「今あったらいいね」と思えるのはマーチスーパーターボ。あんなクルマを今のBセグで作ってくれたら、即座にフォードフィエスタやプジョー208のようなラリー4クラスの車両に仕立てて、WRCに出たのに。

 ちなみに実車のスーパーターボに乗ったことあるけれど、パワステないためメチャクチャハンドル回すのが重いほか、楽しい楽しいクルマだった。

 特にアクセル踏むと間髪入れずスーパーチャージャー効いてトルク出る! とうてい1000ccと思えないほど、パワフルでしたね!

●国沢光宏はマーチスーパーターボ

「アクセル踏むと間髪入れずスーパーチャージャーが効く!」と国沢さん

次ページは : ■トヨタ KP61型スターレット…自らの原点と呼べるレース仕様に乗りたい

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ