祝! クラウンセダンが存続決定!! セダンの雄の対抗馬になり得る実力派国産セダンはこれだ!!

クラウンセダンが存続決定

 国内のセダン市場が縮小傾向にあることから、セダン廃止でSUV化との噂も囁かれていた新型クラウン。しかし、いざ蓋を開けてみれば4つのシリーズ展開に刷新されたものの、セダンが生き残ったことに安堵したというファンも多いのでは? 

 たしかに国産セダンのラインアップが減ったことは間違いないが、それでもまだまだ魅力的なモデルは確実に存在する。そこで、ここでは新型クラウンのセダンに対抗できる可能性を秘めた5台の国産モデルを紹介するが、いずれのモデルも新型クラウンに負けず劣らずの魅力を放っていると思わない?

文/FK、写真/トヨタ、ベストカーWeb編集部、日産、ホンダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】クラウンセダン存続決定で再注目必至の国産セダンを検証!(16枚)画像ギャラリー

V型8気筒5.0リッターエンジンを搭載したIS500 F SPORTが気になって仕方がない!?

祝! クラウンセダンが存続決定!! セダンの雄に抗える実力派国産セダンはこれだ!!
V8エンジンの存在を強調するフードの造形や専用ブラックキャリパーが力強さと迫力を演出

 レクサスの乗り味の礎となるべく鍛え上げられたFRスポーツセダンのIS。V型6気筒3.5リッターを搭載したIS350、直列4気筒2.5リッターとハイブリッドシステムを搭載したIS300h、直列4気筒2.0Lインタークーラー付ターボを搭載したIS300から構成されるISだが、2022年8月25日にV型8気筒5.0リッターを搭載したIS500 F SPORT Performanceを日本に導入することが発表され、大きな話題となっている。

 北米市場では2021年3月に発売されたIS500 F SPORT。先述のV型8気筒5.0リッターエンジンでは481psの最高出力と535N・mの最大トルクがもたらす、伸びやかで気持ち良い加速のエモーショナルさやレクサスならではの官能的なサウンドを徹底追求。

 また、アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システムや電動パワーステアリングシステムにチューニングを施し、リアにパフォーマンスダンパーを追加することでさまざまなシーンに応じた乗り心地と操安性も実現。

 他にも制動力を向上させるべくブレーキにフロント356mm、リア323mmの大径ブレーキーローターが採用されていたり、V8エンジンの存在を際立たせるフード造形や専用ブラックキャリパー、4連エキゾーストマフラーによって力強さと迫力を演出していたりと見どころ満点。

 現段階で未発表の車両本体価格は新型クラウンよりも高価な設定になるだろうが、パワーと走りの質感の高さがもたらす大人のゆとりを楽しみたい人には気になる一台であることは間違いない。

モダンさとエレガントさをあわせ持つES300h F SPORTも選択肢のひとつ!

祝! クラウンセダンが存続決定!! セダンの雄に抗える実力派国産セダンはこれだ!!
新意匠のメッシュパターンを採用したフロントグリルと単眼ランプに新小型ユニットを採用したヘッドランプでESらしいシャープかつ切れ長な表情を表現

 IS50 F SPORTほどのパフォーマンスは求めていないけれど、それでもスポーティな国産セダンが欲しいという人のターゲットとなり得るもう1台のレクサスがES300h F SPORTだ。

 1989年にレクサスのフラッグシップセダンであるLSとともに販売を開始したESは、これまでに80以上の国や地域において販売され、その静粛性、乗り心地、広い室内空間が好評を博しているレクサスラインアップの基幹モデル。

 2021年8月に販売を開始した現行モデルは独自の手法によってリアサスペンションメンバーブレースの剛性を高め、高速のレーンチェンジなどでの操縦安定性を向上。

 加えて、F SPORTでは専用チューニングを施したサスペンションによって、ドライバーの操作に忠実でかつスポーティな走行性能を追求するとともに、新型のアクチュエーターを駆使したアダプティブ・バリアブル・サスペンション・システムによる減衰力の低減や可変幅の拡大で上質な乗り心地と操舵応答性の向上を両立している。

 また、F SPORTではフロントグリルとマッチする艶やかなブラックの専用19インチアルミホイールや日本限定仕様となるロゴ入りのオレンジ塗装ブレーキキャリパーなどを採用してスポーティな印象も抜群。世界トップレベルの先進安全技術であるLexus Safety System +も導入されており、もはや死角なしのスペックを誇っている。

次ページは : カムリは新型クラウンにとって良きお手本なのか? それともライバルなのか?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ