ミニバン頂上決戦!! 超売れ筋トヨタ・ヴォクシーvs.日産・セレナ いいのはどっちだ!?

 

トヨタ・ヴォクシーの2017年7月販売台数は7970台、日産セレナは同年同月6467台。同年6月はヴォクシー6960台に対してセレナ7254台。まさにつばぜり合いを続けているこの2車種。ガチンコで比べたらどっちがいい車なのか? 細かい仕様をチェックさせたら業界随一のジャーナリスト渡辺陽一郎氏が入念にチェック&対決させました!
文:渡辺陽一郎
ベストカー2017年9月10日号

 

 


 

■居住性、アレンジ、走行性能で比較

ここでは人気の高いヴォクシーXとセレナX・Vセレクションを比較した。
居住性は、1〜2列目は互角だ。3列目はセレナのほうが若干広い。身長170㎝の大人6名が乗車して、1〜2列目のスライド位置を共通にすると、3列目に座る乗員の膝先空間はヴォクシーが握りコブシ2つぶんだが、セレナは2つ半が収まる。(ただセレナが有利とはいえ)それでもヴォクシーも充分多人数乗車に適する。

日産セレナの現行型は2016年8月に登場。運転支援技術「プロパイロット」を設定してヒット車種に

シートアレンジはセレナが豊富だ。2列目の中央を1列目の間までスライドさせて収納設備に使える。この時は2列目の中央が通路になって車内の移動もしやすい。ただし3列目の跳ね上げは、ヴォクシーがレバー操作だけで簡単に使える。多彩なアレンジが不要なら、ヴォクシーが便利な場合もある。
乗降性はヴォクシーが勝る。低床設計によりスライドドア部分の床面地上高を360㎜に抑えた。セレナは70㎜ほど高く、乗降用のサイドステップが備わる。
床の低いヴォクシーは低重心で、背の高いミニバンのなかでは運転感覚が自然な印象だ。セレナは操舵に対する反応が鈍く、峠道では旋回軌跡を拡大させやすい。乗り心地は互角に近いが、改良を受けてヴォクシーが少し勝る。

トヨタ・ヴォクシーは2014年1月登場。今年7月にビッグマイチェンを実施したが、商品力を比べるとやや厳しいか

動力性能はヴォクシーの車両重量が70㎏ほど軽く、吹き上がりは少し軽快だ。
安全装備と運転支援はセレナの圧勝。緊急自動ブレーキは歩行者を検知するものの、ヴォクシーは車両のみだ。セレナにプロパイロットをオプションで装着すれば、車間距離を制御できるクルーズコントロールや操舵の支援機能も備わる。僅差でセレナ勝利。

■改良情報&値引きは?(by編集部)

2017年7月のマイナーチェンジでフロントマスクを変更し、ボディ剛性の向上など走りやインテリアの使い勝手も向上させたノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟。いっぽうセレナは先進のプロパイロットなど運転支援や安全装備の充実で対抗する。
今回はヴォクシーX(246万6720円、8人乗り)とセレナX・Vセレクション(267万4080円、8人乗り)で比較した。セレナのほうがやや高いが、値引きはセレナのほうが大きいという情報も入っている。
またセレナは10月末の東京モーターショーから来年にかけてマイナーチェンジを実施し、ノートで大好評の「e-POWER」を追加設定する予定もある。
現時点でもセレナがリードしているこの勝負。トヨタ側にさらなる施策があるのか? それともさらに差が開くのか?? このライバルの戦いはこの先も注目すべき点が多い。

こちらは新型セレナ(e-POWER)の本誌予想CG

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ