日産黄金期の立役者 本山哲がGT500勇退!! 「平成最速の男」はいったいなにがすごかったのか?

日産のモータースポーツを長期にわたり支え続け、過去スーパーGTで3度、フォーミュラニッポンで4度のチャンピオン経験を持つなどまさにレジェンドの名にふさわしいレーシングドライバー、本山哲選手。

「日本一速い男」の異名を持つ星野一義氏も本山選手の実力を認め、速さだけなら自分よりもあったとまで星野氏は発言している。

そんな本山選手が日本のツーリングカーのトップカテゴリーSUPER GTのGT500から2018年シーズンをもって引退することを発表した。

本山選手の凄さはモータースポーツ好きならご存知かとは思うが、GT500引退のいま、改めてその歴史を振り返りたい。

【本山哲選手 プロフィール】

 1971年3月4日、東京都出身。フォーミュラニッポンで1998年、2001年、2003年、2005年にチャンピオンを獲得。

 SUPER GTは2003年、2004年、2008年にシリーズチャンピオン。ル・マン24時間にも4回出場するなどまさに日産を代表するレーシングドライバーだ。

 2018年シーズンをもってトップカテゴリーGT500からの引退を発表した。

文:皆越和也/写真:ベストカーWeb編集部、日産


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ