生産終了になる前に必ず乗っておけ! 今こそ狙いたい絶滅危惧種5選

生産終了になる前に必ず乗っておけ! 今こそ狙いたい絶滅危惧種5選

 ひと昔前は人気のあった“あのカテゴリー”も、今や風前の灯火状態に……。全盛期を知るオールドファンにとっては何とも寂しいかぎりだが、とはいえイマドキのクルマのなかに骨のあるモデルがまだまだ存在することも事実。

 そこで! ここでは軽オープン2シーターにVIPカー、ホットハッチに軽ホットハッチ、さらにはステーションワゴンという5つのカテゴリーにおける狙い目の一台を紹介。いつの時代もマジョリティよりマイノリティでありたい、というそこのアナタ。だったら、絶滅危惧種を狙うのがイイかもよ。

※本企画は「生産終了がすでに決まっている車種」と、「ライバル不在でジャンルごと消滅しそうだけど頑張っている車種」が並列して出てきますので、ご注意ください。立場は大きく違いますが、どちらのクルマもとってもお薦めです!!

文/FK、写真/スズキ、ダイハツ、日産、マツダ

【画像ギャラリー】狙い目は絶滅危惧種! 新車で手に入れたい珠玉の5台(20枚)画像ギャラリー

軽オープン2シータースポーツ最後の砦、2代目コペンに乗りたい!

生産終了になる前に必ず乗っておけ! 今こそ狙いたい絶滅危惧種5選
第4のモデルとして2019年に登場したGR SPORT。アンダーボディに補強材の追加や形状変更を施す、空力を向上させるパーツの採用など、よりスポーツカーに近いドライバビリティを追求。これで238万円~243万5000円はお買い得!

 新骨格構造のD-Frameや内外装着脱構造のDRESS-FORMATIONの採用が話題を呼んだ2014年登場の2代目コペン。64psの最高出力を誇るツインカムDVVT 3気筒12バルブインタークーラーターボ付きエンジンと、入念なボディチューニングによって高い曲げ剛性&ねじり剛性を実現したD-Frameが織りなす軽快な走りもさることながら、その最大の特長はひとつのモデルで「ローブ」、「XPLAY」、「セロ」、「GR SPORT」という4タイプの異なるデザインを展開していること。

 加えて、コペンの個性を際立たせているのがDRESS-FORMATIONだ。実は、先に紹介したローブとセロは樹脂外板(ボンネットフード、トランクフード、フロントとリアのバンパー、フロントとリアのフェンダーなど)に互換性があり、全身の着せ替えはもちろん、フロントだけ、もしくはリアだけの着せ替えも可能で服をコーディネイトするかのように外板の着せ替えを楽しむ……という新たな価値観も生み出した。

 S660が2022年3月で生産終了となり、軽オープン2シータースポーツ最後の砦となったコペン。個性の塊とも言える不世出の一台なだけに「一度は乗ってみたい」と思うのは誰でも同じ!?

絶滅寸前のVIPカーが欲しいなら、5代目シーマの中古車を狙うべし?

生産終了になる前に必ず乗っておけ! 今こそ狙いたい絶滅危惧種5選
VIPカーの代名詞のような存在だったシーマ。価格も823万1300円~933万1300円と、堂々たるもの。2019年の先進安全装備を拡充が事実上の最後の仕様変更となった

 3月末に「2011年の夏で生産終了」と報じたられたシーマ。1988年1月に登場するやいなや“シーマ現象”という言葉が流行するほどの人気を獲得した初代モデルは、最近では女優として活躍する伊藤かずえさんの所有車がフルレストアされて大きな話題にもなった。

 そんなシーマは1991年、1996年、2001年、2012年と4度のフルモデルチェンジを実施。5月21日で10周年を迎える現行の5代目は、VIPカーたる威厳を放つ高級感と存在感にあふれたエクステリアや最上級のホスピタリティと広くて快適な室内空間をサポートするインテリアが、まさに日産のフラッグシップセダンと呼ぶに相応しい仕上がり。

 レスポンスに優れた走りと低燃費を両立するシンプルかつ高効率な1モーター2クラッチ方式インテリジェントデュアルクラッチコントロールを採用したハイブリッドシステムも好評を博した。

 昔も今もVIPカーの象徴として君臨してきたシーマは今後、中古車市場でその余生を過ごすことになりそうだが、旧モデルは見栄が張れて財布にやさしいコスパ抜群の中古車として人気なだけに、5代目も中古車相場がこなれるのを待ってから買うのが吉かも!?

次ページは : ホットハッチならではの“軽い・速い・安い”の三拍子揃ったスイフトスポーツ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ