ホンダが描く新戦略! 佐藤琢磨が語る日本人がF1で戦うために必要なこと

 「世界のトップに通用する、世界で戦えるドライバーを育成しよう」

 これは11月7日、青山の本社で行われた会見でホンダの山本雅史モータースポーツ部長が語った言葉だ。

 今回の会見は、鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)の新体制を発表するために行われたもの。檀上では、2017年に日本人として初めて世界3大レースに数えられるインディ500で優勝した佐藤琢磨が、同スクールの新しいプリンシパル、即ち“校長”となることが発表された。

 インディ500での優勝は日本人の歴史を塗り替える快挙だったが、同様に世界最高峰の舞台となるF1では長らく日本人ドライバーの不在が続く。

 日本人が世界で戦うためには何が必要なのか? その答えを佐藤琢磨に聞いた。

文:ベストカーWeb編集部
写真:編集部、Mobility land、INDY CAR


ホンダ直系ドライバー育成機関の新“校長”に佐藤琢磨

 ホンダ直系のドライバー育成機関であるSRSは、1993年にSRS-K(カート)、1995年にフォーミュラドライバー育成を目的としたSRS-F(フォーミュラ)が開校。

 会見では「今後、さらに世界で通用する若手ドライバーを輩出していくために、佐藤琢磨選手をプリンシパルに、そして中野信治選手をバイスプリンシパルにしました」と山本モータースポーツ部長が明かしたとおり、元F1ドライバーの中野信治が、“副校長”となることも発表された。

 中野信治は発足当初から同スクールに携わっており、佐藤琢磨はSRS-Fが輩出したF1ドライバーであり、インディ500覇者。ともに未だ現役ドライバーでもある。

 これまで校長は元F1ドライバーの中嶋悟氏が務めていたが、世界の舞台で表彰台の頂点に立てる日本人を育てるべく、新たな体制がスタートすることとなった。

琢磨を変えた、琢磨が変えたSRS-F

SRS在籍時の佐藤琢磨と同校長の元F1ドライバー、中嶋悟氏

 これまで日本人でF1など海外のトップカテゴリーに挑戦したトップドライバーと比べると、佐藤琢磨の経歴は異色だ。

 彼とSRSの出会いは20歳の時。それまで自転車競技で輝かしい実績をあげていた琢磨だったが、モータースポーツ経験は皆無に等しく、しかも他の応募者より年齢も高い。

 当時のことを琢磨本人は、こう述懐する。

 「(ほかのSRS入校希望者は)まだ皆16~17歳なのですが、すでに10年以上のレース経験がある子たちばかりが揃っていました」

 「当時のSRSは70名の応募があったなかで、たった7人しか一般公募で入れない。(審査は書類で行うと聞き)その時100%落ちると思ったんです」

 「僕の履歴書は一行で終わってしまう。他の若いドライバーは何十行にもわたる。しかも僕一人が二十歳でした。一番年上で経験がないドライバーなんて、まず100%落ちると思って『1分間でいいので面接してください』と嘆願しました」

 その結果、選考方法が変わり、希望者は面接を行うことが決定。最終的に、佐藤琢磨ただ一人だけが、モータースポーツ未経験者としてSRS-Fへの入校が叶った。

 その後、琢磨は首席でSRS-Fを卒業。2001年にイギリスF3選手権でシリーズチャンピオンを獲得し、翌年F1デビュー。SRS-F卒業から僅か5年でF1に辿り着いた。

 日本の主要レースで実績を積むのではなく、欧州で実績をあげ、F1ドライバーとなった日本人という意味でも彼の経歴は異色だった。

 この会見の後、気になったことを琢磨選手に聞いてみた。「SRSでの経験のなかで、何が一番、その後のレース人生に役立ったのか」と。彼の答えはこうだ。

 「当時の僕にとっては、やはり圧倒的な走行時間ですね。そして、現役のトップドライバーと走れるチャンスがある。(これは他では)まずあり得ないですよね」

 SRSでの走行時間は延べ100時間にのぼる。F3選手権を2シーズン戦ったのと同等の「走り込み」は、琢磨の少ない経験を補うにはうってつけだった。

 さらに、スーパーGTの前身、全日本GT選手権に参戦していた山西康司選手や脇阪寿一選手(後に同シリーズで通算3度年間チャンピオン獲得)など、自分の実力をはかる“物差し”となる現役のトップドライバー講師と走る機会もある。

 「(現役トップドライバーと)一緒に走れるわけですよ。これは生徒にとって非常に大きな自信につながる。でも、足りないモノもたくさんあるわけで、それに気づかせてくれるのが、まさにSRSの醍醐味ですね」

日本人が世界で通用するには何が足りないのか?

2004年F1アメリカGP。3位を獲得し、シューマッハとともに表彰台に登る佐藤琢磨

 だが、世界最高峰の壁は高い。

 現在、F1に参戦する日本人ドライバーは不在。過去を振り返っても、佐藤琢磨、鈴木亜久里、小林可夢偉が1度ずつ3位を獲得したのが最高位で、未だ表彰台のトップに立った日本人はいない。北米に目を移しても、インディ500で勝ったのは佐藤琢磨ただ一人だけだ。

 日本人はなぜ、世界の舞台で戦えないのか? ドライバーとしての“速さ”が足りないのか? この質問をぶつけると、琢磨選手から、彼の経験ゆえに感じ取った実にシンプルな答えが返ってきた。

 「やっぱり、このとても暮らしやすい日本という小さな島国にいて、世界に飛び出して戦うことが、どれだけ厳しいかをみんな知らないんですよね」

 「生活面でも、明日どうにかして生きていかなくてはならないと覚悟を持って生きている若者はいないと思うんですよ。でも、海外では未だにそうしたメンタリティを(若者が)基本的に持っていて……だから、そういう選手とやりあっていく(心の)“強さ”は凄く大事だと思います」

 「とにかく自分だけが頑張ればいいと思ってしまうけれど、それでは成功できない。私もどれだけ多くの人に助けられたことか。だから、そういうモノ(=求心力)は、これからもっともっと必要になってくると思いますね」

 もちろん、選手としての実力が必要なことは言うまでもない。でも、それはあくまで最低限に過ぎず、メンタリティや「アイツを勝たせたい、応援したい」と周囲を巻き込む求心力が必要とされる。

 考えてみれば、レースの世界に限らず、サッカーであれ、野球であれ、これまで世界で活躍した日本人トップアスリートは、そうした要素を持っていた選手ばかりだ。

 このメンタリティや求心力は、カリスマ性などと表現しがちな“才能”ではなく、佐藤琢磨からすれば、アスリートであれば自ら磨くべき“能力”であるということなのだろう。

「F1で表彰台の真ん中に乗れる日本人を育てたい」

モータースポーツ部長の山本雅史氏。ホンダは来季からレッドブルにパワーユニットを供給。レッドブルの首脳、ヘルムート・マルコ氏ともドライバー育成について意見を交換しているという

 今、F1の世界ではドライバー育成事情が、ひと昔前と様変わりしている。18歳という若さでF1史上最年少優勝をあげたマックス・フェルスタッペンは、所属チームであるレッドブル・ジュニアチームの出身。

 この例を筆頭に、F1では強豪チーム自身が持つドライバー育成プログラムで、若いうちから優秀な才能を囲い込み、育て、そしてF1にデビューさせるという流れが加速している。

 ホンダが佐藤琢磨をSRSの新しい校長に据え、ドライバー育成機関を強化しようと並々ならぬ意欲を見せるのも、こうした流れが背景にあるからだ。

 では、SRSが新体制となり、具体的にどのような施策が行われるのか。「まだテーブルの上に投げかけている段階」としながらも、新校長の琢磨は「例えば、(海外の)他のアカデミーとの連携。スクール同士で交換留学ではないけれど競わせる。それによって海外のレベルもわかるし、逆に海の向こうに行けばわかることもある」と、描くプランを教えてくれた。

 ここで冒頭の「世界のトップに通用する、世界で戦えるドライバーを育成しよう」という言葉の意味をもう一度考えてみたい。

 今まで、世界で戦う日本人ドライバーは、日本のメーカーとともに散発的に現われ、そして途絶えてきた。しかし、それでは今以上にモータースポーツが日本に根付くことはなく、本当の意味で世界に通用する日本人が誕生することは難しいかもしれない。

 もし、こうした流れが変わるなら……それは大きな一歩となる。

 「やっぱり次に育成するのは、表彰台の真ん中。(ここに)乗れる日本人を育てたい」というホンダの強い意志と新たな体制。それが正しいか否かの“答え”は、今後の成果が証明してくれるはずだ。

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ