三木眞一郎ら人気声優たちがサーキットで大活躍!「VART」の活動をレポート!!


 人気声優で結成されたレーシングチーム「VART」(ヴォイスアクターズレーシングチーム、通称ヴァート)がシーズン2に突入! 秘密裏に実施された今季の集大成となる番組ロケの模様を同チームのドライビングインストクターを担当し、ベストカー本誌「スーパーカー劇場」でおなじみのオレ、武井寛史(プリウス武井)が密着レポートをお届けしよう!
文/武井寛史写真/中島仁菜

【画像ギャラリー】コロナニモ負ケズ! 声優レーシングチーム「VART」第2期の活動を見よ!!(12枚)画像ギャラリー

■声優業界でも名うてのクルマ好きたちが集結して2019年に第1期スタート!

 VARTは2019年11月2日(土)に結成記者会見が開催され、第1期がスタートした。そのメンバーは声優界きってのクルマ好きである三木眞一郎(『頭文字D』藤原拓海役など)と浪川大輔(『ルパン三世』石川五ェ門役など)、石川界人(『ハイキュー』影山飛雄役など)、畠中祐(『僕のヒーローアカデミア』上鳴電気役など)の4名に加え、チームを束ねるチーム監督兼ドライバーとして音響監督を生業としている三間雅文(『頭文字D』、『進撃の巨人』など)の5名。

クルマ好き(+α)な人気声優が集まり、結成された「VART」(ヴァート)。新型コロナによる影響を受けながらも耐久レースへの参戦などで経験を重ね、着実に成長してきた

 三間もまた業界では有名なクルマ好きで、三木や浪川とともにカートレーシングチーム「ロボットレーシング」で10年もの間、ツインリンクもてぎで開催されるKei耐を中心に参加してきた経験を持つ。

 巷では若者のクルマ離れが言われているが、20代の代表といえる石川はクルマ好きということでチームに参加。最年少(当時25歳)の畠中はクルマにはまったく興味がなく、運転免許も持っていなかったが”情熱“という謎の理由でメンバーに選出された。

 当初の目標はツインリンクもでぎの恒例イベント、JAF公認「エンジョイ耐久レース」への参戦だったが、世界的なコロナウイルス蔓延の影響で方向転換を余儀なくされた。第1期となった昨年のVARTは、メンバー各自のドライビングスキル向上を目指し,、切磋琢磨してきた。非公認ではあるが耐久レースにも2戦出場し、レーシングチームとして徐々に成長し続けている。

コロナ禍の第2期、新メンバーも加入により、ますます豪華な顔ぶれに!!

 そして今年、第2期を迎えたが、コロナ禍でさまざまな制限があるなか、VARTは停滞することなく新たな挑戦をスタートした。最も見逃せないトピックは新メンバーの加入だ。

 第1シーズンでゲスト出演し、準レギュラーとなった神谷浩史(『進撃の巨人』リヴァイ役など)が正規メンバーに昇格。さらに「熱血ドライビング合宿」(※VART~声優たちの新たな挑戦~第9・10話)のゲストで登場した関智一(『頭文字D』高橋啓介役など)。

 そして、さらに第1シーズンの番組ナレーション(第10話)を担当してくれた小野大輔(『新劇場版頭文字D』高橋涼介役など)が加入。声優ファンならずとも豪華なメンバーであることは理解できるはずだ。

今年第2期の活動をスタートするにあたり、新メンバーが大量加入! その結果、この白と黒のレーシングスーツとなった。その理由は?

 声優ドリームチームといえるメンバーで第1期の焼き直しではファンも納得しないということで、監督の三間が繰り出した秘策は「マニュアルとATの対決」。初期メンバーはVART専用マシンのTOYOTA86をドライブできるマニュアル(MT)の免許所有者。

次ページは : ■AT全盛の世。レース界でもMTを撃破するため結成された「BLACK VART」