ホンダF1 開幕3戦で見えた課題と期待 好調? それとも苦戦?


F1はアジアでの2連戦を終え序盤3戦を終えた。ここまでのトロロッソ・ホンダは第2戦で見事4位入賞したいっぽう開幕戦は15位、第3戦は18位と浮き沈みが激しい。ここから欧州へと舞台を移すシーズンを占うホンダF1の開幕3戦、その戦いから順位だけではわからない課題と期待が見えてきた。

文:津川哲夫
Photo:Honda、Getty images/Red Bull Content Pool


“弱点”を強く認識し「再出発」したホンダF1

トロロッソ・ホンダをリードするレッドブルのマシン。強豪レッドブルはルノーPUの供給を受けるが、ホンダのワークスPUの搭載も視野に入れる
トロロッソ・ホンダをリードするレッドブルのマシン。強豪レッドブルはルノーPUの供給を受けるが、ホンダのワークスPUの搭載も視野に入れる

ホンダが新しく選んだ道は、将来的なレッドブルとの関係を視野に入れてのトロロッソとのパートナーシップ。

2018年シーズンは、ホンダ第4期F1プロジェクトの再出発。2017年までの3年間は、長期間F1の現場から離れていたホンダがF1の現実を知るための研修期間と考えて良いかもしれない。

この3年間、F1からシビアな現実を突きつけられ、ホンダF1エンジニアリングの立ち位置が明確となった。

F1での技術レベル、F1参戦への絶対的なビジョン、政治的戦略、競争へのシビアさ……過去3年間パートナーとのミスマッチも含め、これらの要素の全てで現在のF1レベルへ到達できなかった。

しかし2018年、これらの弱点は強く認識され、ホンダは新たなスタートを切った。トロロッソとのコラボレーションは、双方の身の丈が揃い、まさにパートナーシップが形成されてきた。

向上を証明したホンダの判断力

今季は1台年間3基のPUしか使えないが、2戦目で早くも2基目を投入。順位だけを追わず、即座に改良を施す判断は
2戦目で早くも2基目を投入したトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー車は4位入賞。開幕戦で起きたトラブルへのすばやい判断が好結果に結び付いた

トロロッソ・ホンダ「STR13」は、昨年型「STR12」にホンダ製パワーユニット(PU)を換装し、今シーズンの規則に合致させたマシンで、ホンダPUもとりあえず信頼性を追求した昨年の発展型、悪く言えばマシンもPUも昨年型。

こう言うと「旧型」感が生まれ、ネガティブなイメージを持ってしまいそうだが、これは決して間違った方法論ではなかった。

1年間のデータ付きのマシンとPU、それぞれが可能な妥協を行い、昨年の弱点を向上させる努力をしたのだから。もちろん、この状況でトップエンドの競争力は望むべくもないが、信頼性が確認できた暁には、パフォーマンス面の開発へと進めるはず。

……といった状況でスタートした2018年。開幕戦は冬季テストの好調さを維持できず、1台はホンダPUの熱エネルギー回生ユニット(MGU-H)のトラブルでリタイア。しかし、もう一台は開幕戦完走を果たしている。

大事なのは順位ではなく、完走が最重要な目標であり、1台完走で目標の50%は果たした。

また、向上の証明はホンダの判断力にもあった。かなり改善してきた熱エネルギー回生ユニットにトラブルが起こったことは大きな失意を呼んだが、その後の判断はすばやく、2戦目にはすでに2基目のPUと補機類を投入、これが功を奏し見事な4位入賞と2台完走を呼んだ。

僅か2戦で出走4台中3台が完走。完走率は開幕戦の50%から第2戦目で75%へと向上している。いっぽう、第3戦の上海、予選・決勝と、バーレーンの成績からの期待は外れ、開幕戦並のパフォーマンスに戻っていた。

次ページは : 信頼性向上と改良型PU投入で高まる「期待」

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ