【ボンネットマスコット、ドアバイザー、背面タイヤ…】絶滅危惧装備の現状と行方

かつて一世を風靡したものでも時代に合わなければ淘汰される。クルマは実用性と趣味性の両面を持っているため、淘汰される数も多ければ、淘汰されるスピードも速い。

日本のクルマ史において、いろいろな装備、オプション、機能部品などが登場しては消えていく、を繰り返しているが、ここで取り上げる6種類の『絶滅危惧種』はどうなるのか?

文:永田恵一/写真:Nissan、Honda、Rolls-Royce、平野 学

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ